Sponsored Link

肺化膿症(英語ではlung abscess)とは?

  • 肺炎の中でも中心部に壊死を生じ、膿で満たされた空洞を形成したものを肺化膿症と呼ぶ。
  • 誤嚥性肺炎、気管支拡張症、肺癌による気道閉塞などが原因となる。特に、誤嚥性肺炎に続発することが多い。
  • 経気道性・血行性に細菌感染する以外に、腹部の膿瘍の波及や、悪性腫瘍(肺癌や食道癌)に続発することがある。
  • 発熱、咳嗽、喀痰、喀血、胸膜炎に伴う胸痛を主訴とするが自覚症状が乏しいこともあり。
  • 口腔内常在菌であるミレリグループ (Streptococcus milleri group)や嫌気性菌、グラム陰性楳菌、ブドウ球菌などが原因となる。混合感染が多い。
  • 既存の嚢胞に周囲の肺炎が及べば、液面形成をし、感染性嚢胞となる。肺化膿症とは別。肺炎治癒後に感染後嚢胞(pneumatocele)を形成することがあるが小児に一般的であり成人では稀。
  • 膿胸を合併することがある。
  • 肺癌(特に扁平上皮癌)や結核、非結核性抗酸菌症、真菌症、肉芽腫性病変、寄生虫症などとの鑑別が重要。

肺化膿症と膿胸の違いは?

肺化膿症は肺実質に膿を作るのに対して、膿胸は肺実質外である胸腔内に膿を作る。

肺化膿症のCT画像所見は?

  • 壊死や空洞を伴う腫瘤-結節として認められる。内面は平滑なことが多い。
  • 二ボー像を伴うことがある。
  • 周囲にCT halo signを認めることがある。
  • 肺癌との鑑別を要する場合、膿胸の合併が疑われる場合は造影CTを施行する。肺化膿症では造影で内面を縁取るような造影効果を呈する(空洞内面を覆う肉芽組織は新生血管が豊富であるため)。
症例 60歳代男性

lung-abscess-ct-findings-001

単純CTにおいて、

  • 右上葉に広範な浸潤影あり。
  • 中心部に低吸収域が目立つ部位あり。

lung-abscess-ct-findings-002

造影CTにおいて、被膜に造影効果を認める液貯留あり。

肺化脳症+胸膜炎と診断された。ドレナージはされず、保存的に加療されました。

症例 70歳代女性

lungabscess

肺のう胞の中にニボー像あり。嚢胞壁の肥厚あり。抗生剤にて加療にてこれらの所見は消失。嚢胞内感染を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら