問題原本はこちらからご覧ください。

基礎(1-15)

1.
図はエックス線発生装置を示している。エックス線発生過程の説明文の括弧に入る用語の組み合わせとして正しいのはどれか。1 つ選べ。
1.フィラメントから(A)が放出される。
2.(A)が高電圧により加速され(B)に衝突する。
3.エックス線が発生する。
(A)         (B)
a 熱電子       カソード
b 熱電子       ターゲット
c 陽電子       陽極
d 自由電子      アノード
e 自由電子      陰極

xsenhassei1

解答 :b

 

xray

カソード

カソード(英: Cathode、独: Kathode)は、外部回路へ電流が流れ出す電極のこと。外部回路から電子が流れ込む電極とも言える。真空管や電気分解では陰極、電池の場合は正極 (+) とも呼ばれる。(wikipedia)

アノード

アノード(Anode) とは、外部回路から電流が流れ込む電極のこと。外部回路へ電子が流れ出す電極とも言える。

真空管や電気分解では陽極、電池の場合は負極(-) とも呼ばれる。 なお、真空管では構造上プレートと呼ばれることが多い。(wikipedia)

 

2.
MRI について誤っているのはどれか。1つ選べ。
a T1 緩和時間は T2 緩和時間よりも長い。
b 1.5T 以上の高磁場装置は超伝導装置が多い。
c 拡散強調画像において脳脊髄液は高信号となる。
d 外国に比べてわが国は永久磁石装置の普及率が高い。
e 超電導磁石の冷却は液体ヘリウムによって行われている。

解答:c
拡散強調画像における脳脊髄液
  • 図のように脳脊髄液は抜けて低信号を呈する。

diffusionofbrain

T1 緩和時間とT2 緩和時間

kanwajikan

 

3.
CT(Computed Tomography)について誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a CT dose index とは照射線量の指標である。
b 単純 CT で甲状腺の CT 値は 100 HU 前後である。
c 骨皮質の CT 値は 1000 HU を超える場合がある。
d 水(脳脊髄液など)の CT 値はほぼ 0(ゼロ)HU である。
e 検出器チャンネルの不具合でリングアーチファクトが生じる。

解答:a
a:照射線量×→吸収線量。
CT dose index(CT線量指数)

CT dose index (CTDI) is a standardized measure of radiation dose output of a CT scanner which allows the user to compare radiation output of different CT scanners. In the past CTDI100 (measured over a 100 mm long ionization chamber) and CTDI(weighted average of dose across a single slice) were used; for helical scanners in current use, the parameter CTDIvol  the most relevant one. (Radiopedia.org)

  • 被ばくを左右するCTのパラメータは、管電流mA、管電圧kV、管電流時間積mAs、ヘリカルピッチ、スライス厚、フィルタ、撮像範囲などによる。
  • ただし、結局どれだけの線量を被ばくするかがこれではわからないので、他施設との比較や他種との比較に、これらの要素を全て加味した指標が欲しい。そこで、でてきたのが、CT dose index(CT線量指数)である。
  • 上記パラメータを加味し、局所線量を数値化したもの(厳密には1回転あたりの線量の数値化)。他施設の値と比較すればよい、便利なものさし代わりになり、被ばく線量の指標となる。
  • わかりやすいページ→CTDI,DLPと実際の患者被ばくとの違い
照射線量
  • 照射線量(C/kg):ある場所における空気を電離する能力を表す量。エックス線装置や放射性同位元素などから発生する放射線の総量
CT値
  • X線が人体を通過するときに減弱する割合をいう。水は0、骨を+1000、空気を–1000とし、他の組織を相対的に表す。
  • 甲状腺のCT値は100〜120と臓器の中では最も高い
  • 脂肪のCT値は-100〜-120と最も低い。
  • 他、肝臓40-70、膵臓30-50、腎臓40-60、副腎20-40、血液0-12、血腫60-90、肺-500~-900、大脳灰白質35-50、白質20-35。
  • また骨のCT値は、エナメル質で2000~、象牙質で1200~1800、皮質骨で1000~1500と高値を示す。
  • いずれも単位はHU(Hounsfield Unit)。CT開発者の名前を取っている。
各臓器のCT値の目安

CThousfieldunit

CTのアーチファクト
  • モーションアーチファクト
  • 金属アーチファクト
  • リングアーチファクト:装置の特性や故障に起因するアーチファクト
  • partial volume effectによるアーチファクト
  • X線の線質であるビームハードニングやファン角、コーン角に起因するアーチファクト
  • ヘリカルアーチファクト:ヘリカル軌道の補間再構成で生じる。

このほか、画像の形状から名前が付けられるものには、階段状アーチファクト、風車状アーチファクトがある。

 

4.
図はエックス線のエネルギーによる相互作用の確率を示している。A,B,C はそれぞれどの反応を示しているか。適切な組み合わせを1つ選べ。

ganmaray

解答:b

ganmaray2

※電子対形成→電子対生成の誤りです。

ガンマ線を検出する機構
  • 光電効果、コンプトン効果、電子対生成の3種類がある。
  • どれを用いるかはエネルギーにより決まる。
  • 0.1MeV以下→光電効果、数MeV以上→電子対生成、その間がコンプトン効果
  • 光電効果は低エネルギーγ線で起こりやすい→主な吸収要因となるのは診断用X線
  • 治療用X線は数 MV から十数 MVのエネルギーを有しており、このエネルギー帯での吸収は主にコンプトン散乱である。

 

5.
エックス線と比較した場合に高 LET 放射線の特徴で正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 酸素効果が大きい。
b 生存曲線の肩が大きい。
c 直接作用が主体である。
d 細胞周期依存性が低い。
e 組織内で散乱しながら進行する。

解答:c,d

 

  • a:× 酸素効果が小さい。
  • b:×
  • e:×
高LET放射線の特徴(過去問より)
  • 高 LET 放射線では線量率効果は小さい。
    線量率効果とは「一度に大量の放射線を浴びるよりは、低線量で長い間少しずつ放射線を浴びた方が生物学的影響も少しずつ徐々に現れてくるのが一般的である」というもの。これは低LET放射線の場合に当てはまる。
  • 高 LET 放射線の DNA 損傷は直接作用が主体である。
  • 高 LET 放射線は低 LET 放射線に比して DNA の二重鎖切断を起こしやすい。
  • 高 LET 線は細胞周期により感受性に差がほとんどない。
  • 高 LET 放射線では低 LET 放射線より酸素効果が小さい。
    ※酸素効果はLETに反比例する。
各種放射線のLET(KeV/μm)
  • Co-60 γ線  0.2
  • 250-KV X線  2.0
  • 10-MeV 陽子線 4.7
  • 14-MeV 中性子線 100
  • 2.5-MeV α粒子線 166
  • 2-GeV Feイオン線 1000

 

  • α線、重荷電イオン、中性子>陽子線>電子線、γ線、X線
  • 光子線(γ線・X線):エネルギーが低いほどLETが高い。診断用X線は治療用X線よりも高LET。

 

6.
放射線治療で起こりうる有害事象で α/β 比(LQ モデル)が大きいのはどれか。2つ選べ。
a 脱毛
b 咽頭炎
c 脳壊死
d 白内障
e 腎硬化症

解答:a,b
  • 下記より、 α/β 比が大きい→早期反応を選べということ。a、bは早期反応。
 α/β 比
  • αは直線の要素。βは曲線の要素。
  • αは1つの放射線で2本鎖DNAが切断される。βは2つ。
  • α/β は放射線の種類・細胞の種類により異なる。
  • 細胞の種類では、早期反応が一般に α/β 比が大きく、晩期反応が小さい。
  • 早期反応は、皮膚(落屑)、毛包(脱毛)、口唇、大腸、睾丸、脾臓に起こりやすい。
  • 晩期反応は、脊髄麻痺、大脳壊死、白内障、腎機能障害、肺線維症などあり。

 

7.
通常分割照射における小腸(体積 1/3)の耐容線量(TD5/5)はどれか。1
つ選べ。
a 20 Gy
b 30 Gy
c 40 Gy
d 50 Gy
e 60 Gy

解答:d

 

放射線耐容線量

TD5/5 Gyとは5年間で5%に副作用を生ずる線量。さらに体積1/3,2/3,3/3で異なる。

  • 水晶体は10Gy
  • 腎は20Gy 腎(じん=2)
  • 肝は30Gy 肝(かん=さん 3)
  • 心臓は40Gy 心(しん=4)
  • 脊髄は45-55Gy これは治療のところで出てくる。脊髄は50Gyくらいと覚える。
  • 脳 50-60Gy
  • 小腸 40〜50Gy
  • 大腸 50〜60Gy
  • 皮膚 90〜100Gy
  • 網膜 40Gy

※皮膚は最強。脳も強い。
※小<大腸の方が強い。

 

8,
通常分割照射と比較した場合,加速過分割(多分割)照射で正しいのはどれか。1 つ選べ。

a 総線量が多い。
b 1 回線量が多い。
c 照射日数が多い。
d 照射期間が短い。
e 照射回数が少ない。

解答:d
加速過分割照射
  • 放射線治療と次の放射線治療との間に生じる腫瘍細胞の再増殖を阻止し、短期間で治療を終わらせることを目的としている。
  • 通常分割照射と比較して、総線量は同じ。1回線量は少ない。照射期間は短い。照射回数は多い
  • 限局性小細胞肺癌などで用いられる。

 

9,
電離放射線の人体への影響として正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 発癌は確定的影響である。
b 不妊は確率的影響である。
c 白内障発生は確率的影響である。
d 発癌の悪性度は線量に依存する。
e 確率的影響に明確なしきい値は存在しない。

解答:e
  • a:確率的
  • b,c:確定的
  • d:依存しない

参考)放射線被ばくの確定的影響と確率的影響

 

10,
ヨード造影剤使用の際に副作用のリスクをあげる薬剤はどれか。2 つ選べ。
a チアミン
b コルヒチン
c アスコルビン酸
d ビグアナイド系糖尿病薬
e 非ステロイド系抗炎症薬

解答:d,e

参考)CT造影剤(ヨード)を行なうにあたり注意すべき服用中の薬剤とは?

 

11,
医療被ばくについて正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 線量限度が設けられている。
b 放射線治療による被ばくを含む。
c 原子力災害による被ばくを含む。
d 自然放射線による被ばくを含む。
e 日本ではおおよそ年間 1 mSv である。

解答:b
被ばくの区分
  • 職業被ばく:線量制限あり。実効線量100mSv/5年を超えない、ただし、50mSv/年を超えない。
  • 公衆被ばく:線量制限あり。(年1mSvが限度)
  • 医療被ばく:患者の被ばく、ボランティア、患者の介護に伴う被ばくを含む。線量制限なし。
  • 医師や看護師、放射性廃棄物処理業者の被ばくは医療被ばくではなくて、職業被ばく。★

 

12,
Sv(シーベルト)以外の単位を用いる評価量はどれか。2 つ選べ。
a 吸収線量
b 実効線量
c 線量限度
d 等価線量
e 放射能量

解答:a,e
  • a:吸収線量(Gy=J/kg)
  • b,d : Sv
  • c : 線量限度(mSv)→参考)コトバンク
  • e : 放射能量(Bq:ベクレル)

参考)放射線の単位

 

13,
小児の腹部 CT における被ばく低減策として誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 管電流を下げる。
b 管電圧を下げる。
c スキャン範囲を限定する。
d ピッチファクターを小さくする。
e Automatic Exposure Control(AEC)を活用する。

解答:d

過去問通り。

参考)

 

14,
遠隔画像診断について正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 診療ではなく応談(コンサルテーション)である。
b 画像は遠隔画像診断側にも保存の義務がある。
c 診断する画像は匿名化した状態で伝送して匿名化のまま読影する。
d 読影に不足する情報を依頼側から随時取得できる体制が必要である。
e 緊急処置を要する所見を発見してもレポートに記載すれば迅速な直接連絡は必要
ない。

解答:d
  • b : システムによっては保存できない。
  • c : 年齢性別、患者名も表示される。
  • e : 迅速に電話にて伝える必要がある。

 

15,
DICOM 規格について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 通信を規定している。
b ヘッダーは規定していない。
c ISO 認定の国際標準規格ではない。
d 一種類の画像形式のみ使用可能である。
e 放射線画像検査以外には使用できない。

15の解答:a

DICOM(ダイコム)とは、Digital Imaging and COmmunication in Medicineの略で、米国放射線学会 (ACR) と北米電子機器工業会 (NEMA) が開発した、CTMRICRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のことである。

 

画像を主とするものの、画像に限らず、ありとあらゆるデータを内包できるようになっている 。

 

画像以外の情報も内包可能なため、超音波診断装置などでは、画像に加えて心拍などの音声データを内包している場合もある。また、この音声データと、前述のマルチフレーム等の画像データをパラパラアニメのようにし、同時再生することにより音声付き動画データとして扱うことも可能である。

(wikipedia)

  • ISO: International Organization for Standardization(国際標準化機構)
  • ISO認定→ISOのサイト

 

診断(16-70)

16,
上咽頭癌の TNM 分類において T4 となる進展領域はどれか。2 つ選べ。
a 眼窩
b 副鼻腔
c 下咽頭
d 頭蓋底(骨)
e 傍咽頭間隙

解答:a,c

T2:e
T3:b,d

上咽頭癌の病期分類

上咽頭癌T分類(UICC 2009)

