Sponsored Link

放射線による細胞死

増殖死(=分裂死)と間期死とに分類される。

Sponsored Link

増殖死(=分裂死)
  • 照射後数回の細胞分裂後に死に至る。
  • 巨細胞形成や細胞融合がみられる。
  • 線維芽細胞での主要な細胞死の形態。
  • 通常の線量(1-2Gy程度)で起こる。

間期死(=中間死)

  • 放射線照射が原因で、次のM期に入ることなく、細胞が死ぬ。
  • 1回も細胞分裂を経ることなく直ちにおこる細胞死。
  • 原形質の融解が認められる。大線量照射が必要。

・アポトーシスとネクローシスとに分類される。

・線維芽細胞への低LET照射後はネクローシスによる細胞死が主。

・リンパ球でみられる高感受性間期死はアポトーシスである。
放射線高感受性細胞でないとX線照射によるアポトーシスは起きない。線維芽細胞は比較的放射線抵抗性の細胞である。

ネクローシスでは細胞膨化、細胞融解を伴う。

アポトーシスでは細胞の縮小、クロマチンの凝集、DNA断片化が起こる。

・放射線高感受性細胞のアポトーシスには通常p53が関与している。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら