Sponsored Link

脳出血はCTでどのように経時的変化をするのかについてまとめました。

脳出血のCTにおける経時的変化

脳出血はCTでどのように経時的変化をしますか?

以下のように変化します。

  • CTでは急性期脳出血は、直後から高吸収を呈する。
  • その後24〜48時間で最も吸収値が増大して、周囲の浮腫性変化も生じ、その後、吸収されていく。
  • より細かく見ると以下のようになる。(あくまでシェーマです。)

CThemorrhage

1,発症直後-亜急性期(〜1週間)

  • 発症数時間から周囲に浮腫が生じ、低吸収となる。浮腫は数日で最大となる。

2,吸収期(1週間〜2,3ヶ月)

  • 浮腫は1週間で消失し、次に血腫の辺縁から低吸収化が起こる。
症例 60歳代女性 右前頭葉皮質下出血

右前頭葉皮質下出血の頭部CTによる経時的な変化です。

cerebral-hemorrhage-ct-findings-follow

  • 発症当日は高吸収の血腫が明瞭です。周囲に低吸収域を示す浮腫性変化あり。
  • 14日後には血腫の周囲からの低吸収の進行を認めており、血腫はサイズが小さくなっており吸収傾向です。
  • 40日後には血腫の高吸収域は消失しており、低吸収のみ残っています。血腫が吸収されてたことによるmass effectも消失しています。

3,瘢痕期

  • 壊死組織が貪食排除され、液化空洞を形成する。液化空洞は脳脊髄液と同等の低吸収値となる。
  • 占拠効果が消失し、血腫の最大サイズよりも空洞は縮小する。

参考)ここまでわかる頭部救急のCT・MRI 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら