Sponsored Link

CT造影剤(ヨード)の使用前に問診(確認)すべき項目

問診するように強く勧められる項目

  • 造影剤使用歴、副作用歴とその症状
    (例:吐き気、嘔吐、かゆみ、湿疹、呼吸困難、意識消失、血圧低下、その他)
  • 喘息(活動性か非活動性か)
  • 腎障害(血清クレアチニン値、eGFR)

問診するように勧められる項目

  • 喘息を除くアレルギー歴、アレルギー体質
  • 甲状腺疾患
  • 心疾患
  • 糖尿病
  • 妊娠

問診するように勧めるだけの根拠はない項目

  • 親族、家族の造影剤以外も含むアレルギー
  • 高血圧
  • 授乳

ヨード造影剤でアレルギーの既往があったらどうする?

過去にヨード造影剤でアレルギーの既往があれば、次は必ず使えないかというとそうではありません。その過去のアレルギー症状の程度によります。

ただし、少しでも過去にアレルギー反応がある患者さんは要注意で、観察しなければなりません。

また、軽度でもアレルギーの症状があるならば、前投薬を投与するケースもあります。

軽度のアレルギー反応とは?

  • 嘔気・嘔吐
  • 味覚障害
  • 咳嗽
  • 搔痒感
  • 局所の皮疹や膨疹
  • 鼻閉
  • 頭痛
  • 発汗など

これらが以前の造影剤検査で出ているとわかっている場合は、ステロイドの前投薬を投与することがある。(点滴が現実的でない外来患者さんなどは、ヨード造影剤施行の12時間および2 時間前に、プレドニゾロン30mg の経口投与を行うことがある。)

※直前のステロイド点滴は効果があるという報告と、ないという報告がある。

また、前回使用しているヨード造影剤と異なる種類のものを投与する。

これ以上の症状、

  • 広汎な皮疹や膨疹
  • 喘息発作
  • 呼吸苦
  • ショック
  • アナフィラキシー

などを起こしているならば、使用禁忌とする。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら