茎状突起過長症

  • 過長の茎状突起または茎状舌骨靭帯の石灰化→舌咽神経、頚動脈を圧迫→咽頭や顎下部、耳にかけて疼痛、嚥下痛、耳鳴、顔面痛、肩こり、頸部圧痛、頭痛を起こす病気。
  • その他、茎状突起が内側を走行する内頸動脈を圧迫することにより、一過性脳虚血発作や脳卒中を引き起こす事あり(stylo-carotid artery syndrome)。
  • 正常の長さは17-19mm程度。
  • 成人の4%が25mm以上で、そのうち4%に症状が発現すると報告あり。3cm以上を過長とする。
  • なので長くても全く症状がない場合もあり。
  • 40歳以上の女性に症状を生じやすい。
  • 診断は、口蓋扁桃触診で、茎状突起を触診し、かつ同部位に疼痛があること。また局所麻酔で疼痛が消失すること。
  • 治療は鎮痛薬や茎状突起切除術。
 画像診断

▶キー画像

Eagle

右茎状突起は6.1cm(>3cm)と過長あり。

神経痛として咽頭痛をきたす疾患
  • 舌咽神経痛
  • 茎状突起過長症
  • 翼口蓋神経痛
  • 上喉頭神経痛
  • 三叉神経痛

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。