鼠径管から陰嚢にかけて起こる病気

もともと精巣は鼠径管から陰嚢へと移動をしていきます。

 

このとき、腹腔内と陰嚢は繋がっていることになりますが、やがて精索や女性の場合は子宮円索として、索状の構造に置き換わります。

testis

ところが、この精巣が通っていった腹膜(腹膜鞘状突起(女性の場合はNuck管と呼ばれる))がうまく閉鎖しなかった場合、そこに水がたまると

  • 男性→陰嚢水腫
  • 女性→Nuck管水腫

の原因となります。

nuck

さらにこの経路には水がたまるだけではなく、さまざまな病変の伸展経路になることがあります。鼠径ヘルニアは代表例ですが、その他にも、外側鼠径窩-鼠径管-陰嚢に生じる病変としては、

  • 腹膜中皮腫
  • 転移性精索腫瘍(胃癌が最多):腹膜播種からの精索浸潤。
  • 異所性子宮内膜症

を覚えておきましょう。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら