Sponsored Link

ゼヴァリン®(90Yイブリツモマブチウキセタン)による悪性リンパ腫の治療

  • 国内初のRI 標識抗体療法。
  • CD20陽性の再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫に用いられる。
  • まず診断用に投薬1回を行い、次に、治療用の投薬1回を行い終了。ただし、その際に、治療用の投薬を行う前に、本当に行って良いのかを診断する必要がある。

細かいStepは以下のとおり。

Step1 111INインジウムで標識したイブリツモマブチウキセタン(インジウム111標識ゼヴァリン(111In ゼヴァリン))を投与。

Step2 48時間後に、シンチグラフィーにより撮影し体内分布を確認

Step3 問題なければ1週間後に、治療目的でイットリウム90標識ゼヴァリン(90Y ゼヴァリン)を投与。(β線による内部照射による放射線治療を行なう。)

 

なぜ90Y投与前に、111Inを投与するのか?

  • 90Yと111Inは化学的性質が類似しているから。
  • 90Yはβ線のみを放出するので画像化できない。治療にのみ用いる。
  • 一方111Inはγ線を放出するため画像化して分布を見ることができる。

問題のある体内分布とは?

  • 著明な骨髄へのびまん性の取り込み(骨シンチのスーパースキャンに似た集積)
  • 肝臓、脾臓、骨髄への局在的な集積(網内系への取り込み)
  • 正常臓器への集積異常
    ①肺>肝へのびまん性集積
    ②後面像で、腎>肝への集積
    ③正常腸管>肝への集積かつ経時的変化がみられないもの

原則禁忌の場合は?

  • 骨髄のリンパ腫浸潤率が25%以上
  • 好中球1,200/m㎥未満、血小板数100,000/m㎥未満
  • 造血幹細胞移植治療の既往
  • 骨髄の25%以上に外部放射線照射を受けた既往

どのような腫瘍に効果的か?

  • 悪性度が低い腫瘍。
  • 前治療の回数が少ない場合。
  • 早期の小さな腫瘍には特に有効。

その他

  • 副作用が少ない。
  • アイソトープ治療病室への入室は不要。
症例 60 歳代の男性。難治性の濾胞性リンパ腫。

zevalin12012年放射線科診断専門医試験問題80より引用。

適格生体内分布であり、90Y ゼヴァリン投与可能と判断できる。


症例 60 歳代の女性。濾胞性リンパ腫。

111In イブリツモマブチウキセタン投与

zevalin12010年放射線科診断専門医試験問題75より引用。

血液プールへの集積は経時的に漸減している。90Y-ibritumomab tiuxetan(ZevalinⓇ)治療が適応となる生体内分布。


症例 60 歳代女性 ろ胞性リンパ腫再発

ゼヴァリン治療を行う目的で 111In-ibritumomab tiuxetan による 画像診断を行った。図 1 は111In-ibritumomab tiuxetan 投与の 1 週間前に施行した 18F-FDG PET 画像,図 2 は 111In-ibritumomab tiuxetan 投与 48 時間後像である。下記の設問のうちで 正しいのはどれか.2 つ選べ。
a.111In-ibritumomab tiuxetan 投与 48 時間後画像で,骨髄への顕著な取り込みが認められる.
b.111In-ibritumomab tiuxetan 投与 48 時間後画像で,血液プール領域に放射能が認められる.
c.111In-ibritumomab tiuxetan 投与 48 時間後画像から,適格生体内分布と判定できる.
d. 90Y-ibritumomab tiuxetan 投与の適応評価のためには,追加撮像が必要である.
e. 18F-FDG PET で認めるリンパ腫病変の一部にしか 111In-ibritumomab tiuxetan は集積していないので,不適格生体内分布と判定できる.

kakuigaku9-57

9回核医学専門医試験問題57より引用。

111In-ibritumomab tiuxetan 投与 48 時間後画像で,血液プール領域に放射能が認められ、骨髄など異常集積は認めていないため、適格生体内分布と判定できる。

FDG-PETのリンパ腫への集積部位と比較して、111In-ibritumomab tiuxetanの集積は不良であるが、それは問題なし。

正解 b,c

症例 60 歳代の男性。ろ胞性リンパ腫。

111In イブリツモマブチウキセタン投与48時間後。

Zevalin2013年放射線科診断専門医試験問題79より引用。

骨髄への著明な集積を認めており、不適格生体内分布と判定できる。

症例 60 歳代男性 ろ胞性リンパ腫再発

ゼヴァリン治療を行う目的で 111In-ibritumomab tiuxetan による画像診断を行った.図 は 111In-ibritumomab tiuxetan 投与 48 時間後 の全身像である。

kakuigaku8-4-16

8回核医学専門医試験問題腫瘍核医学16より引用。

 

骨髄への著明な集積を認めており、不適格生体内分布と判定できる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら