Sponsored Link

非浸潤性乳管癌(DCIS:ductal carcinoma in situ)

  • Noninvasive ductal carcinoma、DCIS:ductal carcinoma in situと呼ばれる。
  • 非浸潤癌は乳管上皮細胞から発生するが、筋上皮細胞層および基底膜を破って間質に浸潤することはなく、乳管内だけで増殖、進展する特徴をもつ。(癌細胞が基底膜を破壊浸潤することなく上皮層内に留まっている(in situ)状態)
  • 乳癌全体の10%を占め、増加傾向。
  • 理論的にはリンパ節、他臓器転移の可能性はゼロであり、この時期に発見、治療できることがベストである。
  • WHO分類ではDCIS(ductal carcinoma in situ)
  • 嚢胞状に拡張した乳管内に限局・・・非浸潤性嚢胞内癌
  • 分類:面疱型、充実型、篩状型、乳頭型、充実型、低乳頭型、etc。悪性度により高悪性度、中間悪性度、低悪性度と分類される。
  • 転移はほとんどなく、予後良好
  • 欧米では全乳癌の15-20%
  • 本邦では6~7%;1980年代,8.7%;2002年 → 14.2%;2009年

乳癌の発生と進展様式

DCIS

DCISの病理

以下の3つに分類する。

  • 低悪性度(low grade):師状ないし充実性に増殖し核異型度は軽く壊死を伴わない。
  • 中悪性度(intermediate)
  • 高悪性度(high grade):強い核異型度、広範な壊死(comedo型を含む)

high grade DCISはlow gradeに比較して保存的治療後、高頻度にしかも早期に再発する。

DCISの画像所見

マンモグラフィ

  • 石灰化のみで発見されることが多い。
  • 石灰化(66%)、腫瘤(9%)、FAD(7%)、構築に乱れ(9%) (宮城由美ら:乳癌の臨床27,2012)
  • 壊死型の石灰化が多いが、分泌型のこともあり、その場合は良悪性の鑑別が困難。
  • 硬化性病変を背景としたDCISが注目されている。
石灰化が腺葉を思わせる分布(区域性)を示したら要注意
  • 区域性は悪性寄りの分布。
  • 集簇はグレーゾーンであり、形態で判断。
  • 同じような分泌石灰化が両側性に分布していたら良性寄り(乳腺症を考える)
  • 腫瘍の体積が増加すれば石灰化がなくても見える事がある。
  • 区域性の限局性非対称性陰影にも注意(segmantal asymmetric density)

超音波検査

  • 非腫瘤性病変として認識されることが多い。
  • 非腫瘤性(67.0%)腫瘤(26.8%)、所見無し(6.2%)。
  • 非腫瘤性では低エコー域として認識されることが多い。
  • 乳管の異常(12.4%)、低エコー域(66.5%)、構築の乱れ1.1%)、小嚢胞集簇像(3.2%)、点状高エコー主体(16.8%)

MRI所見

  • 多くは非腫瘤性濃染(non-mass pattern)として同定される。
  • 線状・分枝状
  • 区域性濃染
  • Clustered ring enhancement:乳管内癌の乳管周囲間質にpoolingされた造影剤がリング状に描出されるもの。DCISに特徴的。
  • 時間信号曲線の良悪性鑑別における有用性は低い。
  • 検出能はマンモグラフィやUSより高い。
  • High grade DCISはほとんど検出可能。
  • Non-high grade DCISでは検出できない場合がある。
  • 石灰化病変では生検の適応はマンモグラフィのカテゴリーに従って決定する。
  • 実際のMRI画像を見てみる→DCISのMRI画像所見

clustered

症例 50 歳代の女性。検診のマンモグラフィで異常を指摘され精査を目的に来院。

DCIS

放射線科診断専門医試験2012年39番より引用。

乳管に沿った分布。

Branching-ductal pattern(乳管に沿った造影効果)でDCIS。

症例 42 歳の女性。左乳腺のマンモグラム。

DCIS comedo2005年放射線科診断専門医試験問題37より引用。

乳房上部に微細線状、微細分枝状の石灰化あり。

乳管の鋳型をとった形態を示し、乳癌、特にcomedo typeの非浸潤性乳管癌に見られる石灰化といわれる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら