Sponsored Link

胸膜中皮腫

・石綿曝露と高い相関(9割くらい)があり、低濃度曝露でも発症する。

・曝露から20〜40年の潜伏期を経て発症する。

Sponsored Link

・中皮腫は、心膜、腹膜、精巣鞘膜などに生じるが、胸膜が8割程度と最多。

・壁側胸膜の中皮細胞から発生することが多い。

・組織により上皮型(60%)>混合型(25%)>肉腫型(15%)の3型に分類される。

・肉腫型の亜型として線維形成を特徴とするdesmoplastic型がある。

胸水の合併が9割と多い。

・遠隔転移の頻度はまれ。

・予後不良。上皮型が12ヶ月、肉腫型は6ヶ月程度で、2年生存率は3割程度。

画像診断

・胸部レントゲン、CT、MRI、FDG-PET。

胸部X線およびCT所見

・原因不明の片側性の胸水
・不整かつ結節状のびまん性胸膜肥厚
環状(ring-like)胸膜肥厚
・1cm厚以上の胸膜肥厚
縦隔側胸膜肥厚(早期から認められることがあり注意)
・患側胸郭容量の低下
・胸膜プラークを伴う例が多いが、伴わないこともあり。
・また初期は胸膜プラークと鑑別が難しいことあり。胸膜プラークよりも不整で、造影効果を認める(胸膜プラークは造影されない)。
・遠隔転移は稀。ただし、肺実質や縦隔、心嚢、胸壁、横隔膜などに直接浸潤することあり。

症例 60歳代男性 悪性胸膜中皮腫

pleural mesothelioma pleural mesothelioma1 pleural mesothelioma2 pleural mesothelioma3

動画でチェックする

症例 70歳代男性

pleural mesothelioma

放射線科診断専門医試験問題2010年21番より引用。

鑑別診断(びまん性胸膜肥厚)

・胸膜炎(Tbなど感染やリウマチなど)
・陳旧性血胸
・転移性の胸膜播種。特に肺癌。
・アスベスト以外の原因による線維性胸膜炎
・限局性ならば、厚い胸膜プラークや、SFT。

※RAや胸膜プラークなら両側が多い。
※陳旧性結核性胸膜炎や陳旧性血胸ならば板状の石灰化であることが多い。
※陳旧性血胸ならば陳旧性の肋骨骨折があることが多い。

アスベスト関連肺胸膜病変

肺病変

・石綿肺
・円形無気肺
・肺癌

胸膜病変

・胸膜プラーク
・びまん性胸膜肥厚
・良性石綿胸水
・悪性胸膜中皮腫

Sponsored Link

 

関連記事はこちら