精巣腫瘍の基礎知識

  • 精巣腫瘍は15~40歳位の比較的若年男性に多く、約90~95%が悪性の胚細胞由来の腫瘍。
  • 間質を起源とする腫瘍には, Leydig cell tumor, Sertoli cell tumor,granulosa cell tumorがある。
  • 特殊型で稀な腫瘍としては,胚細胞と間質両者を起源とする混合型のgonadoblastomaがある。
  • その他、悪性リンパ腫などのリンパ組織や白血病など造血組織由来の腫瘍、転移性腫瘍がある。
  • 転移性腫瘍として、原発部位は前立腺、肺、腎臓、悪性黒色腫などが見られる。

精巣腫瘍の分類(詳細に)

  • 胚細胞腫瘍:セミノーマ、胎児性癌、卵黄嚢腫瘍、絨毛癌、奇形腫
  • 性索/間質腫瘍:Leydig細胞腫、Sertoli細胞腫、顆粒膜細胞腫
  • 胚細胞/性索成分:性腺芽腫
  • リンパ/造血組織:悪性リンパ腫、白血病
  • その他の腫瘍:カルチノイド、類表皮嚢腫
  • 転移性腫瘍

悪性精巣腫瘍のstaging

TNMステージング

T因子が重要。

  • T1 :精巣実質内に限局
  • T2 :精巣被膜を越えて浸潤あるいは精巣上体に浸潤
  • T3 :精索に浸潤
  • T4 :陰嚢壁に浸潤

臨床ステージング

  • stage I:腫瘍が精巣内に限局している
  • stage II:横隔膜下にリンパ節転移ある(ⅡA:2cm以 下,ⅡB:2〜5cm,ⅡC:5cm以上)
  • StageIII:横隔膜上へのリンパ節転移(IIIA)あるいは他臓器への転移(IIIB)。


関連記事はこちら