問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

41,2 歳の男児。数日前からの咳嗽と喘鳴とを主訴に受診した。来院時の胸部 X 線写真を示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  胸水が貯留している。
b  右肺の虚脱を認める。
c  縦隔陰影は左側へ偏位している。
d  側面像の撮影が診断に有用である。
e  吸気および呼気撮影が診断に有用である。

41の解答:e,b

  • 右の肺野の全体的な透過性低下あり。異物誤嚥か。2歳の子供にeが可能かどうかは別にしてeか。

参考)気管支異物とは?症状、原因、レントゲン画像(異物誤飲)まとめ

42,生後第 2 週の男児。嘔吐を主訴に受診した。吐物は胆汁性であることから,腹部超音波 検査が施行された。上腹部カラードプラ写真(横断像)を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  腸重積
b  胃軸捻転
c  十二指腸閉鎖
d  肥厚性幽門狭窄症
e  腸回転異常症および中腸軸捻転

42の解答:e

参考)中腸回転異常の画像診断

43,新生児。胎児超音波検査にて脳室拡大を指摘されていた。生後 1 日に施行された頭部単 純 CT を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  脳室内出血
b  結節性硬化症
c  Dandy-Walker 奇形
d  Sturge-Weber 症候群
e  先天性サイトメガロウイルス感染症

43の解答:e

  • 両側側脳室の著明な拡張および脳室周囲に石灰化あり。
  • 先天性サイトメガロウイルス感染症:脳室周囲石灰化が特徴的。参考)トキソプラズマ症では実質内に石灰化ができる。
  • Dandy-Walker 奇形(症候群):第4脳室の嚢胞と小脳虫部の低形成からなる。水頭症を合併することがある。

44,80 歳代の女性。2 日前から腹痛があり,嘔吐が出現し始めたため来院した。胃癌の手術歴がある。腹部単純 CT を示す。処置・対応として適切なのはどれか。1 つ選べ。

a  造影 CT にて腫瘤性病変や血管性病変を検索する。
b  イレウス管を留置し,24 時間後に CT で再検する。
c  イレウス管造影にて閉塞部位を検索する。
d  緊急血管造影を考慮する。
e  緊急外科手術を考慮する。

44の解答:e

  • 左の閉鎖孔に腸管あり。閉鎖孔ヘルニアの所見。緊急手術が必要。

参考)閉鎖孔ヘルニアの画像診断

45,50 歳代の男性。潰瘍性大腸炎の経過観察中に肝胆膵領域の MRI が施行された。MRCP を示す。
この病態に合併する頻度が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  膵炎
b  脂肪肝
c  胆囊結石
d  胆管細胞癌
e  原発性肝細胞癌

45の解答:d

  • MRCPにて胆管の多発狭窄(数珠状)、限局性拡張あり。潰瘍性大腸炎もあり原発性硬化性胆管炎(PSC)を疑う。PSCに合併しやすいので、胆管癌、PBCに合併しやすいのがHCC。

参考)原発性硬化性胆管炎(PSC)

2014年トップに戻る。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。