Sponsored Link

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]喘息予防・管理ガイドライン(JGL)2009[/colored_bg]

☆ステップの考え方が重症度でなく、コントロール状態に応じ治療を変える方式へ

全てのステップで吸入ステロイドが第1選択

治療

ステップ1

ステップ2

ステップ3

ステップ4
 

吸入ステロイド

低~中

中~高

基本

ステロイド使用

できない時

LTRA

テオフィリン

いずれか1つ

LABA

LTRA

テオフィリン

複数併用

LABA

LTRA

テオフィリン

LABA

LTRA

テオフィリン

抗IgE抗体

経口ステロイド

追加

H1拮抗薬、TXA2阻害薬、Th2サイトカイン阻害薬

発作治療

吸入SABA

・低用量:フルタイド100-200、アドエア200、シムビコート2吸入

・中用量:フルタイド200-400、アドエア500、シムビコート4吸入

・高用量:フルタイド400-800、アドエア1000、シムビコート8吸入

キ・ュバール、オルベスコ、フルタイド、アズマネックス(100)=パルミコート、アルデシン(200)

・抗IgE抗体は通年性吸入抗原陽性でIgE30-700IU/mlの場合に適応
Sponsored Links

▶吸入ステロイド 

・最近はドライパウダーが主流 必ずうがいさせる。ドライパウダーは吸気と同時に吸入。エアゾルは息を吐きゆっくり大きく吸い込む→5~10秒ほど息こらえする。

・HFAフロンガスはCold-Freon効果で刺激性となるため直接吸入しない

・粒子径が小さいと末梢気道まで薬剤が到達しやすい

・副作用:嗄声(フルタイドロタディスク>ディスカス>パルミコート>キュバール≧エア)

吸入器

添加

粒子径μ

抗炎症

肺沈着

キュバール

インヘラー

エタノール

1.1

40~55

オルベスコ

インヘラー

エタノール

1.1

52%

フルタイドエア

インヘラー

3.1

29%

アドエアエアー

インヘラー

エタノール

3.1

29%

フルタイドロタディスク

ディスクヘラー

乳糖

5.2(3.2)

11~16%

フルタイドディスカス

ディスカス

乳糖

5.2(3.3)

15~17%

パルミコート

タービュヘイラー

2.6

30%

アズマネックス

ツイストヘラー

乳糖

2.0

40%

アドエアディスカス

ディスカス

乳糖

4.4/4.4

15~17%

シムビコート

タービュヘイラー

乳糖

2.4/2.5

40%

註)粒子径:()は吸入速度60/分で吸入できた場合、 / はステロイド/LABA

シムビコートは1つのディバイスで用量調節可能であり、速効性がある。
Sponsored Links

▶吸入β2刺激薬

パーシャルアゴニスト 短時間作用性 サルタノール  
  長時間作用性 セレベント 長期管理薬
フルアゴニスト 耐性が生じやすい メプチン 発作治療薬

短時間作用性は1回1~2噴霧、1日3~4回までが原則

GINAではセレベントはステップ3、4のステロイド吸入に併用が基本

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]喘鳴のgrade分類[/colored_bg]

grade0

喘鳴なし

gradeⅠ

強制換気で喘鳴出現

gradeⅡ

自然呼吸で呼気に喘鳴聴取

gradeⅢ

呼気・吸気に喘鳴聴取

gradeⅣ

呼吸音抑制

・アスピリン喘息:鼻ポリープや副鼻腔炎合併、>30才、女性が多い

・ソルコーテフ、サクシゾン、ソルメドロール(コハク酸)は注意

・ハイドロコートン、デカドロン、リンデロン(リン酸)が無難

・コハク酸エステル型ステロイドはアスピリンと交差過敏あり、静脈注射をすると喘息発作やアナフィラキシーの危険性あり、ゆっくり点滴がよい

註)
・アスピリンはサリチル酸系で、ピリン系ではない
・ピリン系はスルピリン、アンチピリン、メチロン、ザルソカイン
・天然サリチル酸:トマト、キュウリ、柑橘類、カレー粉

・気管支喘息の2%に、ABPA(アスペルギルス性好酸球性肺炎)

→IgE抗体+IgG抗体のため気管支拡張+嚢胞性変化(時にtree-in-bud)必ずアスペルギルス抗体(IgE)測定

Sponsored Link

 

関連記事はこちら