Sponsored Link

胚細胞腫瘍の一般的知識

  • 発症好発期は思春期から中年まで。 (思春期以前及び高齢者の発症は少ない。つまり、胚細胞腫瘍は生殖が盛んな時に生じる。)
  • 例外として幼児期(特に生後2年以内)に卵黄嚢細胞腫瘍や奇形腫が生じる。
  • 小児期以外の胚細胞腫は全て悪性である。 (成熟奇形腫は存在しない。)
  • 卵黄嚢細胞腫ではAFPが、絨毛癌では h-CGβが腫瘍マーカーとなる。

胚細胞腫瘍の組織分類

  • 単一組織型は約半数。そのうちほとんどセミノーマ。逆にセミノーマ以外が単一で出る事はまずない。
  • 非精上皮腫(non-seminoma)は精上皮腫(セミノーマ:seminoma)と比べ転移の頻度が高く、予後も不良である。
  • セミノーマは化学療法および放射線療法の感受性が高い
ですので、セミノーマ単独腫瘍かそれ以外の成分が含まれているかが非常に重要です。セミノーマ単独ですとstageⅠでもⅡでも化学療法が著効して、予後が良好です。
  • 悪性胚細胞腫瘍は停留精巣との関連が強く示唆されている。また、一側に発生すると対側にも発生する可能性が高く、総患者の数%に両側精巣に発生する。
  • 精巣萎縮、ムンプス精巣炎の既往や、精巣微石症が危険因子と考えられている。

画像に反映される組織学的特徴

  • セミノーマ:被膜・隔壁構造、分葉状、内部均一
  • 胎児性癌、卵黄嚢腫瘍、絨毛癌:出血、壊死
  • 奇形腫:嚢胞状、脂肪を伴うことはほとんどない。

seminomaの画像所見

  • 超音波では類円形で均一な低エコー、MRI脂肪抑制T2強調像では均一な低信号域の結節病変として描出される。
  • ドプラ超音波やダイナミックMRIでは血流信号や造影効果は軽度
  • 精上皮腫や混合型の胚細胞腫では、多源性で精巣内に結節が多発することがある。
症例 30歳代男性 右セミノーマ

seminoma-mri-findings1

症例 30歳代男性 左セミノーマ

seminoma-mri-findings2

動画で学ぶセミノーマ(30歳代男性)

▶キー画像seminoma seminoma1 seminoma2

non-seminomaの画像所見

  • 超音波でseminomaよりもややエコーが高く、低エコーと中間のエコーの混ざった不均一なエコーの結節病変として描出されることが多い。
  • ドプラ超音波やダイナミックMRIでは、血流信号や造影効果は不均一で高度である。
  • 奇形腫では嚢胞形成が見られる。

参考)
ミッドサマーセミナー、2012年放射線学会秋季臨床大会 イーサイトヘルスケア社  松尾義朋先生

Sponsored Link

 

関連記事はこちら