IVRで患者の放射線被ばく低減のために覚えておくべき8つのこと

  1. 透視時間を短くする。
  2. 体格の大きな患者では線量率が高くなり、累積線量も早く増加する。
  3. 画質を考慮しつつも、菅電圧(kVp)をできるだけ高く、電流をできるだけ低くする。
  4. X線管を可能な限り患者から遠ざける。(通常患者の下にある)
  5. イメージインテンシファイア(蛍光増倍管、I.I)を可能な限り患者に近づける
  6. 拡大透視は被曝を増やす
  7. 体格の小さい患者あるいは、イメージインテンシファイアを近づけられないときは、グリッドを外す
  8. 照射野は必要最小限にする。

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら