鼠径ヘルニアを診断する上で知っておくべき解剖

まずは骨盤レベルでの、腹膜腔(腹腔内)の解剖を見てみましょう。

peritoneal

実際のCT所見(腹水が多い症例でよく見えます)

peritonea

このように腹腔内には様々な名称がついたくぼみ(窩)があると同時に、前腹壁には腹腔に突出するヒダが3つあります。

真ん中から

  • 正中臍ヒダ
  • 内側臍ヒダ
  • 外側臍ヒダ 

です。

中でも外側臍ヒダには、鼠径ヘルニアの目印になる下腹壁動静脈が通るので重要です。

これを前から見たシェーマが次のようになります。

coroperitoneal

そして外側臍ヒダ(下腹壁動静脈)の内側あるいは外側でヘルニア門を作り、腸管などが脱出するのが、鼠径ヘルニアです。

  • 内側でヘルニア門を作るのが、内鼠径ヘルニア
  • 外側でヘルニア門を作るのが、外鼠径ヘルニア

と呼ばれます。

シェーマにするとこのようになります。

herinia

参考)鼠径ヘルニアの画像診断

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら