問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

56,40 歳代の男性。腹痛と嘔吐を主訴に来院し,緊急精査となった。腹部造影 CT(動脈優 位相)を示す。
原因として考えられないのはどれか。1 つ選べ。

a  小腸癌
b  腸管脂肪腫
c  大腸ポリープ
d  悪性リンパ腫
e  Peutz-Jeghers 症候群

56の解答:c

  • 小腸重積になっている。a,b,dはいずれもその原因になると考えられる。
  • Peutz-Jeghers症候群も小腸に多発ポリープを生じ、重積の原因となる。

参考)Peutz-Jeghers症候群の症状、合併症、治療

57,60 歳代の女性。腹部超音波検査および CT で右腎の異常を指摘され,精査を目的に入院 した。右腎動脈造影像を示す。
徴候として起こりにくいのはどれか。1 つ選べ。

a  血尿
b  発熱
c  側腹部痛
d  外頸静脈怒張
e  労作時呼吸困難

57の解答:d→b

  • 腎動脈造影にて拡張した血管から下大静脈の描出あり。腎動静脈奇形を疑う。

放射線科医先生から

renal AVFの合併症としてhigh-output heart failureが知られています。jugular vein distensionも起こります。この症例では「発熱」が関係が薄いのではないでしょうか。参考文献”High-output heart failure secondary to arteriovenous fistula”Hemodial Int. 2011 Jan;15(1):104-7. doi: 10.1111/j.1542-4758.2010.00518.x. Epub 2011 Jan 12.

ありがとうございました。

参考)腎動静脈奇形・瘻の画像診断、症状、分類、治療

58,30 歳代の男性。下血を主訴に来院し精査となった。腹部 CT を示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  結節性硬化症
b  神経線維腫症 1 型
c  von Hippel-Lindau 病
d  Peutz-Jeghers 症候群
e  Cronkhite-Canada 症候群

58の解答:b?

  • 皮下に結節あり。腹腔内(小腸内か)に造影される結節ありか。

参考)神経線維腫症Ⅰ型(NF1)の症状、合併症、頻度

59,50 歳代の女性。高血圧の精査を目的に入院した。2 本の右腎動脈造影を示す。
同様の異常所見が見られやすいのはどれか。2 つ選べ。

a  頸動脈
b  椎骨動脈
c  冠動脈
d  肝動脈
e  脾動脈

59の解答:a,b

  • 腎動脈の近位には狭窄がないが、遠位側には数珠状の狭窄あり。線維筋異形成(FMD:fibromuscular dysplasia)を疑う所見。
  • FMDの腎動脈以外の好発部位は。頸動脈、椎骨動脈らしい。

参考)腎血管性高血圧の原因と狭窄部位、線維筋性異形成

60,CT ガイド下肺生検を示す。
施行手技による合併症として頻度が高いのはどれか。2 つ選べ。

a  気胸
b  血胸
c  空気塞栓
d  腫瘍播種
e  肺胞内出血

60の解答:a,e

  • CT下ガイド下肺生検の頻度が高い合併症は肺胞内出血と気胸。
  • 他のものもありうるが頻度は低い。合併症は、気胸、血痰、出血、播種、空気塞栓による脳梗塞・心筋梗塞。

参考)2014年放射線科専門医問題&解答解説【診断61-65】の64

2014年トップに戻る。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。