Sponsored Link

嫌色素性腎細胞癌(Chromophobe RCC)

・3番目に多い腎細胞癌。成人腎癌の5-10%。

・肉眼的にはベージュ色。

・腫瘍細胞は充実性配列を示し、類洞状血管を欠く。大型、混濁した細胞質を有する腫瘍細胞からなる。腫瘍細胞が嫌色素性を呈するのが特徴。嫌色素性腎細胞癌(Chromophobe RCC)[illust_bubble subhead=”嫌色素性とは” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]このように、色が乗りにくい。赤も紫も乗りにくい。だから嫌色素性と呼ばれます。[/illust_bubble]

・腫瘍の境界は明瞭

・腫瘍は軟らかいことが多い。

・腫瘍内は血管が乏しい

・瘢痕形成(線維化)、嚢胞状変化を認めることはまれ。

・淡明細胞型よりも予後が良い。乳頭型と同等もしくはそれ以上に良好とも言われる。

周囲への浸潤や転移も少ないため、部分切除や摘出術も可能である。稀にaggressiveな発育をするsarcomatoid variantが見られ、予後不良である。

・染色体の欠失はnon-random:1,6,10,13,17,21に多い。責任遺伝子はきちんとわかっていない。

・血管密度が淡明細胞型腎細胞癌に比べてかなり少ない。

・嫌色素性腎細胞癌の核異型はFGをそのまま適応できない。予後予測因子にならない。(Mescawi et al. Modern Pathol,2013)

嫌色素性腎細胞癌の画像所見

・均一。

・乏血性であることが多い(<100HU)が比較的多血性のものもありうる。中等度の濃染。淡明型>嫌色素性>乳頭状の順に染まる。

・in-out phaseで信号低下はなし。

・偽被膜あり。

嫌色素性腎細胞癌ダイナミック・乏血性のものには oncocytomaに類似した車軸様血管を持つものもあるとされる。

・一方、多血性のものでも、通常の淡明細胞型腎癌よりは血流が低いことが多いが、なかには両者の区別が困難な場合もある。

・また、乳頭状腎細胞癌との鑑別も困難であるが、予後や治療方針が類似するため、両者を鑑別する意義は乏しい。

症例 50歳代男性 比較的多血性な嫌色素性腎細胞癌→腎部分切除

Chromophobe RCC

Sponsored Link

 

関連記事はこちら