問題はこちらから参照して下さい。

スライド02

d  常識。

 

スライド04

 

 

a 再分布 10時間前後。

b 再増殖 20時間くらい。

c 再酸素化 24時間以内に起こるものが多い(分割照射中に起こる)

d 亜致死障害からの回復 ○4-6時間で回復する。

e 潜在的致死障害からの回復 ○

 


 

Sponsored Links

スライド09

a Gy  ○

スライド11

 

 

4, a,e

頻出問題。解説は2010年や2009年を参照してください。

 


 

スライド13

Sponsored Links

 

 

a 陽子線は高 LET 線に分類される。× 低LET線に分類。

b 高 LET 線は細胞周期により感受性に差がある。× ほとんどない。

c 高 LET 線の酸素効果比(OER)は低 LET 線より高い。× 低い。LET増加でOER減少。

d 高 LET 線による DNA への作用は主に間接作用による。× 直接作用。

e 高 LET 線の生物学的効果比(RBE)は低 LET 線より高い。○

 

 

Sponsored Links

6-10

2011年問題のトップに戻る

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら