Sponsored Link

粘液嚢胞(mucocele)

  • 副鼻腔の鼻腔への自然口の炎症性閉塞(時に外傷後、腫瘍性が原因となる。)→粘膜で被覆された粘液を含む嚢胞
  • 粘液膿瘤、粘液瘤(pyocele)とも呼ばれる。
  • 経過は長く、数か月から年余に及ぶ。
  • 貯留嚢胞と異なり、罹患した洞内には残存する空気の層は認められない
  • 多くは前頭洞(約2/3)、ついで篩骨洞に発生する。上顎洞は10%程度。蝶形骨洞は最も少ない。
  • 骨壁の膨隆を認めるが、骨膜は保たれる。
  • 感染を合併すると粘液膿瘤(pyocele)になる。
  • 前頭洞、前部篩骨洞では、眼瞼腫脹、眼球突出、複視、眼痛などを引き起こす。前頭篩骨洞の病変が眼窩内側を圧排することが最も多い。
  • 後部篩骨洞や蝶形骨洞では眼窩尖端症候群の原因にもなる。

粘液嚢胞の画像所見

▶CT、MR所見

  • CTでは造影効果のない膨張性嚢胞性腫瘤
  • MRIでは、T1Wlで高信号が多いが、T1/T2WIとも蛋白濃度の変化にともない様々な信号を呈する。造影すると辺縁部のみに増強効果を呈する。
  • 時に真菌性副鼻腔炎や洞粘膜肥厚のみの症例に類似。
 症例 60歳代男性

mucocele


症例 40 歳の男性。数年前から眼球突出。

MUCOCELE

2006年放射線科診断専門医12番より引用。

左前頭洞から篩骨洞の拡大あり。T1WIで淡い高信号、T2WIにて著明な高信号を示す嚢胞性病変あり。粘液瘤を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら