多嚢胞性異形成腎(multicystic dysplastic kidney:MCDK)

  • 胎生早期の尿路閉塞が原因。
  • 新生児の腎嚢胞では最多。
  • 通常は片方の腎に起こるが、2割程度に両側に起こる。
  • 患側は正常腎実質を欠き、腎機能はない。
  • 閉塞が胎生10週より前に起こると、腎は大小様々な嚢胞を認め、ぶどうの房状の形態を呈する。腎盂や尿管は閉塞したままである。
  • 閉塞が胎生10週より後に起こると、尿管は閉塞するが腎盂と嚢胞を認める水腎症を呈することがある。しかし稀。
  • 自然退縮することもあるので、経過観察が重要。

多嚢胞性異形成腎の画像所見

  • 腎実質は認めず、大小さまざまな嚢胞で占められる。嚢胞の間に交通はない。水腎症の場合は腎盂と交通がある点で鑑別できることが多い。
  • 99mTc-DMSAシンチ(腎静態シンチ)でも患側腎には集積を認めない。

羊水過少の原因となりうる泌尿器の異常

  • 無発育〜低形成
  • 常染色体劣性嚢胞腎
  • 多嚢胞性異形成腎(MCDK)
  • 両側の水腎症
  • 膀胱流出部閉塞

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。