Sponsored Link

肺炎の重症度分類

①Pneumonia Severity Index(加)、②CURB-65(英)、③A-DROP(日)

PSI

背景因子 点数  呼吸回数≧30

+20

PORT studyで

の死亡率

 男性

年齢

 SBP<90mmHg

+20

 女性

年齢-10

 <35℃or≧40℃

+15

クラスⅠ
 入所者

+10

 脈拍≧125

+10

死亡率0.1%

合併症 検査 クラスⅡ≦70
 悪性腫瘍

+30

 血ガスpH<7.35

+30

死亡率0.6%

 肝疾患

+20

 BUN≧30mg/dl

+20

クラスⅢ≦90
 心不全

+10

 Na<130mEq/l

+20

死亡率2.8%

 脳血管

+10

 血糖≧250mg/dl

+10

クラスⅣ≦130
 腎疾患

+10

 Ht<30%

+10

死亡率8.2%

身体所見  PaO2<60mmHg

+10

クラスⅤ>131
 意識レベル↓

+20

 胸水

+10

死亡率29.2%

CURB-65(PSIと比較し簡便 入院適応の判断)

Confusion 意識障害あり
Urea BUN>20mg/dl
Respiratory rate 呼吸回数≧30回/分
low Blood pressure SBP<90mmHgまたはDBP<60mmHg
age 65 年齢≧65歳

2項目以上該当すれば、入院または注意深い外来フォローが必要

A-DROP(日本呼吸器学会がCURB-65参考に2005年作成)

Age 男性≧70歳、女性≧75歳
Dehydration BUN≧21mg/dl
Respiratory failure SpO2≦90%PaO2≦60Torr
Orientation disturbance 意識障害
shock blood Pressure SBP≦90mmHg
軽症 0項目 外来治療
中等症 1 or 2項目 外来あるいは入院
重症 3項目 入院治療
超重症 4 or 5項目 or ショック ICU治療

・肺炎治癒時の聴診所見推移

holo crackle(全吸気)→early-to-mid crackle→late crackle

肺炎、心不全   気管支拡張症、慢性気管支炎  間質

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら