Sponsored Link

アルツハイマー病(Alzheimer disease)における脳血流SPECTの画像診断

  • アルツハイマー病は認知症の原因として最多。次にレビー小体型認知症(DLB)が多い。
  • 認知症の脳血流SPECTを見る上で、まず前頭葉などの前方系の血流低下が目立つか、後方系の血流低下が目立つかを見る。
  • 後方系の血流低下を示す疾患は少なく、アルツハイマー病、レビー小体型認知症(DLB)、プリオン病(CJD)があげられる。一方で前方の血流低下をきたす認知症は多数あり。なので、まず後方の血流低下があるか否かをチェックする。

65歳以前の場合

  • 代謝・血流低下は後部帯状回・楔前部、頭頂側頭連合野から始まり、病期の進行に伴い前頭連合野(前頭葉の運動野より前の部分)に進展する。
  • 橋・線条体・視床・一次視覚野(後頭葉)は温存される。(※Lewy小体型認知症では後頭葉が低下する。)
  • 早期・軽症の段階では、海馬を含んだ内側側頭葉の代謝・血流低下はほとんど観られない。
  • 軽度の左右差はある。進行してもその左右差は保たれる。
  • eZIS(eazy Z-score imaging system)では、後部帯状回、楔前部、頭頂葉皮質に関心領域を置き、血流の低下の程度、その領域の割合、さらには全脳の血流低下領域の割合との比較を検討し、AD初期診断の識別精度を上げている。

alz alz2

つまり、若年性ほど、後部帯状回・楔前部・頭頂葉皮質にまず血流低下が起こりやすいので、診断しやすいと言えます。

Sponsored Link

65歳以降の場合

  • 辺縁系の障害が目立つことにより間接的に後部帯状回の低下を示す事となる。ただし、典型例が少なく、早期診断には若年発症よりも困難なことが多い。
  • 内側側頭部に萎縮が見られるようになる。この場所は萎縮が見られても、血流・代謝は保たれる傾向にある。
つまり、高齢発症の場合は、脳血流シンチでは特に早期では診断が困難。

進行すれば、海馬や海馬傍回に萎縮・血流低下が目立つので、診断がしやすくなる、といえます。

症例 80歳代男性(eZIS、Z=2.66 HDS-R=18点)

Alzheimer disease

後部帯状回-楔前部および側頭頭頂連合野に血流低下あり。典型的なアルツハイマー病を疑う所見。

症例 70 歳代の女性。物忘れを主訴。

Alzheimer disease2013年放射線科診断専門医試験問題66より引用。

両側後帯状回〜楔前部に集積低下あり。アルツハイマー病を疑う所見。

症例 60 歳代の女性。記憶障害を主訴に来院。

ALZHEIMER DISEASE12012年放射線科診断専門医試験問題65より引用。

頭頂側頭連合野および一部前頭連合野に血流低下あり。アルツハイマー病を疑う所見。

 

症例 68 歳の男性。2 年前から性格変化と認知障害が出現。

Alzheimer spect2005年放射線科診断専門医試験問題62より引用。

両側頭頂葉(後部帯状回、側頭葉との連合野)に左右対象性の血流低下を認めており、典型的なアルツハイマー病を疑う所見。

症例 60 歳代の男性。記銘力低下と見当識障害。長谷川式簡易知能評価 スケールでは 8 点。

alzheimer disease spect1 alzheimer disease spect22014年放射線科診断専門医試験問題65より引用。

後部帯状回〜楔前部、側頭頭頂部、前頭葉に血流低下あり。ADを疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら