Sponsored Link

X線

タングステンX 線管球に用いられる。

※X線管球としては,タングステンモリブデンロジウムなどを対陰極(陽極)としたものが使われる。

超音波

・音響インピーダンスに差が大きい部分ほど反射は強く起こりエコー輝度が高くなる。

SPECT

・荷電粒子が結晶に入射したとき閃光を発する物質をシンチレータという。

※γ線の入射エネルギーを蛍光に変換するのがSPECT(NaI)やPET(BGO,LSO,GSO)シンチレータ。

PET

陽電子陰電子と結合して消滅するとき,2 本の放射線を正反対の方向に放出する。

※その消滅放射線を感知するのがPET。

MRIの原理 2012など

・MRIは陽子のスピンを画像化したものである。

折り返しアーチファクト位相エンコード方向に生じやすい。
※周波数エンコードは短時間で撮る。位相エンコードは時間かかるため、アーチファクトはより生じやすい。位相方向と周波数方向は90°異なる。

エコープラナー法磁化率アーチファクトの影響を受けやすい。
※DWIをイメージする。

・拍動流に伴うアーチファクトは位相エンコードの方向に観察される。

・撮像条件を同一とした場合、化学シフトアーチファクト磁場強度が高いほど大きくなる。
※1.5Tより3Tの方がchemical artifactは大きくなる。

グラディエントエコー法は,スピンエコー法と比べて磁化率アーチファクトの影響を受けやすい。

・核磁気共鳴現象で縦緩和と関係があるのはスピン-格子相互作用

・核磁気共鳴現象で横緩和と関係があるのはスピン-スピン相互作用

・水分子の自己拡散(ブラウン運動)を撮像しているのがDWI

・k-space を二次元フーリエ変換するとMR画像になる。

・光源に磁界をかけたときに、光スペクトル線が数本に分かれることをゼーマン効果という。

放射線測定器

電子なだれを利用する放射線測定器はGM 計数管

・NaI(Tl)検出器はシンチレーション発光を利用した検出器である。

モニタ

・CT の画像観察では 130万〜500 万画素モニタが推奨される。

・カラーモニタはモノクロモニタの代替とはなる。

・液晶モニタは白黒の方がカラーよりコントラストが高い。

・胸部 X 線写真では輝度が 33% 低下すると精度が劣化する。

マンモグラフィの画像観察では 500 万画素モニタが推奨される。

・モニタ管理用標準テストパターン(TG-18QC)のグレースケールは 16階調である。

・画像はピクセル(pixel)の集合体である。

・モニタの解像度は 3 M(メガ)の方が 1 M より優れる。

読影端末の画像表示装置に必要な機能

・計測、階調調節

DICOM

・医用画像のフォーマットと通信プロトコルの規格である。

・すべての医用画像モダリティはこの規格に準拠している。

※超音波などはデジタル対応してきたがDICOM化されたのは最近。

・Digital Imaging and Communications in Medicine の略である。

・Modality Working Management(MWM)はその機能の一つである。

・DICOM3.0 は 8 つ以上のサービスクラスと呼ばれる機能で成り立っている。

 

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら