Sponsored Link

骨盤底機能低下、骨盤臓器脱

  • 高齢女性や多産婦に多い。
  • 加齢(閉経により、骨盤底筋の張力を保つエストロゲン低下)や経腟分娩により、肛門挙筋をはじめとした骨盤底筋が下垂、肛門挙筋裂孔が開大するため。
  • 症状としては、骨盤部痛、圧迫感、尿失禁、残尿など。
  • 骨盤臓器が本来の位置から下降する病態を骨盤臓器脱(pelvic organ prolapse:POP)とよぶ。
  • 骨盤臓器脱には、膀胱瘤(脱)(cystocele)、尿管膀胱瘤(cystoureterocele)、膣脱(vaginal vault prolaps)、直腸瘤(脱)(rectocele)、S状結腸瘤(脱)(sigmoidocele)、小腸瘤(脱)(enterocele)がある。
  • 骨盤底機能低下、骨盤臓器脱は合併することがあるが、骨盤底機能低下に臓器脱を伴わないことがある。これら2者は区別する。

骨盤底機能低下、骨盤臓器脱のMRI画像診断

  • 安静時およびいきんだ状態(Valsalva法)で撮影を行う。
  • 骨盤底機能低下、骨盤臓器脱に使われるGrade分類は、いきんだ状態での画像で適応する。
  • 下図のようにA点(恥骨結合下縁)とB点(恥骨直腸筋後縁)を結ぶ線をH線、A点とC点(尾骨第1節ー2節間)を結ぶ直線からB点に向かって引いた接線をM線とする。

 

  • H線:恥骨直腸筋の走行を反映。開大は肛門挙筋裂孔の拡大を意味する。6cm以上が異常。また、骨盤臓器脱はこの線よりも下に下垂していることで診断する。
  • M線:2cm以上あると骨盤底下垂を意味する。

 

症例 20歳代女性 正常例(T2WI矢状断像)、安静時

pelvic organ prolapse0pelvic organ prolapse

骨盤底機能低下のGrade分類(いきんだ状態)
Grade 挙筋裂孔拡大(H線) 骨盤底下垂(M線)
0(正常) 6cm未満 0-2cm
1(軽度) 6-8cm 2-4cm
2(中等度) 8-10cm 4-6cm
3(重度) 10cm以上 6cm以上
骨盤臓器脱のGrade分類(いきんだ状態)
Grade H線からの臓器の位置
0(正常) 上方
1(軽度) 0-2cm下方
2(中等度) 2-4cm下方
3(重度) 6cm以上下方
症例 70歳代女性 子宮術後

いきんだ状態でMRI検査施行。

cystocele

骨盤底機能低下のGrade分類1相当。膀胱脱もGrade分類1相当。

参考・引用)
Boyadzhyan L,et al : Role of static and dynamic MR imaging in surgical pelvic floor dysfunction. Radiographics,28:949-967,2008
・臨床画像vol25,No.9,2009 P1011-1013

Sponsored Link

 

関連記事はこちら