Sponsored Link

粘液性嚢胞性腫瘍(mucinous cystic tumor)

・粘液性腫瘍は表層上皮性・間質性腫瘍に分類され、悪性度により、

  • 良性腫瘍→粘液性嚢胞腺腫
  • 境界悪性腫瘍→粘液性嚢胞性腫瘍(境界悪性(低悪性度腫瘍))
  • 悪性腫瘍→粘液性(嚢胞)腺癌

に分類される。

・粘液性腫瘍には組織学的に、豊富な細胞内粘液を有する上皮成分の構成により、内頸部型(endocervical type)、腸上皮型(intestinal type)、混合型(mixed type)がある。

Sponsored Link

・全卵巣腫瘍の2割程度を占める。

・粘液性腫瘍の7割は良性

・30-60歳代の女性に多い。

・胚細胞腫瘍、中でも嚢胞性奇形腫や、Brenner腫瘍を合併することがある。

粘液性嚢胞性腫瘍の画像所見

・一般に多房性嚢胞性腫瘤(いわゆるstained glass appearance)の形態を呈する。まれに単房性のことあり。

小さな結節状の充実部肥厚した隔壁の有無をチェックする。ただし、隔壁が肥厚していなくても悪性の場合がある。

房数の増加と悪性度に相関関係が報告されているため、多数の小さな房を認める場合は、境界悪性以上の可能性あり。

・粘液性嚢胞腺癌の場合、充実部位と嚢胞部位が混在を認め、しばしば充実部位では壊死を伴う。

・ただし、房内を充満する粘稠な液体がT2WIで低信号を呈することがあり、充実性腫瘍に類似することがあるので注意。

症例 50歳代女性

mucinous cystadenoma

左卵巣は異常なし。右付属器に多房性嚢胞性腫瘤あり。明らかな壁在結節や充実性病変は認めない。隔壁に造影効果あり。手術の結果、粘液性嚢胞性腫瘍の境界悪性(borderline malignancy)であった。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら