腎血管性高血圧の原因と狭窄部位(FMD:fibromuscular dysplasia)

・腎動脈狭窄によりレニン分泌が亢進することにより、アンジオテンシンⅠ→アンジオテンシンⅡ→二次性高血圧の原因となる。

・発生頻度は1%以下。若年性高血圧の3%程度。血漿レニン活性の高い症例などには精査を進めていく。

・原因としては動脈硬化が2/3線維筋異形成(FMD:fibromuscular dysplasia)が1/3

・ほか、高安病や、神経線維腫症、腫瘤による圧排、その他の動脈炎が原因となる。

動脈硬化の場合は、本幹近位部の1/3に見られる。50歳以降の男性に多い。

線維筋性異形成の場合は、本幹遠位部1/3に見られる。数珠状狭窄を認める。20-30歳代の女性に多い。

・診断はドップラー超音波、CTA、MRAにて行う。

・治療はバルーンカテーテル、ステントによる経皮的血管形成術(PTA)を行う。

 線維筋異形成(FMD:fibromuscular dysplasia)

・原因は不明。

・内膜線維増殖(intimal fibroplasia)、中膜線維増殖(medial fibroplasia)、外膜下過増殖(subadventitial hyperplasia)の3つに分類される。

・小児および若年成人の、腎血管性高血圧の原因として最多。

・女性に多い。

・無症状の事が多い。

・腎動脈、頸動脈、椎骨動脈などに狭窄を起こす。

最も多いのは中膜型で、腎動脈の中央〜遠位に数珠状狭窄をきたす。両側性が多い。

・治療はPTA。根治的効果が期待できる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。