2005年度から2008年度までの解答例を、Sonic先生に提供していただきました。

Sonic先生ありがとうございます。

問題は、いずれも日本放射線学会サイトより引用しております。

 

1.放射線による確率的影響について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 胎児の奇形
b. 皮膚紅斑
c. 白血球減少
d. 発がん
e. 白内障

正解:d

 

2.従事者の線量限度について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 皮膚の等価線量限度は500 mSv/年である。
b. 実効線量限度は5 年間で500 mSv である。
c. 目の水晶体の等価線量限度は150 mSv/年である。
d. 妊娠を申告してから出産までの全妊娠期間で,腹部表面における等価線量限度は2 mSv である。
e. 妊娠可能で妊娠の意思がある女性の実効線量限度は5 mSv/3カ月である。

 

正解:b

 

3.妊婦が放射線検査を受けた場合に,胎児被ばく線量が最も多くなる検査はどれか。1 つ選べ。

a. 頭部単純CT
b. 注腸造影
c. 腰椎単純X 線(正,側)
d. 骨盤単純CT
e. 胸部単純X 線影

正解:d

 

4.医療被曝に含まれないのはどれか。1 つ選べ。

a. 妊娠中の女性のCT 撮影による胎児の被曝
b. 乳児のX 線撮影に付き添っていた母親の被曝
c. 血管撮影時に患者の近傍に立っていた看護師の被曝
d. 放射線治療を受ける患者の治療計画用CT による被曝
e. がん検診のPET-CT による被曝

正解:c

 

5.放射線生物について誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. ヒト細胞ではDNA 二本鎖切断の相同DNA 組み換え修復機構はG1 期で起こる。
b. Waf 1p21)は細胞周期チェックポイントに関与する。
c. アポトーシスでは細胞が膨大化する。
d. アポトーシスではDNA の断片化が起こる。
e. p53 は放射線によるアポトーシスに関与する。

正解:a, c

  • a S期およびG2期。
  • b p21タンパク質;G1期における細胞周期振興の調節因子として機能する。
  • c 縮小する。
  • d p53遺伝子=癌抑制遺伝子。DNAが修復不可能な損傷を受けた場合にアポトーシスを誘導する。

 

6.放射線生物について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. LET の増加に伴ってRBE も上昇する。
b. 細胞周期ではS 期で放射線感受性が高い。
c. 酸素分圧0.5 mmHg で細胞をX 線照射すると大気中で照射した場合より生存率が上昇する。
d. 細胞にX 6 Gy を,1 回照射した場合と数時間以上の間隔で2 回に分けて照射した場合では,分割照射した場合の方が細胞生存率は低下する。
e. LQ モデルのα/β は急性反応と晩期反応では前者が大きい。

正解:c, e

  • a overkillによってRBEは低下する。
  • e 早期反応系組織のα/βの方が、晩期反応系組織のα/βよりも大きい。

 

7.放射線生物について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 腫瘍内はpH が正常組織に比較して高い。
b. X 線照射直後の細胞を増殖できないような低栄養状態にすると,通常の状態より細胞生存率が上昇する。
c. 同線量のガンマ線を照射した場合,線量率が低下すると細胞生存率は上昇する。
d. 定位手術的照射の線量から定位放射線治療の線量をLQ モデルを用いて計算できる。
e. 低線量率照射では酸素効果増感比が小さい。

正解:b, (c?), e

  • a 低い。
  • e 酸素増感比(OER);酸素のない条件で、ある効果を生じるのに要する線量と、酸素のある条件下で同じ効果を生じるのに要する線量の比。

 

8.画像表示端末で診断する場合に注意すべき事項として誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 最適なモニタの輝度は部屋の明るさに対応して変化する。
b. 正しく表示するためには階調を調整する必要がある。
c. 必要に応じて拡大や縮小の操作が必要である。
d. 画像データを非可逆圧縮した画像は,元の画像と同じように診断できる。
e. シャーカステンに比べ,モニタ画面は輝度が低い。

正解:d

  • d 非可逆圧縮では画像情報の変形・損失が発生する。

 

9.CT 検査の被曝低減の方法について誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. 高濃度のヨード造影剤を使用する。
b. 管電流を下げる。
c. ヘリカルピッチを下げる。
d. スキャン容積を減らす。
e. 自動照射制御を使用する。

正解:a, c

 

10.X 線画像について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 大焦点に比べて小焦点のX 線撮影用管球は幾何学的なぼけが小さくなる。
b. X 線撮影では,散乱線の入射を減らすためにブッキー装置やグリッドが使用される。
c. フラットパネルディテクターで撮影した画像はX 線フィルムに比較して現像が不要なため,迅速に画像を観察できる。
d. モニタと比較してフィルムのダイナミックレンジは狭い。
e. 明るい部屋でモニタ診断をする場合は,モニタ面に直接光があたらないように遮光するなど留意が必要である。

正解:d

  • a 焦点が大きいとぼけが生じる。
  • d ダイナミックレンジ=一度に識別可能な、シグナルの最小値と最大値の比。

 

11.放射線施設の安全管理について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 病院・診療所が初めて放射線診療装置を使用する場合には,あらかじめ医療法に基づいた届出が必要である。
b. 診療用高エネルギー発生装置を設置する場合は,放射線障害防止法に関する手続きが必要である。
c. 放射線診療室の放射線管理のための測定は,1 週間に一度行い,法令の線量基準が担保されているかを評価する。
d. 放射線診療従事者は,雇入時または配置換えおよびその後半年を越えない毎に健康診断を受ける必要がある。
e. 妊娠可能な女性放射線診療従事者が個人線量計を装着する部位は腹部表面である。

正解:c

  • c 1月を超えない期間ごとに1回(X線装置を固定して使用する場合は6月を超えない期間ごとに1回)行う。

 

12.核医学診療について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 心筋シンチグラフィの検査用放射性医薬品の投与に用いた注射筒は,1 週間を越えて管理区域内で保管した後はRI 廃棄物としての処理は不要となる。
b. PET 製造用サイクロトロンを保有する施設は,放射線障害防止法に基づいた安全管理が必要である。
c. ガリウムシンチグラフィ検査用の放射性薬品を投与した一般病室の入院患者からの排泄物は,管理区域内での保管廃棄が必要である。
d. 核医学診療においては,単年度毎に使用可能な放射性医薬品の量について厚生労働省からの許可が必要である。
e. 適切な防護措置を講じた場合には,一般病室において骨シンチグラフィの放射性医薬品を投与できる。

正解:b

 

13.直接電離作用を持つ放射線はどれか。2 つ選べ。

a. 特性X
b. α 線
c. β 線
d. γ 線
e. 速中性子線

正解:b, c

 

14.放射線物理について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 原子核は陽子と中性子から構成される。
b. 原子核に含まれる陽子の数と原子番号は等しい。
c. 陽子と中性子の質量はおおよそ等しい。
d. 電子と陽電子の対消滅で発生するγ 線のエネルギーは,0 から1.02 MeV の間に連続的に分布する。
e. 1 Gy とは物質1 kg 1 J のエネルギーを与える放射線の量をいう。

正解:d

  • d 511 keV。

 

15.散乱X 線について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. X 線エネルギーが高いほど,散乱X 線は多くなる。
b. 照射野面積が広いほど,散乱X 線は多くなる。
c. 被写体が厚いほど,散乱X 線は多くなる。
d. 被写体の原子番号と散乱X 線量は関係がない。
e. 被写体―フィルム間距離が近いほど,画質に対する散乱X 線の影響が大きくなる。

正解:d

  • d X線の散乱能は各元素の原子番号にほぼ比例する(原子番号が大きいほどより多くの電子を含んでいるため)。

 

16.放射線生物学について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 正常組織の後期反応のαβ 比は,腫瘍よりも小さいことが多い。
b. 脳の耐容線量は肺の耐容線量よりも大きい。
c. 比較的大量の全身被曝後は,リンパ球よりも血小板が先に減少する。
d. 成熟した精子は,精原細胞(精祖細胞)よりも相対的に放射線抵抗性である。
e. 放射線高感受性細胞のアポトーシスには通常p53 が関与している。

正解:c

 

17.強度変調放射線治療(IMRT)について誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. マルチリーフコリメータを用いる方法が一般的である。
b. 肺癌において臨床的に有用とされている。
c. 治療前の精度管理が重要であり,治療前にファントムを用いた線量検証が望まれる。
d. 逆方向計画法などの治療計画装置に装備されている特殊な計算ソフトを用いることが多い。
e. 1 1 2 Gy より線量を増加した3 Gy 程度で行われることが多い。

正解:b, e

 

18.小線源治療に用いる線種でγ 線でないのはどれか。1 つ選べ。

a. 60Co
b. 90Sr
c. 125I
d. 192Ir
e. 198Au

正解:b

  • 内用療法;β線を放出する核種(89Sr90Y131I

 

19.良性疾患の放射線治療のうち,免疫抑制効果が関与しているのはどれか。1 つ選べ。

a. デスモイド
b. 下垂体腺腫
c. 血管腫
d. 甲状腺眼症
e. 動静脈奇形

正解:d

  • d 放射線照射によりリンパ球の浸潤を抑える。

 

20.放射線治療における照射線量について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 腎臓は正常組織のなかでは比較的耐容線量が高い。
b. 耐容線量の低い正常組織が照射される場合,照射体積の大きさが重要である。
c. 前立腺癌の根治的放射線外部照射の照射線量は6670 Gy あるいはそれ以上である。
d. 乳房温存療法の照射線量は,断端陰性の場合は通常50 Gy である。
e. 乳房温存療法では標的体積に鎖骨上窩リンパ節領域を含めない。

正解:a

 

21.化学放射線療法について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 重篤な有害事象が必発であるので手術後に行うのは禁忌である。
b. 手術前に施行することがある。
c. 重篤な有害事象が必発であるので,小児に施行するのは禁忌である。
d. 子宮頸癌や肺癌は放射線感受性が高いので化学療法を併用する必要がない。
e. 放射線単独に比べ治療効果が高く有害事象の頻度は低い。

正解:b

 

22.神経膠腫の放射線治療について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 術後照射が基本である。
b. 全脳照射が必須である。
c. 放射線感受性が高い。
d. 高齢者の予後は良好である。
e. CTV の決定に造影CT が有用である。

正解:a

 

23.口腔腫瘍について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 唾液腺障害は照射早期より生じる。
b. 初診時N0 の口腔腫瘍でも約30% で後発リンパ節転移を認める。
c. 唾液分泌障害は味覚障害よりも遷延することが多い。
d. 放射線治療前の抜歯は避け,治療終了後に行う。
e. 加速多分割照射では通常分割照射と比較して急性障害の増強が認められることが多い。

正解:d

  • d 放射線治療後の顎骨壊死の原因として抜歯が最も多い。

 

24.乳房温存療法の接線照射について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 照射野に含まれる肺の深さが2.5 cm は許容範囲である。
b. 胸骨傍リンパ節はCTV に含める。
c. 切除断端陽性例では10 Gy 程度,接線照射で線量を増加する。
d. 46 MV X 線を使用する。
e. 標準的な線量時間配分は40 Gy/20 分割/4 週である。

正解:a, d

  • c 追加切除を行うことが一般的(わずかな断端陽性の場合は、1016 Gyの追加照射で対応することもある)。

 

25.肺非小細胞癌について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 腫瘍サイズが大きくなるほど局所制御率が低下する。
b. 局所制御の失敗は,そのあとの遠隔転移に結びつく。
c. I 期症例の原発腫瘍のみの照射では,縦隔リンパ節単独再発は47% である。
d. II 期症例は外科的切除が第一選択となる。
e. 術後照射はI 期症例に推奨される。

 

正解:e

 

26.膵癌術中照射について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 腫瘍の再酸素化現象に有利に働く。
b. 切除不能例に対しては行われない。
c. 外照射を併用することがある。
d. CT 画像での腫瘍縮小効果判定は術後1 カ月で行う。
e. 最も多い合併症は消化管出血である。

正解:c, e

  • a 分割照射の利点の一つである腫瘍内低酸素細胞の再酸素化を期待することができない。
  • c 単独では無効で、外照射と併用しなければならない。
  • e 消化管への照射によるもの。

 

27.食道癌について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 発生頻度の最も低い占居部位は胸部中部食道(Mt)である。
b. 進行食道癌に対する外部照射の線量は6070 Gy である。
c. 潰瘍浸潤型(3 型)T4 症例には外部照射後にさらに腔内照射も追加する。
d. sm 癌はEMR(内視鏡的粘膜切除術)のみでの治癒が期待できる。
e. 胸部中部食道癌の外部照射は一般に4 MV 以下のX 線で行われる。

正解:b

  • d sm癌 → T1b N0ならStageⅠ → 術後化学療法 or 化学放射線療法。(※内視鏡治療の適応になるのはN0T0またはT1am1m3)症例のみ)

 

28.子宮頸癌について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 89 週間かけて丁寧に放射線治療することで治療成績が向上した。
b. HPV などの感染者に多い。
c. 高線量率腔内照射法は低線量率に比べて生物効果が23 倍高い。
d. 低線量率腔内照射よりも高線量率を用いる方が治りやすい傾向がある。
e. 放射線療法後の有害事象で直腸出血の方が膀胱出血より早く出る傾向がある。

正解:b, e

  • a 総治療期間の延長により治療成績が低下する。
  • e 直腸出血は2年以内に起こる。膀胱出血は35年がピーク。

 

29.前立腺永久刺入密封小線源治療について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 日本では123-I 密封小線源が認可されている。
b. Intermediate risk group に対する良い適応である。
c. 治療期間は10 日程度を要する。
d. Seed migration は骨盤部以外では肺によくみられる。
e. 線源は前立腺内に均等に配置する。

正解:d

  • d シード線源は前立腺辺縁の静脈叢を経由して肺動脈に小塞栓を形成する。
  • e 辺縁配置法(尿道の線量を抑えられる)または均一配置変法を用いる。

 

30.白血病に準じた治療指針をとるのはどれか。1 つ選べ。

a. Hodgkin リンパ腫
b. びまん性大細胞型B 細胞リンパ腫
c. リンパ芽球リンパ腫
d. 辺縁帯B 細胞リンパ腫
e. 未分化大細胞リンパ腫

正解:c

 

31.MRI よりもCT での診断が容易な病態はどれか。1 つ選べ。

a. 骨挫傷
b. 後縦靱帯骨化症
c. 白血病の骨髄浸潤
d. 新旧椎体圧迫骨折の鑑別
e. 早期の無腐性大腿骨頭壊死

正解:b

 

32.もっとも損傷を受けやすいのはどれか。1 つ選べ。

a. 棘上筋腱
b. 棘下筋腱
c. 小円筋腱
d. 三角筋腱
e. 肩甲下筋腱

正解:a

 

33.誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 開放骨折                     ガス像
b. 裂離骨折                     脊椎分離
c. 圧迫骨折                     脊椎椎体
d. 嵌入骨折                     大腿骨頚部
e. 陥没骨折                     Hill-Sachs 病変

正解:b

 

34.誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 関節リウマチ                            環軸関節亜脱臼
b. 脊椎分離                                   スコッチテリアの首輪
c. Hodgkin                               象牙椎(ivory vertebra
d. 脊椎血管腫                              縦走縞模様(vertical striation
e. 転移性脊椎腫瘍                         真空現象(vacuum phenomenon

正解:e

  • b 腰椎単純Xp斜位像における、関節突起間部の帯状の透亮像。
  • e 椎間板内のガス(窒素。周囲組織から遊離したもの)含有像。

 

35.誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. デスモイド腫瘍                         腹壁
b. グロムス腫瘍                            胸壁部
c. 腱鞘巨細胞腫                            手指,足趾
d. 弾性線維腫                               肩甲骨下端
e. Morton 神経腫                         34 趾間

正解:b

  • b 傍神経節腫(パラガングリオーマ)。爪下に多い。
  • e 趾間神経痛。慢性で反復性の外傷による良性の神経肥厚。

 

36.軟骨無形性症について誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. 脊柱管狭窄
b. 三角フラスコ変形
c. 骨幹端のcupping
d. シャンパングラス変形
e. 偽骨折(Loosers zone

正解:b, e

  • a 椎体の内軟骨性骨化が障害されることによる。
  • b 大理石骨病(長管骨で、骨幹端がラッパ状の形状を失い三角フラスコ型となる)。
  • c 杯状変形。
  • e 骨軟化症(骨折治癒過程での骨化障害によって生じる)。

 

37.正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 視神経上眼窩裂
b. 動眼神経棘孔
c. 三叉神経Meckel
d. 顔面神経内耳道
e. 舌下神経頸静脈孔

正解:c, d

 

38.唾石が最もできやすいのはどれか。1 つ選べ。

a. 耳下腺
b. 顎下腺
c. 舌下腺
d. 小唾液腺
e. 口蓋扁桃

正解:b

 

39.正常で増強効果を受けるのはどれか。2 つ選べ。

a. 視床
b. 淡蒼球
c. 下垂体
d. 歯状核
e. 松果体

正解:c, e

 

40.上咽頭癌の頭蓋底浸潤の評価にもっとも適切なのはどれか。1 つ選べ。

a. CT
b. MRI
c. 血管撮影
d. 超音波検査
e. Tl-201 SPECT

 

正解:b

  • 上咽頭癌のT病期診断ではMRIが推奨される。

 

41.急性期クモ膜下出血を最も鋭敏に検出できるのはどれか。1 つ選べ。

a. T1 強調画像
b. T2 強調画像
c. FLAIR 画像
d. 拡散強調画像
e. 脂肪抑制T1 強調画像

正解:c

 

42.誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. 脳挫傷                                       点状・斑状出血
b. 急性硬膜外血腫                        凸レンズ型の血腫
c. 慢性硬膜下血腫                         中硬膜動脈の破綻
d. びまん性軸索損傷                     皮質白質境界損傷
e. 大脳鎌下ヘルニア                     中大脳動脈領域梗塞

正解:c, e

  • d 脳幹、大脳半球傍矢状面白質、脳梁、大脳半球皮質白質境界域の神経軸索に広範な損傷が及ぶ。
  • e 大脳半球内の高い位置に生じた腫瘤の進展によって、帯状回が大脳鎌の下に押し出される。

 

43.囊胞と壁在結節がみられる頻度が高いのはどれか。2 つ選べ。

a. 乏突起膠腫
b. 血管芽細胞腫
c. 脈絡叢乳頭腫
d. 毛様細胞性星細胞腫
e. 上衣下巨細胞性星細胞腫

正解:b, d

 

44.単純ヘルペス脳炎で好発部位でないのはどれか。1 つ選べ。

a. 側頭葉
b. 後頭葉
c. 帯状回
d. 島皮質
e. 眼窩回

正解:b

 

45.亜急性連合性脊髄変性症の好発部位はどれか。2 つ選べ。

a. 前角
b. 後角
c. 前索
d. 側索
e. 後索

正解:d, e

  • ビタミンB12欠乏による脊髄障害。(連合とは、側索+後索のこと)
  • 両側後索に一致した「ハの字型」のT2WI高信号を認める。
  • 側索に高信号を認めることもある。

 

46誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. peribronchial cuffing sign                      間質性肺水腫
b. continuous diaphragm sign                   気胸
c. sail sign                                                  胸腺腫
d. gloved finger sign                                   気管支拡張症
e. incomplete border sign                          胸膜腫瘍

正解:b, d

 

47.心横隔膜角の腫瘤として,考えにくいのはどれか。2 つ選べ。

a. pericardial cyst
b. Morgagni hernia
c. neuroenteric cyst
d. pericardiac fat pad
e. extramedullary hematopoiesis

正解:c, e

 

48.上肺野に優位に分布するのはどれか。2 つ選べ。

a. 肺結核
b. びまん性汎細気管支炎
c. 多発肺転移
d. 喫煙による肺気腫
e. 特発性間質性肺炎

正解:a, d

 

49.CT で小葉間隔壁と気管支血管束の肥厚がみられる頻度が高いのはどれか。2 つ選べ。

a. 肺結核
b. 癌性リンパ管症
c. びまん性汎細気管支炎
d. 肺炎球菌肺炎
e. サルコイドーシス

正解:b, e

 

50.呼気CT が有用と考えられる疾患はどれか。

a. 肺塞栓症
b. 肺野型肺癌
c. 癌性リンパ管症
d. 閉塞性細気管支炎
e. 特発性間質性肺炎

正解:d

 

51.喫煙に関連する疾患はどれか。2 つ選べ。

a. 急性好酸球性肺炎
b. ランゲルハンス細胞肉芽腫症
c. リンパ脈管筋腫症(LAM
d. 夏型過敏性肺炎
e. アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

正解:a, b

 

52.小葉(二次小葉)の中心構造はどれか。2 つ選べ。

a. 細気管支
b. 小葉間隔壁
c. 肺動脈
d. 胸膜
e. 肺静脈

正解:a, c

 

53.石綿暴露に関連する画像所見で適切でないのはどれか。

a. 小葉間隔壁肥厚像
b. 円形無気肺
c. 胸水
d. 壁側胸膜プラーク
e. 上肺野優位に分布する粒状影

正解:e

 

54.肺門リンパ節腫大を来すことが稀なのはどれか。

a. 初感染結核
b. 癌性リンパ管症
c. 石綿肺
d. 悪性リンパ腫
e. サルコイドーシス

正解:c

 

55.空洞を有する頻度の高いのはどれか。2 つ選べ。

a. 浸潤性アスペルギローシス
b. リウマチ結節
c. 細気管支肺胞上皮癌
d. じん肺
e. サルコイドーシス

正解:a, b

空洞(cavity)をきたす疾患

  • C;Carcinoma
  • A;Autoimmune disorder(リウマチ結節など)
  • V;Vascular spread
  • I;Infection
  • T;Traumatic
  • Y;Young = Congenital disease

 

56.胸部単純X 線写真における左心不全の徴候として誤っているのはどれか。

a. 葉間線の肥厚
b. 肺血流の再分布
c. 気管支壁の肥厚
d. 末梢肺血管陰影の狭小化
e. 肺門部血管陰影の不明瞭化

正解:d

  • d 肺高血圧症の所見。
  • e 肺水腫では、肺門部は不明瞭になり、ぼけ像(perihilar haze)が顕在化してくる。

 

57.胸部X 線写真で肺血管陰影の増強するのはどれか。

a. Fallot 四徴症
b. Ebstein 奇形
c. 肺動脈弁狭窄
d. 三尖弁閉鎖
e. 動脈管開存

正解:e

 

58.気管支の走行や分布に異常を伴うのはどれか。2 つ選べ。

a. 肺底区動脈大動脈起始症
b. 肺内型分画症
c. 肺動静脈瘻
d. 肺動脈欠損症
e. Pulmonary artery sling

正解:b, e

  • a 肺動脈の欠損した肺に大動脈から異常血管が流入する先天的異常で、気管支肺胞系に異常は認めない。
  • d 肺動脈分岐部が欠損するが、肺門部から末梢は存在することが多い。
  • e 先天性気管狭窄症を高率に合併する。気管支の奇形も合併することがある。

 

59.大動脈解離の所見はどれか。2 つ選べ。

a. high-attenuating crescent sign
b. aortic cobweb
c. ulcer-like projection
d. rib notching
e. 3-sign

正解:b, c

  • a 大動脈瘤破裂の所見。(血栓閉鎖型大動脈解離ではhyperdense crescent sign
  • b 大動脈中膜が解離するときに、不完全にはがれた中膜の一部が索状あるいはリボン状の構造として偽腔内に認識される。(cobweb =くもの巣)

 

60.喀血をきたしにくい疾患はどれか。

a. 肺癌
b. 胸部大動脈破裂
c. 気管支拡張症
d. 部分肺静脈還流異常
e. 肺動静脈瘻

正解:d

 

61.PTA についての記述で誤っているのはどれか。

a. バルーン径は狭窄部前後の正常血管径と同じかやや大きいものを用いる。
b. バルーン拡張には希釈した造影剤を用いる。
c. 完全閉塞例も適応である。
d. 術中にヘパリンを用いる。
e. 用いるバルーンの最高耐圧まで拡張する。

正解:a

  • a バルーン拡張径が狭窄部の近位もしくは遠位の最も近い血管径を超えないようにする(血管の損傷を防止するため)。

 

62.多発のう腫状陰影を呈さない疾患はどれか。

a. 間質性肺気腫
b. 気管支肺異形成症
c. 先天性腺腫様奇形
d. 新生児一過性過呼吸症
e. 先天性横隔膜ヘルニア

正解:d

  • b 長期間の人工換気によって生じる新生児慢性肺疾患(未熟児の肺は、人工換気による炎症性変化を受けやすい)。胸部X線で多嚢胞性または海綿様の陰影がみられる。
  • c 先天性嚢胞性腺腫様肺奇形。

 

63.小児の原発性気管支・肺腫瘍として頻度の高いのはどれか。

a. 小細胞癌
b. 肺芽腫
c. 硬化性血管腫
d. 悪性リンパ腫
e. 軟骨肉腫

正解:b

  • b 胸膜肺芽腫。1か月~12歳の小児に発生。
  • c 中年女性に好発。

 

64.乳房撮影の所見の中で,最も悪性を疑わせるのはどれか。

a. 微細線状石灰化
b. 微小円形石灰化
c. 粗大石灰化
d. 中心透亮性石灰化
e. 淡く不明瞭な石灰化

正解:a

 

65.乳房超音波検査について正しいのはどれか。

a. 3.55 MHz 程度の周波数の探触子を用いる。
b. マンモグラフィーと同等の石灰化検出が可能である。
c. 病変内部のエコー輝度の高低は周囲の正常乳腺と比較する。
d. 良性腫瘍の縦横比は高い。
e. 一般に線維成分の多い病変は高エコーを示す。

正解:e?

  • a 7.5~15 MHz
  • b 石灰化の評価はしにくい。
  • c 内部エコーのエコーレベルの評価は、周囲の乳腺組織ではなく皮下脂肪層と比較する。(乳腺細胞診カラーアトラスより)

 

66.肝細胞癌の画像所見について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 肝細胞癌境界病変はT1 強調像で低信号を示す。
b. 硬化型肝細胞癌ではdynamic CT で遅延性濃染がみられる。
c. SPIO 造影MRI で集積が認められれば肝細胞癌は否定できる。
d. 高分化型肝細胞癌には結節内門脈血流が存在する。
e. 中分化肝細胞癌では動脈造影毛細管相後期に腫瘍に連続する肝静脈が高率に描出される。

正解:b, d

  • a 異型結節はT1WIで等~高信号。
  • b 硬化型肝癌は腫瘍内の大量の線維性成分を反映して造影(CTMRI)早期相では造影効果が乏しく、後期相で遅延性濃染する傾向が強い。
  • c 肝細胞癌の分化度とSPIOの取り込みがよく相関する(SPIO造影MRIでは、異型結節、高分化型HCC、中分化型HCC、低分化型HCCと進行するにつれて結節の信号強度は上昇する)。

SPIOを用いた造影MRIは、高速SE法(脂肪抑制)T2WI、およびGRE法のT2*WIで評価する。造影前に比較して肝実質の信号が低下するため、網内系を有さない腫瘤は相対的に高信号に描出される。

 

67.脂肪を伴うことがまれなのはどれか。1 つ選べ。

a. 肝細胞癌
b. 腺腫様過形成
c. 限局性結節性過形成
d. 肝細胞腺腫
e. 肝血管筋脂肪腫

正解:c

 

68.SPIO-MRI で造影剤の取り込みを最も鋭敏に描出できるのはどれか。1 つ選べ。

a. SE 法によるT2 強調像
b. GRE 法によるT1 強調像
c. SE 法によるプロトン密度強調像
d. GRE 法によるT2*強調像
e. Single shot FSE 法によるT2 強調像

正解:d

  • SPIOはGd製剤と比較してはるかに粒子径が大きいため、MRIによる信号低下は主としてT2*緩和が支配している。T2*強調GRE法はより磁化率効果に鋭敏で、強い信号低下を得ることができる。

 

69.肝膿瘍について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 原因として経門脈性の感染経路が最も多い。
b. 膿瘍内にair を伴うことはない。
c. 肝囊胞に感染を来すことがある。
d. アメーバ性肝膿瘍では多発することが多い。
e. 白血病に伴う肝膿瘍では多発性の微小膿瘍を来すことが多い。

正解:c, e

  • a 経胆道性の頻度が最も高い。

 

70.正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 遊走脾で捻転があればRI は集積しない。
b. 脾悪性リンパ腫で,67Ga シンチでは欠損像,99mTc-サルファコロイドでは集積像を示す。
c. 脾囊胞性病変で最も頻度が高いのはエキノコッカス症である。
d. リンパ管腫症では,造影CT で,filling in 現象がある。
e. 仮性囊胞内動脈瘤のUS 所見はcyst-within-cyst appearance である。

正解:a, e

  • a脾臓が茎捻転を起こした場合、脾シンチグラフィーで描出されない場合があるとの報告あり。
  • b Gaシンチで集積する。

 

71.肝動脈塞栓術後の肝への動脈側副路として考えにくいのはどれか。1 つ選べ。

a. 右結腸動脈
b. 肋間動脈
c. 大網動脈
d. 右副腎動脈
e. 後胃動脈

正解:e

  • 右下横隔動脈、胆嚢動脈、大網動脈、右腎被膜動脈、左下横隔動脈、右内胸動脈、右肋間動脈、右下副腎動脈、左右胃動脈、右あるいは中結腸動脈、右腰動脈、左内胸動脈など。

 

72.永久塞栓物質はどれか。2 つ選べ。

a. 無水エタノール
b. ゼラチンスポンジ
c. 自己凝血塊
d. DSMDegradable Starch Microspheres
e. NBCAN-butyl cyanoacrylate

正解:a, e

 

73.肝硬変で胃腎シャントが発達し胃静脈瘤と肝性脳症がある患者の治療法として最も適当なのはどれか。1 つ選べ。

a. 部分的脾動脈塞栓術
b. 経皮経肝的静脈瘤塞栓術
c. バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO
d. 経頚静脈的肝内門脈肝静脈シャント術(TIPS
e. 内視鏡的硬化療法

正解:c

 

74.膵管癌と膵内分泌腫瘍との鑑別について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 膵内分泌腫瘍は膵管癌よりMRI T2 強調像でより高信号を呈する。
b. 腫瘍内石灰化は膵管癌でみられることが多い。
c. 膵内分泌腫瘍では主膵管の拡張はみられない。
d. 乏血性であれば膵内分泌腫瘍は否定できる。
e. 非機能性膵内分泌腫瘍では腫瘍内壊死の頻度は少ない。

正解:a

  • d 非典型例として乏血性の膵内分泌腫瘍もある。

 

75.膵内副脾の画像所見で誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 膵尾部に多い。
b. MRI T2強調像では著明な低信号となる。
c. SPIO 造影MRI が有用である。
d. 造影CT では早期相で強く染まる。
e. epidermoid cyst を伴うことがある。

正解:b

  • b T1WIでやや低信号、T2WIで周囲膵組織に比べてやや高信号の類円形の充実性腫瘤として描出される。
  • c 網内系を有し、SPIO造影MRIでは脾臓と同様に信号が低下する。
  • d 脾臓と同様の造影パターンを呈する(周囲の膵組織に比べて強い造影効果を有する多血性の腫瘤として描出される)。
  • e (epidermoid cyst = 類表皮嚢胞)

 

76.膵管内乳頭腫(intraductal papillary mucinous neoplasia)について正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 良性腫瘍であり,症状を呈さない限り切除の対象とはならない。
b. 女性の膵尾部に発生する。
c. 径数mm の細かな無数の囊胞の集簇で,血管造影上,富血性腫瘍として指摘できる。
d. 比較的厚い線維性の被膜に覆われ,顕微鏡上壁内に卵巣様間質が存在する。
e. 分枝型,主膵管型,混合型と分類され,主膵管型のほうが悪性の頻度が高い。

正解:e

  • a 主膵管型は悪性が多く、全例手術適応とする考えが多い。分枝型は拡張膵管;3 cm以上、壁在結節;6 mm以上、主膵管;拡張あり の例で悪性例が多く、手術適応とする傾向にある。

 

77.Richter ヘルニアについて正しいのはどれか。1 つ選べ。

a. 嵌頓していれば触知は容易である。
b. 画像での診断は容易である。
c. イレウス症状は軽微なことがある。
d. 腸管膜付着部側が絞扼されることが多い。
e. 腹腔鏡下手術創部に生じることは稀である。

正解:c

 

78.小腸の非上皮性腫瘍で最も頻度の高いのはどれか。1 つ選べ。

a. 平滑筋肉腫
b. 平滑筋腫
c. 神経鞘腫
d. 悪性リンパ腫
e. GIST

正解:b

  • 小腸非上皮性腫瘍では、一般に平滑筋腫が最も多い(渡辺伸介,他:小腸上皮性腫病の検討.日消外会誌 1978

 

79.捻転を起こしやすい部位はどれか。2 つ選べ。

a. 上行結腸
b. 横行結腸
c. 下行結腸
d. S 状結腸
e. 直腸

正解:b, d

 

80.腎悪性腫瘍で最も頻度が高いのはどれか。1 つ選べ。

a. 嫌色素細胞癌
b. 淡明細胞癌
c. 乳頭状腎細胞癌
d. 集合管癌
e. 紡錘細胞癌

正解:b

  • a 腎細胞癌の約5 %を占める。
  • b 約80 %
  • c 10~15 %

 

81.転移性腎腫瘍について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 腎病変が初発となることがある。
b. 原発巣の治療後,長期間を経て出現することがある。
c. 腎機能は保たれることが多い。
d. 腎盂への転移も頻度が高い。
e. 原発巣としては乳癌が最も多い。

正解:a, b, c (正解3つあり?

  • a 対側腎に転移することがある。
  • c 尿素およびクレアチニンの血中濃度の上昇は、合併症が発生した場合を除きまれ。
  • e 肺が最も多い。

 

82.腎盂腫瘍と鑑別を要するのはどれか。1 つ選べ。

a. Dromedary hump
b. Vascular impression
c. Column of Bertin
d. Cortical dysmorphism
e. Fetal lobulation

正解:c

  • a ひとこぶラクダのこぶ。脾臓に左腎上極が圧迫され、左腎中央部の輪郭が外側に突出してみえる状態。
  • c ベルタン柱(腎柱)の過形成により、腎盂内に突出した皮質が腫瘤様に描出される。
  • e 胎児性分葉。腎表面は平滑で、分葉構造の溝がみられる。

 

83.子宮筋腫がT2 強調像で低信号となる成因として,正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 石灰化
b. 粘液性変性
c. ヒアリン変性
d. 浮腫
e. 壊死

正解:a, c

  • c =硝子質変性。

 

84.婦人科救急疾患について誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 卵巣腫瘍茎捻転は良性腫瘍に生じやすい。
b. 卵巣腫瘍茎捻転では子宮は患側に偏位することが多い。
c. Fitz-Hugh-Curtis 症候群の画像所見として肝被膜の増強効果がある。
d. 黄体出血は月経周期の前半に生じる。
e. 子宮外妊娠は卵巣出血との鑑別が困難なことがある。

正解:d

  • c クラミジアによる骨盤内感染症に肝周囲炎を合併する症候群。
  • d 黄体期に生じる。(後半)

 

85.各疾患と腫瘍マーカーとの組み合わせで適切でないのはどれか。1 つ選べ。

a. 子宮内膜症:CA-125
b. 子宮頚癌:SCCCA-125
c. 子宮体癌:CA-125CEASCC
d. 漿液性囊胞腺癌:CA-125CA 72-4CA 19-9
e. 絨毛癌:hCG

正解:c

  • a 子宮内膜症ではCA125が上昇することがある。
  • c CA125、CA19-9CEA
  • d CA72-4;卵巣癌に特異性が高い。CA19-9;粘液性腺癌ではより陽性率が高い。

 

86.早期のアルツハイマー型認知症のFDG PET で集積低下部位はどれか。2 つ選べ。

a. 線条体
b. 海馬
c. 頭頂・側頭連合野
d. 前頭前野
e. 後部帯状回と楔前部

正解:c, e

 

87.脳循環測定用放射性医薬品について誤っているのはどれか。2 つ選べ。

a. 99mTc-ECD は亜急性期梗塞巣では血流を表さない。
b. 99mTc-HMPAO は標識後数時間安定である。
c. 123I-IMP は投与後5 分で脳内放射能がピークとなる。
d. 133Xe は脳から急速に洗い出される。
e. 99mTc-ECD は脳から徐々に洗い出される。

 

正解:b, c

※ ぜいたく灌流(luxury perfusion);代謝に比べて血流過剰な状態。

  • a 脳梗塞亜急性期で、血栓が溶解し自然開通している場合、123I-IMP99mTc-HMPAOでは病変部は高集積となるが、99mTc-ECDでは低集積となる。
  • b 調整直後から標識率が徐々に低下していくため、10分以内に使用するのが望ましい。
  • c 15~20分(ECDHMPAOはボーラス直後速やかにフラットになる)。

 

88.ドーパミントランスポータの画像で線条体に異常が見られないのはどれか。1 つ選べ。

a. パーキンソン病
b. レビー小体型認知症
c. 多系統萎縮症(MSA
d. 本態性振戦
e. 進行性核上性麻痺(PSP

正解:d

  • c MSA-Pでは被殻の外側凸な突出が萎縮して直線状にみえる。

 

89.心筋血流シンチグラフィの記述で誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 左室の心筋血流分布を画像表示する。
b. 運動負荷や薬剤負荷で検査し,虚血病変の描出ができる。
c. 前壁の血流低下は左前下行枝の病変を疑う。
d. 検査は管理区域内で行うが,検査終了後は退出しても良い。
e. 左室に広範囲な集積増加がある場合は重症病変である。

正解:e

 

90.123I-MIBG 心筋交感神経イメージングにおいて,心筋全体への集積が低下するのはどれか。2 つ選べ。

a. 拡張型心筋症
b. 肥大型心筋症
c. 狭心症
d. 陳旧性心筋梗塞
e. 心臓移植後(移植心)

正解:a, e

  • e 心臓移植後には心臓123I-MIBG集積は完全無集積を呈し、完全除神経の状態を反映する(時間経過とともに、前壁基部から集積が回復する)。

 

91.超急性期再潅流に成功した急性心筋梗塞症例の3 病日に安静時心筋血流シンチグラフィを行った。正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 早期像で集積が著明に低下する。
b. 早期像で集積は正常か軽度低下する。
c. 4 時間後像は早期像と同じ所見を呈する。
d. 4 時間後像は早期像より集積が低下する(洗い出し亢進)。
e. 4 時間後像は早期像より集積が増加する(洗い出し遅延)。

正解:b, d

  • AMIで再灌流に成功した症例において、洗い出しが亢進した場合には予後が良いとの報告もある。

 

92.肺換気・血流ミスマッチ欠損の原因となる疾患はどれか。1 つ選べ。

a. 喘息
b. 肺気腫
c. 気管支肺炎
d. 慢性血栓塞栓性肺高血圧症
e. 特発性肺高血圧症

正解:d

 

93.甲状腺シンチグラフィに用いられない放射性医薬品はどれか。1 つ選べ。

a. Na123I
b. 99mTcO4
c. 201TlCl
d. 18F-FDG
e. 99mTc-MAA

正解:e

 

94.甲状腺シンチグラフィに関して正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. Na123I を用いる場合はヨード制限が必要であるが,99mTcO4では不要である。
b. Na123I は経口投与であるが,99mTcO4は静脈内投与である。
c. 99mTcO4は唾液腺に集積するが,Na123I は唾液腺に集積しない。
d. 99mTcO4の投与20 分後の摂取率はNa123I の投与24 時間後の摂取率より高い。
e. Na123I は無痛性甲状腺炎の診断に有用であるが,99mTcO4は有用でない。

正解:a, b, c? (正解3つあり?

 

95.肝受容体シンチグラフィで正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. 99mTc-PMT を用いる。
b. 胆道の通過性が評価できる。
c. 肝の網内系細胞に取り込まれる。
d. 肝機能低下で心プールが持続する。
e. HH15 LHL15 などの定量指標を算出する。

正解:d, e

  • a 肝胆道シンチ。
  • b 肝予備能を評価できる。

 

96.131I-アドステロールシンチグラフィの所見について正しいのはどれか。2 つ選べ。

a. クッシング病では両側副腎への集積が増加する。
b. ホルモン産生副腎皮質癌では両側副腎は描出されない。
c. 右側副腎腺腫によるクッシング症候群では左側副腎の集積が見られる。
d. 原発性アルドステロン症ではデキサメタゾン投与後,両側副腎は描出されなくなる。
e. 結節性副腎過形成では両側副腎は描出されない。

正解:a, b

 

97誤っているのはどれか。1 つ選べ。

a. 仙骨不全骨折                            Honda sign
b. 骨転移                                      beautiful bone scan
c. 悪性腫瘍治療後                         flare phenomenon
d. 大腿骨集積                               shin sprint
e. 慢性気管支炎                            肥厚性骨関節症

正解:d

  • a Honda sign;仙骨へのH字型集積パターン。仙骨脆弱性骨折の所見。
  • c フレア現象;骨転移に対して治療を行った場合に、治癒過程で一過性に集積が増加する現象。
  • d shin splints;下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状。脛骨過労性骨膜炎。
  • e 肥厚性骨関節症;胸腔内悪性腫瘍、低酸素をきたす肺疾患などで認められる。ばち指を呈する。

 

98.骨シンチグラフィで病変部がcold を示すのはどれか。1 つ選べ。

a. 乳癌のホルモン療法後のフレア現象
b. 肺癌患者の肥厚性骨関節症
c. 掌蹠膿疱症の胸鎖関節
d. 腎性骨異栄養症のrugger-jersey spine
e. 多発性骨髄腫のpunched-out lesion

正解:e

 

99.ポジトロン放出核種でないのはどれか。2 つ選べ。

a. 11C
b. 67Ga
c. 15O
d. 18F
e. 81mKr

正解:b, e

 

100.18F-FDG の集積が低いのはどれか。1 つ選べ。

a. 腎癌の再発遠隔転移
b. 肝癌の骨転移
c. MALT リンパ腫
d. 下咽頭癌
e. 乳癌

正解:c

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。