腸脛靭帯炎(tractus iliotibialis)

  • 腸脛靭帯症候群(iliotibial band friction syndrome)とも呼ばれる。
  • 腸脛靭帯の大腿骨側直下に浮腫性変化が限局して見られる。
  • 膝の屈伸により腸脛靭帯が外側顆に対して前後に滑動し、繰り返す摩擦刺激による局所炎症像。
  • Overuse syndrome(使いすぎ症候群)の1つ。
  • 長距離ランナーなど。
  • 膝の外側に痛みを認め、下り坂の走行で疼痛が増悪するのが特徴。

こちらにも詳しくまとめました。→腸脛靱帯炎とは?MRI画像の特徴は?症状や治療についても解説!

症例 30 歳代の男性。3 カ月前から左膝痛を自覚。

tractus iliotibialis

2013年放射線科診断専門医試験問題7より引用。

外側の腸脛靭帯周囲に異常な高信号域あり。腸脛靭帯炎を疑う所見。

参考)骨軟部疾患の画像診断 (画像診断別冊KEY BOOKシリーズ)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら