Sponsored Link

CT検査をした後に、妊娠していることが判明したり、妊娠していることがわかっている中、どうしてもCT検査が必要なこともあります。

CTは被曝をしますので、胎児への影響がまず懸念されます。

そこで今回は、CT検査がどの程度胎児へ影響するのか?をまとめました。

妊婦のCT検査による胎児への影響

まず結論
1-2回の撮影で胎児への影響にナーバスになる必要はないけど、3回でも4回でも撮影してもよいというわけではない。

研修医
妊婦がCTを撮影した場合、胎児への影響はあるのでしょうか?
指導医

妊娠に気付かずにCTを撮影した場合、みなさん心配されるところですので、まとめておきましょう。

その前に、女性患者さんにCTを撮影するときは、必ず妊娠の可能性を考慮し、問診しましょう。

関連記事)

1回のCTで胎児の被ばく量は?

当然、母体がどこの部位のCTを撮影するかで異なります。まとめた表が以下です。

検査 平均線量(mGy) 最大線量(mGy)
頭部CT 0.005以下 0.005以下
胸部CT 0.06 0.96
腹部CT 8 49
骨盤CT 25 79

(ICRP Publication 84.Ann ICRP 30:1-43,2000)

研修医
当たり前ですが、骨盤CTを撮影したときの、胎児の被ばく量が最も多いんですね?どれだけ被ばくしたら、胎児に影響が出るんですか?
指導医
100mGyというのが、世界的なコンセンサスです。

これは、国際放射線防護委員会(ICRP)で次のように言われているためです。

「100mGy未満の胎児被ばくで妊娠中絶を選択してはならない。(ICRP)」

その根拠として胎児被ばくの確定的影響として、精神発達遅滞・奇形発生の閾値が100mGyであるからです。

これはつまり、「100mGy以上被ばくすると、1-5%の胎児が、精神発達遅滞・奇形発生を起こす」ということを意味します。

逆に言えば、100mGy以下では、そのようなことが起こる証拠がない。ということです。

つまり、100mGy以下の被ばくであるならば、被ばくした胎児と、していない胎児との間に、精神発達遅滞や奇形が発生する確率に有意な差が見られないということです。

研修医
なるほど。そうすると、今、1回のCTで被ばくするのは最大でも79mGyですので、1回骨盤のCTを受けても100mGy以下ですので、胎児に影響が出るとは考えられないということですね。
指導医
その通りです。さらに、最近では、機械の進歩により、1回の被ばく量はどんどん減っています。

2008年には、16列CTによる1回の腹部・骨盤CT撮影での胎児被ばく量は、平均10.8mGyと報告されています(Radiology 249;220-227, 2008)

研修医
それなら9回CTを受けても大丈夫ということですか?
指導医
被ばく量を少なくできるなら少なくするに越したことはありません。

むやみに撮影して被ばく量を増やしてはいけません。

いくら機械が進歩して被ばく量が減ったとはいえ、2回以内の撮影にしたいところです。

実際、「産婦人科診療ガイドライン;産科編2011」(日本産婦人科学会)では、安全を見込み、50mGyを放射線被ばく安全限界としているくらいです。

研修医
よくわかりました。1-2回の撮影で胎児への影響にナーバスになる必要はないけど、3回でも4回でも撮影してもよいというわけではないということですね。
参考)妊娠中の放射線被曝の影響について
  1. 被曝時期を慎重に決定し、説明する。
  2. 受精後10日までなら奇形発生率は上昇しない。
  3. 受精後11日〜妊娠10週でも50mGy未満では奇形発生率を上昇させない。
  4. 妊娠10~27週では、中枢神経障害の危険性があるが、100mGy未満では影響しない。
  5. 個人レベルでの発がんリスクは極めて低い。

(産婦人科診療ガイドライン 産科編2011より引用)

Sponsored Link

 

関連記事はこちら