Sponsored Link

血管内投与可能な無菌の多孔性ゼラチンスポンジシート セレスキュー

  • 緊急止血などの経カテーテル的止血術に使用する。
  • 外科的手術ではリスクが高い、不可能と判断される症例に用いる。
  • ただし、脳、冠動脈、脊髄を栄養する動脈には用いる事ができない。
  • スポンゼルの半分のサイズ。
  • 併用注意:抗凝固薬、抗血小板薬

医療現場で止血に使用されている塞栓材

①粒子:

  • スポンゼル(医薬品:褥瘡や止血で使われていたが、血管内にも使われるようになった。ただし無菌性が保たれない懸念があるため、セレスキューが開発された。)、
  • セレスキュー(医療機器:経カテーテル的止血術)、
  • ジェルパート(医療機器:肝細胞癌に対する冠動脈塞栓療法)

②液体:ヒストアクリル

③器具

  • ジェルパートと同じ原材料、同じ製造工程
  • カッティング法:粒子の粒が揃いやすい。
  • ポンピング法:ポンピングの数が多くなるほど粒子は細かくなる。
これまでは、血管内止血術には、適応ではないスポンゼルやジェルパートが使われて来ましたが、セレスキューの登場により、カテーテルによる緊急止血術がよりやりやすくなりました。
手技点数
  • 止血術19620点

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら