Sponsored Link

アルコール性肝障害に伴う過形成性結節(AHN:alcoholic hyperplastic nodule)

・慢性アルコール多飲者の10~20%にアルコール性肝硬変を生じる。

・しばしば単発あるいは多発の多血性結節が出現する。

・この結節は比較的若年者に大きなものを生じることが多い。

・飲酒しているときよりも、禁酒しているときに発症することが多く、正常肝組織の過度の再生過程が原因とも言われている。

・多くは20mm以下。

・特に肝硬変に進行した症例で出現する事が多い。

・病理学的には限局性結節性過形成(FNH)に類似した過形成だが、FNHによく見られる中心瘢痕(central scar)が見られることは少ない。

FHN like lesionに分類される。FNHは背景肝が正常肝に使われる用語なので、この場合は、FNHではなく、FNH like lesionと呼ばれることに注意。

アルコール性肝硬変にみられる過形成結節の画像所見

・過形成結節は、単純CTで低〜等吸収

・ダイナミックCTでは早期濃染を呈する。後期相では、等〜時に低吸収となる。

・MRIではT1WIで等〜高信号、T2WIでは低〜高信号などさまざま。T2WIの低信号は、この結節に、鉄沈着が様々な程度で認められることによる。

・ダイナミックにおいては、早期濃染され、肝細胞相では等信号から淡く抜ける

症例 30歳代 女性。腹水と肝機能障害のため入院となった。15 歳からの飲酒歴がある。HBs 抗原と HCV 抗体はともに陰性。AFP 5.7 ngml,PIVKA-II 27 mAUml。

alcoholic hyperplastic nodule(2008年放射線科診断専門医試験問題44より引用)

ダイナミックCTで早期から造影され、遅延相ではwashoutされている。被膜様構造を認め、被膜は徐々に造影されている。脂肪抑制 T2 強調像では、不均一な低信号を示す結節性病変。

 

動画で学ぶアルコール性肝障害に伴う過形成性結節の画像診断

▶キー画像

FNH like lesion FNH like lesion1 FNH like lesion2 FNH like lesion3

FNH like lesionとは?

  • B・C型肝炎              
  • アルコール性肝炎
  • 肝血行動態に合併する結節(Budd-Chiari syn、特発性門脈圧亢進症、門脈体循環短絡、門脈形成不全など門脈血流低下を来す病態=anamalous portal tract syndrome)
  • 薬剤性、自己免疫性、NASH

がベースにある場合にできる、多血性結節

FNH like lesion

参考)肝胆膵の画像診断 山下康行先生

Sponsored Link

 

関連記事はこちら