Sponsored Link

鼓室グロムス腫瘍(glomus tympanicum)

  • グロムス腫瘍(傍神経節腫:paraganglioma)は、グロムス小体(傍神経節)より発生する腫瘍。頭頸部では、部位により分類される。

▶︎頭頸部のグロムス腫瘍

  • 頸動脈小体腫瘍(carotid body tumor)
  • 鼓室型グロムス腫瘍(glomus tympanicum)
  • 頸静脈型グロムス腫瘍(glomus jugulare)
  • 迷走神経小体腫瘍(glomus vagale)

 

  • 好発年齢は40-60歳代。
  • 男女比は1:5で女性に多い。
  • 一般的に発育は緩徐。
  • 拍動性耳鳴をきたす疾患として重要。他、伝音性難聴、耳痛、顔面神経麻痺など。
  • 耳鏡で、鼓膜後方の拍動性赤色腫瘤が特徴的。
  • 局在から、Jacobson神経(Ⅸの鼓室枝)に発生する鼓室内グロムス腫瘍(glomus tympanicum)Arnold神経(Ⅹの耳介枝)に発生する頸静脈グロムス腫瘍(glomus jugular)に分類される。
  • 頸静脈孔(jugular foramen)は、下のように小さな前内側部(神経部)と頸静脈が通る後外側部(血管部)に分けられる。ⅨからJacobson神経が出て、ⅩからArnold神経神経が分枝する。

jugular foramen1

  • 治療は、外科的切除。血流の多い腫瘤であり、手術前に塞栓術を施行することあり。

鼓室グロムス腫瘍の画像所見

  • 蝸牛岬角に接した軟部腫瘤。骨破壊や周囲への浸潤はなし。
    ※頸静脈型グロムス腫瘍では、鼓室底に浸潤性骨破壊を認める。頸静脈孔周囲骨の虫食い状破壊性変化を伴うことが多い。
  • 造影CTやMRで強い造影効果を認める。
  • T2WIで、腫瘤周囲の拡張した血流の早い血管が低信号のflow voidとして認める。
  • 一方T1WIでは、亜急性期の出血、血流の遅い血管を点状の高信号を呈して、salt and pepper appearanceとよばれる。

Sponsored Link

症例 40 歳代の女性。耳鳴を主訴に来院し,頭部 MRI で精査となった。

Glomus tumor

2016年放射線科診断専門医15より引用。

左側頭骨に著明に造影される骨破壊性腫瘤あり。T2WIでの腫瘤内部の線状、点状低信号あり。グロムス腫瘍を疑う所見。

症例 30 歳代の女性。右拍動性耳鳴。

GLOMUS TYMPANICUM2013年放射線科診断専門医試験問題19より引用。

右鼓室内に軟部陰影あり。耳小骨にerosionや骨硬化は認めない。上鼓室動脈から供給される濃染像を認めている。鼓室型のグロムス腫瘍を疑う所見。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら