Sponsored Link

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]BLS/ACLS 2010[/colored_bg]

心停止ではbasic CPRと早期の除細動が重要!(薬物投与は重要でない)

中心静脈でルートとらない(心マ中断しない!)

心マ中断は挿管・リズム確認・除細動のときのみ

心マ:呼吸=30:2のCPRを5サイクル(2分)

BLS: C→A→Bの順、質の高いCPR

ACLS:capnography(PETCO2:partial pressure of end-tidal CO2測定)推奨

・CPRの質

心マ≧100回/分かつ深さ≧5cm

2分毎に圧迫交代・頚動脈触知≦10秒でリズムチェック

PETCO2<10mmHg、動脈拡張期圧<20mmHg→CPRの質が悪い

CO21mmHg低下で脳血流2.5-4%低下

・自己心拍再開(ROSC:return of spontaneous circulation)

PETCO2>40mmHg、動脈拡張期圧>20mmHg

・DC:脈のあるVTは同期ボタンを押すこと

2相性で120-200J(小児初回2-4J/kg、2回目≧4J/kg、最大<10J/kg)

単相性で360J

・薬物療法:末梢では薬物iv→生食20mlで後押し(→上肢挙上30秒)

①アドレナリン静注/骨髄内投与:1mgを3~5分毎

②バゾプレッシン静注/骨髄内投与:40単位(初回or2回目①の代替)

③アミオダロン静注/骨髄内投与:初回300mg、2回目150mg
Sponsored Links

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]VF・pulseless VT[/colored_bg]

心マ2分→DC→心マ2分→DC→①or②→③

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]asystole・PEA(pulseless electrical activity)[/colored_bg]

①+心マ2分×5(アトロピンはルーチンで使用しない!DC無効!) 

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]QT延長を伴うtorsades de pointes[/colored_bg]

→Mg (QT正常→Mg無効!)

 

・頚動脈触知≧60mmHg、大腿動脈≧70mmHg、上腕動脈≧80mmHg

・血管確保できない場合→倍量を生食10mlに希釈し挿管チューブより注入

・血管確保、生食orリンゲル(心不全ならブドウ糖) 1回400ml(6‐7ml/kg)を8‐10回/分

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]アプローチの仕方[/colored_bg]
意識レベル→呼吸→脈拍→血圧→体温→尿量

・鑑別診断の覚え方「あした血ガス心配で今日薬借りていたいと

・あした(アシドーシス、ンポナーデ)血ガス(出、低酸素)心配で(筋梗塞、梗塞)今日(気)薬(物中毒)借り(低K、高K)ていたいと(低体温、低血

Sponsored Link

 

関連記事はこちら