Sponsored Link

骨髄脂肪腫

・骨髄に類似した脂肪組織と造血組織からなる稀な良性腫瘍。非機能性。

・多くは偶然発見され、片側の副腎に発生。

・後腹膜などに発生することもある。

・50-60歳代に多い。

・性差はなし。

・剖検で0.2-0.4%に見られる。

・病理の特徴は成熟脂肪組織と造血細胞成分が混在している。

・無症状であることが多いが、腫瘤増大による腹部膨満や、後腹膜出血による腰痛、側腹部痛、血尿、腫瘤触知が見られることがある。

・2-20cmで発見される(平均10cm)。やや右に多い。

・ときに被膜を有する境界明瞭な腫瘤を形成することがある。

・悪性化はしない。診断が確定すれば手術は必要ない。

画像所見

・CTでは大部分が脂肪濃度だが、造血組織の程度により軟部組織濃度を伴うことがある。

・CTでは、CT値-30~-115HUを示す。副腎腺腫は、-10~18HUを示す。

・鑑別診断は、副腎腺腫、腎血管筋脂肪腫、腎細胞癌、副腎癌、褐色細胞腫、後腹膜脂肪腫、脂肪肉腫など。

症例① 60歳代女性

myelolipoma RadioGraphics, Nov 1997, Vol. 17: 1373–1385より引用

症例② 20歳代女性

myelolipoma1

 RadioGraphics, Nov 1997, Vol. 17: 1373–1385より引用

症例③ 70歳代男性 myelolipoma疑い。

myelolipoma3

Sponsored Link

 

関連記事はこちら