骨転移の放射線治療2012,2011

  • 疼痛改善率は 70~80% 程度である。○
  • 疼痛緩和効果が最大となるのは照射後4週以降である。
    ※直後ではない。
  • 放射線抵抗性の腫瘍の骨転移でも適応となる。
  • 溶骨性病変の骨再生には治療終了後数ヶ月以上必要である。○2−6ヶ月。
  • 放射線治療の際は,30 Gy/10 回で照射されることが多い。
  • 8 Gy1 回照射30 Gy10 回照射と比較して疼痛緩和効果は同等である。
    ※20Gy5回、40Gy20回の4通りあるが、効果は同じ。
    ※8Gy、20Gyでは低線量であり、再照射の必要性が増えてしまう。そのため予後が半年厳しいと判断した場合などに用いられる。食道癌や膵臓癌の骨転移がこれに当たる。
  • 脊髄麻痺が生じた場合は緊急照射の適応がある。
  • ビスフォスホネート剤は骨転移の治療に有効である。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら