Sponsored Link

胃癌

・分類には肉眼型分類による形態の分類と進達度の分類があり、癌の浸潤の程度によって早期胃癌と進行胃癌に分けられる。

・0-5型の分類はBorrmann分類を参考に日本胃癌学会が作成。

・早期胃癌はその進達度により定義され、大きさは無関係である。

・頻度はⅡc型が最も多く、早期胃癌のほぼ1/3を占める。

・Ⅱc型に次いで、Ⅱc混合(Ⅱc+Ⅲ、Ⅱc+Ⅱa、Ⅲ+Ⅱc)などが1/3を占める。

胃透視における早期胃癌(表在癌)の病期分類

周囲に隆起を伴う陥凹病変を見たとき・・・

中心部の陥凹が整か不整かを見る。

・整→単なる潰瘍。つまり、潰瘍面に腫瘍はない。

・不整→潰瘍面に潰瘍が存在する。sm以遠だと進行癌になる。

潰瘍面が整な場合

・潰瘍面には腫瘍はない。腫瘍は辺縁にある。

基本はⅢ型だけど、粘膜面に凹みがあれば、+Ⅱc型となる。

・主な病変を前に書く。

mk1

潰瘍面が不整な場合

・周堤に腫瘍を伴えば、Ⅱc+Ⅱaとなるが、実際は、反応性浮腫のことが多い。

・Ⅱc病変で粘膜(m)にとどまり、周囲に反応性浮腫を伴う。=Ⅱc(m)mk2

・Ⅱc病変で粘膜(m)にとどまるが、辺縁より粘膜下層に潜り込む=Ⅱc(sm)。これも結構ある。mk3

周囲のひだより深さを類推する

陥凹型

・大きさ、ひだの性状、圧迫所見がポイント。

・Ⅱc型(表面陥凹型):大きさが4cmを越える例では進行癌であることが多い。ひだの集中が目立つ病変では、それぞれのひだの性状が重要となる。

  1. 集中するひだの先端が細まる型(先細り型)→M
  2. 結節状・バチ状に太まる型(太まる型)→SM
  3. 隣接するひだが融合する型(癒合型)→MP

※ひだが病変部でsmooth taperingして消失するのは良性所見。急に変化するのが癌の所見。

※圧迫で病変部の描出が容易な病変はSM以深であることが多い。

症例 胃角部後壁に周堤を伴う潰瘍性病変あり。

mk4

  • 進行胃癌ではない。
  • 潰瘍面は不整。
    →baseがⅡc病変。

周囲の隆起が

  • 反応性浮腫→Ⅱc
  • 腫瘍によるもの→Ⅱc+Ⅱa となる。

深さはm〜sm。この症例では、低分化型と分かっており、その場合は一つより深いところまで書いておく。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら