骨化性筋炎(myositis ossificans)

  • 非炎症性軟部腫瘤であり、外傷に伴うことが多い。
  • 筋肉内もしくは軟部組織内に異所性の骨化を伴う腫瘤が起こる。
  • 症状は、腫瘤触知、疼痛、腫脹。
  • 外傷後に起こるものと、外傷の既往のない非外傷性に分けられる。
  • 非外傷では、麻痺、熱傷、テタニー、筋肉血腫などに続発する。
  • 若年者に多く、肘、大腿部、臀部などに起こる。
  • 急性期には安静にして、症状が落ち着いてから手術する。

画像所見

CT、レントゲン
  • 発症早期:軟部組織の腫脹、時に骨膜反応。
  • 数週間後:斑状の淡い石灰化。(この時期は悪性腫瘍と鑑別が困難になることが多い)
  • 1-2ヶ月後:レース状の辺縁明瞭な骨化。骨化は辺縁ほど強い。(ゾーン現象:zone phenomenon) ※慢性期に見られる現象。中心部は未熟な紡錘形細胞や類骨変性からなり、辺縁は成熟した骨梁からなる。
  • 近接する骨とは連続性を持たない事が多いが、持つこともある。
  • 骨シンチで集積が見られる。
  • MRIでは急性期には病変部の浮腫性変化を認め、慢性期になると成熟した骨化となり内部の脂肪髄によりT1WI、T2WIともに高信号になる。
軟部組織の骨化をきたしうる疾患
  • 神経麻痺
  • 外傷、熱傷
  • 静脈うっ帯
  • 骨肉腫
  • 骨化性筋炎
  • 進行性骨化性筋炎
  • 術後瘢痕
症例 60歳代男性 脊損後。

myositis ossificans

左の縫工筋に沿った石灰化あり。

脊損前はなく、脊損後9ヶ月目のフォローCTで指摘。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。