透析関連腎細胞癌(Dialysis associated RCC)

・透析患者:本邦30万人(糖尿病>慢性腎炎)

・男女比は4-7:1。

・健常人に比して、透析患者では、腎癌の発症頻度が高い

・透析患者でも健常人と同じ腎癌が発生する。

・ただし、長期透析患者では、透析患者特有の腎癌が発生する。

・透析歴10年までは、普通と同じだが、10年を超えると透析関連腎癌が発生する頻度が増える。

・透析歴が20年を超えて発生するのは予後が悪い腎癌が多い。 Nephrol Dial Transplant. 2011;26:1677–1682

・透析患者特有の腎癌は嚢胞内に存在する事が多い。(嚢胞内に結節ができるのが特徴!!)後天性嚢胞腎(ACDK:acquired cystic disease of the kidney)に合併

・後天性嚢胞腎は長期透析を受けている腎不全患者に発生する。多発性の小嚢胞を認め、透析期間が長いほど発生頻度も高くなる。5-10年の透析歴で90%以上に認める。嚢胞内出血の頻度も高い。腎がん(ACD-associated RCC)は通常の6-7倍の頻度で発生する。

・組織では好酸性細胞質を有する腫瘍細胞が微小嚢胞状構造を形成。どの組織型にも当てはまらない。

・腫瘍内にシュウ酸カルシウム結晶を認める。

・長期透析患者では肉腫様変化を生じる事が多い。

症例 透析30年。

Dialysis associated RCC2
Dialysis associated RCC1

(K先生提供画像)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。