Sponsored Link

卵巣腫瘍における画像診断

  • 良性→腹腔鏡手術、経過観察
  • 悪性→開腹手術

と治療方針が異なる。

※但し、進行例では化学療法後に開腹手術

進行例とは、

  • 仙骨前面の後腹膜浸潤
  • 骨盤壁、腹壁浸潤
  • 腎門部より頭側のリンパ節腫大
  • 肝転移もしくは肝実質浸潤を伴う播種
  • 2cmを超える播種が、横隔膜、網嚢、肝門部、肝葉間裂、胆嚢窩、胃脾間膜、胃十二指腸間膜、小腸間膜等に見られる。

なので、

  1. 良悪性の鑑別
  2. 悪性における病期診断Staging 

に画像診断を用いる。

卵巣癌の進展形式
  • 腹膜播種
  • リンパ行性
  • 血行性(稀)
卵巣癌のリンパ節転移 経路
  1. 骨盤漏斗靭帯(卵巣提索)を介して卵巣静脈に沿って上行し傍大動脈リンパ節へ
  2. 広間膜・子宮傍組織を介して内・外腸骨リンパ節、閉鎖リンパ節へ
  3. 円靭帯を介して鼠径リンパ節へ

※所属リンパ節は、 口骨盤内、傍大動脈領域、鼠径の3つ。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら