脈絡叢嚢胞(choroid plexus cyst)

  • 脈絡叢内の神経上皮嚢胞neuroepithelial cystで、しばしば両側性。成人の脳室内腫瘤として最多で、画像検査で40%に認められる。剖検では50%以上の症例で見つかる。
  • 小児では胎児発達過程で1%で認められ、発達とともに頻度が減少する。
  • 大半は側脳室三角部脈絡叢内が最多
  • 通常2cm以下(2-8mm)で無症候。多発することあり。
  • 稀に大きいものがあり、髄液循環障害を来して頭蓋内圧亢進、頭痛を来すことがある。

脈絡叢嚢胞のMRI所見

嚢胞は

  • T1強調像、FLAIRで脳脊髄液と等信号
  • T2強調像で脳脊髄液より高信号
  • DWIにて比較的強い高信号

を呈する。

  • Gdによる増強効果はさまざま。
症例 60歳代男性 スクリーニング

choroid plexus cyst MRI findings

両側側脳室三角部にて

  • DWIで高信号
  • T2WIで髄液と等信号
  • FLAIR像でやや高信号

あり。

脈絡叢嚢胞を疑う所見です。

症例 80歳代男性

choroid plexus cyst mri findings

両側側脳室三角部にて

  • DWIで高信号
  • T2WIで髄液と等信号
  • FLAIR像でやや高信号

あり。

脈絡叢嚢胞を疑う所見です。

症例 50歳代男性 スクリーニング
FLAIR像

chroidplexuscyst1

両側側脳室三角部にFLAIR像にて髄液とほぼ等信号の構造あり。

T2WI

chroidplexuscyst2

両側側脳室三角部にT2強調像にて髄液とほぼ等信号〜やや高信号?の構造あり。

脈絡叢嚢胞を疑う所見です。

動画で学ぶ脈絡叢嚢胞の画像診断

鑑別

xanthogranuloma(黄色肉芽腫)
  • 側脳室三角部に好発。
  • T1高信号、T2低信号を呈する。
  • DWIにてときに高信号を呈する。
髄膜腫
  • 境界明瞭、辺縁平滑、均一に良く造影、主に三角部
  • 転移
  • NF2での大きな脈絡叢
  • 石灰化


関連記事はこちら