Sponsored Link

子宮内膜ポリープ

・40歳台以降で見られ、不正性器出血の原因となる。

・有茎性の大きなものから数ミリ大の隆起までさまざま。

タモキシフェンの投与により頻度が高くなり、非投与群に比較して大きな内膜ポリープとなる傾向がある(平均5 cm)

Sponsored Link

・内膜ポリープ自体は良性であるが、子宮内膜異型増殖症や癌が発生することがある。

子宮内膜ポリープの画像所見

・典型的には、T2強調像で腫瘤の中心に低信号を示す線維性間質(central fibrous core:CFC)が見られ、高信号を示す小嚢胞構造を伴う。嚢胞部分は増強効果を欠くが、それ以外の部分は子宮筋層に近い強い増強効果を呈する。

・子宮壁から連続するstalkが描出されることがあり、診断に有用。StalkはT2WIにて低信号を呈し、比較的よく造影される

・良性の内膜ポリープと診断する際にも癌の可能性を頭の片隅に置いておく必要がある。癌との鑑別はDWIが有効

症例 50 歳代の女性。生理不順を主訴に来院した。

central fibrous core

2008年放射線科診断専門医試験問題55番より引用。

子宮内腔にcentral fibrous coreが認められる。子宮内膜ポリープを疑う所見。

症例 40 歳代の女性。不正性器出血。

endometrial polyp

2013年放射線科診断専門医試験問題58番より引用。

子宮底部に筋腫あり。内膜にはT2WIにて索状の低信号を呈する肥厚あり。子宮内膜ポリープを疑う所見。子宮体部から頸部までポリープが降りてきているよう。

 

症例 80歳代女性 動画で学ぶ子宮内膜ポリープ

▶キー画像

uterinepolyp1 uterinepolyp2

 

・鑑別として、子宮内膜ポリープや粘膜下筋腫は強い増強効果を示すものが多いが子宮内膜癌は子宮筋層よりも弱い増強効果を示す。

子宮内膜増殖症(過形成)

・内膜肥厚が主体だがしばしば内膜ポリープと鑑別困難。

・病変内の性状は内膜ポリープに類似。

・StalkやCFCは認めない。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら