前立腺正中部嚢胞性疾患

  • 正中部に存在する嚢胞(先天異常)は2つあり、両者の画像での区別は難しいことが多い。
  • muller管嚢胞、前立腺小室嚢胞の2つ。

mullercyst

V G McDermottT J Meakem, 3rdA H Stolpen and M D Schnall :AJR 164:123-127/1995より引用改変

Muller管嚢胞

  • 退縮するはずのMuller管の遺残物が嚢胞状になったもの。
  • 男性の5%くらいにみられる。30-40歳代に不妊の精査で見つかることが多い。
  • 尿道との交通性はみられない
  • PSAが高いこともあり、悪性腫瘍を合併することもある。
  • 前立腺の後上縁から突出することが多い。

 

muller

前立腺小室嚢胞

  • 尿道との交通性があり。
  • 他の奇形(尿道下裂、停留精巣、片側性腎低形成)を合併する頻度が高い。
  • 小児期に診断されることが多い。
  • 前立腺内に存在する。

傍正中部、外側にある嚢胞

  • 精管、射精管、精嚢などの嚢胞が考えられる。
  • 精嚢嚢胞では成人では多発嚢胞腎との関連がある。
  • 他には炎症性、貯留嚢胞がある。前立腺外側に発生。


スポンサーリンク



関連記事はこちら