消化管マントル細胞リンパ腫(mantle cell lymphoma:MCL)とは?

  • 日本では消化管B細胞腫瘍の約5%を占める。
  • 予後不良で強力な化学療法が必要な悪性リンパ腫。
  • サイクリンD1陽性例のみをマントル細胞リンパ腫(MCL)とすることが多い。
  • 好発部位は、回盲部>回腸>直腸>十二指腸。
  • 肉眼型は腫瘤型>>びまん浸潤型>MLP型>潰瘍型

※MLP(multiple lymphomatous polyposis):消化管リンパ装置で悪性リンパ腫が増殖し、びまん性に隆起性病変を形成したもの。消化管ポリポーシスの形態をとる。

症例 60歳代男性

回盲部に腫瘤性病変あり。周囲にリンパ節腫大あり。

生検にてマントル細胞リンパ腫と診断されました。

4ヶ月後CTにて、腫瘍は著明にサイズ増大し、大動脈周囲に多数のリンパ節腫大あり。

参考文献:
画像診断 Vol.25 No.11 2005 P1376-1377

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。