問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

16,50 歳代の女性。頭痛を主訴に来院した。精査の目的で撮像した MRI の T1 強調横断像を 示す。
異常所見の成因として考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  肺癌
b  肝硬変
c  もやもや病
d  多発性硬化症
e  浸透圧性脳症

16の解答:b

  • 両側淡蒼球にT1WIにて高信号あり。

参考)淡蒼球を中心とした基底核にT1強調像で高信号を呈する鑑別疾患

17,70 歳代の男性。頭頂部付近の頭部 MRI の FLAIR 像を示す。
中心前回はどれか。1 つ選べ。

a  1
b  2
c  3
d  4
e  5

17の解答:c

参考)中心溝の同定方法

18,30 歳代の女性。SLE で経過観察中に意識レベルが低下し緊急搬送された。四肢の固縮, 眼球運動障害,視野障害および視力障害を伴う。頭部 MRI の FLAIR 像を示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。

a  MELAS
b  転移性脳腫瘍
c  静脈洞血栓症
d  進行性多巣性白質脳症
e  posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)

18の解答:e(d?)

  • 両側後頭葉および小脳半球にFLAIRで異常高信号あり。異常高信号はU-fiberにも及んでいる。

参考)
PRESの画像診断
・進行性多巣性白質脳症の画像診断

19,70 歳代の女性。認知症で受診し精査となった。MRI の T1 強調像を示す。
可能性が最も高いのはどれか。1 つ選べ。

a  Alzheimer 病
b  多発脳梗塞
c  Parkinson 病
d  進行性核上性麻痺
e  特発性正常圧水頭症

19の解答:e

  • 前頭葉および側頭葉の著明な萎縮の割に、高位円蓋部は脳溝は非常にtight。いわゆるDESHの所見。

参考)正常圧水頭症の画像診断

20,満期産出生,生後 3 か月の女児。検診で発達の遅れを指摘され精査となった。頭部 MRI の T1 強調像を示す。
髄鞘化しているのはどれか。2 つ選べ。

a  視放線
b  脳梁膝部
c  内包前脚
d  内包後脚
e  前頭葉白質

20の解答:a,d

髄鞘化の年齢と部位の関係
  • 生後3ヶ月までに髄鞘化:小脳白質、内包後脚、側脳室周囲、中心溝周囲白質。
  • 生後6ヶ月までに髄鞘化:視放線、脳梁膨大部。

※脳MRIの正常解剖は、脳MRI正常解剖ツールを使ってください。

参考)髄鞘化のMRI画像診断と年齢(myelination、発達、遅延)

2014年トップに戻る。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。