問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

51,60 歳代の女性。健診の超音波検査で腹部腫瘤を指摘され精査となった。症状はない。 ダイナミック MRI(造影前,動脈優位相および平衡相)と MRCP とを示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  膵粘液癌
b  リンパ上皮囊胞
c  漿液性囊胞腫瘍
d  神経内分泌腫瘍
e  膵腺扁平上皮癌

51の解答:c

  • 膵頭部に緩徐に造影される腫瘤あり。MRCPにて高信号を呈しており、「染まる水」であるSCNの特徴。

参考)漿液性嚢胞腫瘍(SCN)の画像診断

52,40 歳代の女性。骨盤部 T2 強調横断像を示す。
徴候として本例で伴なっているのはどれか。1 つ選べ。

a  高血圧
b  膀胱脱
c  膀胱内出血
d  骨盤内鬱血
e  反復性尿路感染

52の解答:e

  • 恥骨背側に嚢胞性病変あり。尿道憩室を疑う所見。

参考)尿道憩室の画像診断

53,60 歳代の男性。虚血性心筋症による心不全および不整脈の治療中である。血清肝酵素値 の上昇を認めたため精査となった。貧血は認めない。このときの腹部単純 CT を示す。
薬剤性肝障害が考えられたため,投与中の薬剤が中止された。中止後 3 か月の腹部単純 CT も示す。
初回 CT における異常所見の原因として考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  金
b  鉄
c  亜鉛
d  ヨウ素
e  カルシウム

53の解答:d

  • 肝にびまん性高吸収あり。心不全および不整脈治療中とのことで、アミオダロン肝を疑う所見。

参考)
肝のびまん性高吸収の鑑別(肝がCTで白いとき)
アミオダロン肝のCT画像診断

54,30 歳代の男性。検診の胸部 X 線撮影で異常を指摘され,精査を目的に来院した。腹部単 純 CT の横断像(3 スライス)を示す。
可能性が最も高いのはどれか。1 つ選べ。

a  肝硬変
b  異所性脾臓
c  奇静脈連結
d  悪性リンパ腫
e  下大静脈走行異常

54の解答:c

  • 肝部の下大静脈を認めず。

参考)下大静脈奇静脈連結の画像診断

55,50 歳代の女性。検診の腹部超音波検査で膵頭部に腫瘤を指摘され,精査を目的に来院 した。腹部ダイナミック CT(造影早期相)を示す。
疾患として可能性が低いのはどれか。1 つ選べ。

a  SCN(serous cystic neoplasm)
b  AVM(arteriovenous malformation)
c  SPN(solid pseudopapillary neoplasm)
d  PNET(pancreatic neuroendocrine tumor)
e  metastasis from RCC(renal cell carcinoma)

55の解答:c

  • 膵頭部に多血性腫瘤あり。
  • SCNは「染まる水」なので染まってよい。
  • AVMも造影される。
  • PNETは多血性膵腫瘍の代表。
  • 転移であっても、元の腫瘍が多血性であるRCCも多血性となる。

2014年トップに戻る。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。