後縦靭帯骨化症(OPLL:ossification of posterior longitudinal ligament)とは

・東洋人に多く見られ原因不明。

下位頸椎に好発するが、胸椎に生じることもある。

・肥厚し骨化した靭帯により脊柱管狭窄、脊髄圧迫を来す。

・そのパターンから、連続型、分節型、混合型に分類される。

opll

OPLLの画像所見

CTが骨化描出に優れている

・MRIでは、肥厚した後縦靭帯がT1、T2強調像ともに低信号を示す構造物として認められる。

・ただし、MRでは骨化に関する評価は困難。骨化した靭帯内に脂肪髄が見られることがあり、このような場合には肥厚靭帯内に高信号域が認められ、骨化の診断が可能となる。

症例 40歳代男性

opll

動画で学ぶ後縦靭帯骨化症の画像診断(70歳代男性)

▶キー画像opll1 opll2 opll3 opll4 opll5

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら