滑膜性骨軟骨腫症(synovial chondromatosis)

・滑膜あるいは滑膜下結合組織に多数の軟骨性結節が形成される滑膜の軟骨化生性疾患。関節腔内に軟骨性結節として形成され、脱落すると多数の関節内遊離体を形成する。

・軟骨性結節は、しばしば骨化(70%)するため、(滑膜性)骨軟骨腫症という名前がついている。

・原因不明。他、変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死、離断性骨軟骨炎などの関節疾患に続発する二次性のものもある。

・関節内遊離体のサイズは1mm~3cmとさまざま。

・膝関節、肩関節、股関節、肘関節、顎関節などに見られる。

・腫瘍性病変ではない。

・20-40歳代の男性に多い。男女比は2:1。

・有痛性の関節周囲の腫脹、緩徐に進行する疼痛、関節可動域制限として認識されることあり。

・関節水腫は認めないか、認めても少量。

・末期には二次性の変形性関節症に移行する。



滑膜性骨軟骨腫症の画像所見

・単純X線で関節裂隙の拡大、関節包内部に多数の点状〜斑点状の石灰化が見られるのが特徴。

・ただし石灰化や骨化が見られない症例もあり、単純X線のみでは診断できないケースもある。

・MRIでは、軟骨性結節はT1WIで低信号、T2WIで高信号(軟骨なので)を呈する分葉状の形態。辺縁および内部に隔壁状に造影される。

関節内遊離体の原因と個数

  • 離断性骨軟骨炎:単数
  • 滑膜性骨軟骨腫症:多数
  • 骨軟骨骨折:単数〜多数
  • 変形性関節症:まれ。ないことが多い。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。