問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

26,60 歳代の女性。1 か月前の 7 月下旬から,乾性咳嗽,発熱および呼吸困難を認めるよう になり来院した。精査を目的に施行した肺の高分解能 CT を示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  粟粒結核
b  過敏性肺炎
c  サルコイドーシス
d  特発性間質性肺炎
e  びまん性汎細気管支炎

26の解答:b

  • 小葉中心性の淡い結節影が両側びまん性にあり。aやeの可能性もゼロではないが、分布は小葉中心性であり、またエピソード(7月、1ヶ月前から)からも過敏性肺臓炎が最も疑わしい。

参考)過敏性肺臓炎の画像診断

27,90 歳代の男性。重症の肺炎にて加療中,敗血症となった。抗菌薬投与にて回復しつつ あったが,呼吸困難感が突然出現し,PaO2 も低下した。胸部ポータブル写真を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  肺出血
b  感染性肺塞栓
c  心原性肺水腫
d  慢性好酸球性肺炎
e  急性呼吸促迫症候群

27の解答:e?

参考)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の画像診断

28,10 歳代後半の女子。学校健診の胸部 X 線撮影にて異常陰影を指摘され来院した。 症状は特にない。肺野条件の胸部単純 CT(横断像,冠状断像)を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  肺水腫
b  肺胞蛋白症
c  過敏性肺炎
d  非特異性間質性肺炎
e  ニューモシスチス肺炎

28の解答:b

参考)
crazy-paving pattern/appearanceとは?

29,70 歳代の男性。胸部異常陰影を指摘された。特に症状はない。胸部 X 線写真と胸部 CT (肺野条件)とを示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  肺結核
b  じん肺
c  血行性肺転移
d  癌性リンパ管症
e  サルコイドーシス

29の解答:b

  • 両側上肺野優位に境界明瞭な多発結節あり。

参考)珪肺(silicosis)の画像診断

30,10 歳代後半の女性。2 日前から発熱と咳嗽が出現し来院した。20 日前から喫煙を開始 している。胸部 X 線写真と胸部 CT(肺野条件)を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

a  過敏性肺炎
b  非心原性肺水腫
c  サルコイドーシス
d  特発性器質化肺炎
e  急性好酸球性肺炎

30の解答:e

  • 急性好酸球性肺炎はほとんどの症例で2週間以内に喫煙を開始した既往あり。
AEPの画像所見
  • CEPと異なりランダムに分布。肺の内層優位に分布する。
  • びまん性すりガラス影広義間質肥厚(小葉間隔壁の肥厚。気管支血管束の肥厚)が特徴。これに加え、結節影や小粒状影を伴うことが多い。

参考)急性好酸球性肺炎の画像診断

2014年トップに戻る。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。