  • T1 上咽頭に限局 or 中咽頭 and/or 鼻腔進展
  • T2 傍咽頭間隙に進展*
  • T3 頭蓋底骨組織 and/or 副鼻腔に進展
  • T4 頭蓋内進展 and/or 脳神経・下咽頭・眼窩 or 側頭下窩・咀嚼間隙に進展

*傍咽頭間隙への進展=後外側への進展

  • T2aであった中咽頭・鼻腔進展がT1へ区分
  • T2は傍咽頭間隙進展で統一された。
  • 上咽頭癌の骨浸潤は、主に2つ。頭蓋底への直接浸潤、後方へ進展して、頸椎に進展するパターン。

※特にT2が大事
※Rosenmüller 窩への進展は傍咽頭間隙にも到達していないので、T1。

 

17,
頭頸部の拡散強調画像で高信号を示すことが多いのはどれか。2 つ選べ。
a 神経鞘腫
b 側頸囊胞
c 中耳真珠腫
d 悪性リンパ腫
e リンパ管腫(リンパ管奇形)

解答:c,d

参考)

 

18,
成人の脊髄内腫瘍として最も多いのはどれか。1 つ選べ。
a 膠芽腫
b 上衣腫
c 血管芽腫
d 神経節膠腫
e 悪性リンパ腫

解答:b

参考)脊髄髄内腫瘍の鑑別診断

 

19,
骨が膨脹(腫大)するのはどれか。2 つ選べ。
a 線維性骨異形成
b 骨軟化症
c Paget 病
d 骨挫傷
e 骨梗塞

解答:a,c
骨Paget病
  • 中年から高齢者に好発する。人口の1-2%。
  • 原因は不明。パラミクソウイルスによるslow virus infectionや遺伝子異常とも言われる。
  • 症状は、疼痛、局所の熱感、骨病変。頭痛は夜間に多い。
  • 血液検査所見では、ALP高値が見られる。また尿中ハイドロキシプロリンが上昇。
  • 合併症は、病的骨折や骨腫瘍の発生。罹患骨の血流増加による心肥大。
  • 骨Paget病に発生する腫瘍は、骨肉腫、線維肉腫、悪性線維性組織球腫。
  • 破骨細胞活性→溶骨性変化(初期)→造骨細胞活性が混在(中期)→造骨性変化(後期)が優位となる順に進行する。
  • 初期:頭蓋骨で骨硬化を伴わない大きな溶骨性変化=osteoporosis circumscripta
  • 後期:骨皮質の肥厚に加えて骨全体が大きくなる。椎体では、picture frameと呼ばれる骨皮質の対称性肥厚。この時期は、骨シンチで集積。
  • 治療はビスホスフォネート。

 

20,
脊椎骨折の画像検査について誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 単純 X 線撮影は 2 方向撮影が基本である。
b 単純 X 線撮影は高齢者での骨折の評価に適している。
c MRI は骨折の新旧を評価することができる。
d CT では再構成画像が骨折の形態評価に有用である。
e CT が先行した場合は単純 X 線撮影は省略できる。

解答:b?

 

21,
単純 X 線写真において膨張性骨転移(expansile bone metastasis)をきたす悪性腫瘍と
して,頻度が最も高いのはどれか。1 つ選べ。
a 胃癌
b 膵癌
c 腎癌
d 胆囊癌
e 膀胱癌

解答:c
  • 膨張性骨転移(expansile bone metastasis):腎癌や甲状腺癌、肺癌。

 

22,
Baker 囊胞が接するのはどれか。1 つ選べ。
a 縫工筋
b 半腱様筋
c 大腿二頭筋
d 腓腹筋外側頭
e 腓腹筋内側頭

解答:e
  • Baker嚢胞:腓腹筋内側頭と半膜様筋腱の間にある滑液包に液体貯留したもの。

関連)Baker嚢胞とは?MRI画像診断のポイントは?

 

23,
膝の半月板について誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 円板状半月板は外側に多い。
b 半月板辺縁部 1/4 には血行(red zone)がある。
c 外側半月板の前角と後角の幅はほぼ等しい。
d 内側半月板は外側半月板より可動性が大きい。
e 外側半月板は,内側半月板に比し,より C 字に近い形態である。

解答:c→d

※がまの油さんご指摘ありがとうございました。

内側半月板(MM)と外側半月板(LM)
  • 内側半月板は半径は大きく開き気味で、後節は大きい。
  • 外側半月板は半径は小さく、より閉じたC字型に近い。

meniscus

  • 外側の1/3は血行があるので、red zoneと呼ばれる。そこに生じた辺縁断裂は自然治癒も期待される。

meniscus1

  • 内側半月板は関節包に全周が付着している。一方外側半月板は後角と関節包の間には、スペースがある(膝窩筋腱鞘)。

参考)内側半月板(MM)と外側半月板(LM)断裂のMRI画像診断総論

 

24,
単純 X 線写真で骨硬化像を示すことが少ないのはどれか。1 つ選べ。
a 骨肉腫
b 類骨骨腫
c 骨巨細胞腫
d 乳癌骨転移
e 前立腺癌骨転移

解答:c
  • 骨巨細胞腫:長管骨の骨幹端から骨端に及ぶ大きな骨吸収像を示す。

参考)類骨骨腫(類骨腫)の画像診断

 

25,
トルコ鞍部および傍鞍部の病変について正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 若年女性では下垂体の腫大を認める。
b 視神経膠腫の組織型は膠芽腫が最も多い。
c ラトケ囊胞は T2 強調像で均一な高信号を呈する。
d ACTH 産生下垂体腺腫のほとんどは巨大腺腫である。
e リンパ球性下垂体炎が鞍上部に進展することは稀である。

解答:a
  • b:膠芽腫(grade4)→pilocytic astrocytoma(grade1)
  • c:ラトケ嚢胞は、T2WIで高信号を呈することが多いが、半数以上の症例で、内部に増強効果のない嚢胞内結節が認められ、T1強調像で高信号、T2強調像で低信号を示す。つまり、均一な高信号を示すとはいえない。
  • d:ACTH産生腺腫(Cushing病)のほとんどは、microadenoma。MRで検出できるのは1/3-2/3。静脈洞サンプリングが有用(海綿状脈洞に直にマイクロカテーテルを入れる)。
視神経膠腫(optic glioma)
  • グリア細胞由来の腫瘍。
  • 2/3はpilocytic astrocytoma。つまりgradeⅠ。
  • 15-40%は神経線維腫症1型に生じ、この場合は多くは両側性。
  • 好発年齢は2-8歳。9割以上は20歳までに生じる。
  • 成人例では急速なサイズ増大をきたす事がある。

参考)

 

26,
髄膜腫の画像所見について誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 髄膜腫は脳室内に発生することがある。
b dural tail sign は髄膜腫に特異的である。
c 硬膜付着部近傍に骨過形成を伴うことが多い。
d 腫瘍に近接する副鼻腔が拡張することがある。
e 神経線維腫症 2 型ではしばしば多発性にみられる。

解答:b
神経線維腫症2型(NF-2,neurofibromatosis with bilateral acoustic schwannomas)
  • 両側聴神経鞘腫(90~95%)および他の脳神経(主に第3,5,7脳神経)鞘腫(約50%),髄膜腫(約50~60%)が見られる。
  • 脊髄病変(神経鞘腫、上衣腫、髄膜腫など)の合併にも注意が必要。

 

27,
画像所見として脳実質外腫瘍を示唆するのはどれか。2 つ選べ。
a 脳回の腫大
b 脳溝の狭小化
c くも膜下腔の開大
d 皮質動脈の頭蓋骨への接近
e 皮質静脈の頭蓋骨からの開離

解答:c,e
脳実質外腫瘍

extraaxialtumor

  • 硬膜 → dural tail enhancement
  • くも膜下腔→CSF cleft
  • 脳血管 →CSF cleft内のflow void
  • 脳実質 →white matter buckling(腫瘍により脳実質が圧排されている)

参考)脳実質内腫瘍(intra-axial)か脳実質外腫瘍(extra-axial)かの鑑別

 

28,
Chiari 奇形 I 型について正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 後頭蓋窩の低形成を伴う。
b 常染色体優性遺伝である。
c 脊髄空洞症を高率に合併する。
d 生下時に診断されることが多い。
e 小脳虫部が脊柱管内に下垂している。

解答:c
Chiari奇形
Ⅰ型 Ⅱ型
脊椎管内に陥入する組織 小脳扁桃 小脳虫部、延髄、第4脳室
発症年齢 成人 乳幼児
症状 非特異的 喉頭喘鳴、無呼吸発作
水頭症 + +++
脊髄髄膜瘤 ± +++
脊髄空洞症 ++ +

 

29,
腫瘍と関連して発症するのはどれか。1 つ選べ。
a MELAS
b Leigh 脳症
c Parkinson 病
d 抗 NMDA 受容体脳炎
e 抗アクアポリン 4 抗体陽性脊髄炎

解答:d
抗 NMDA 受容体脳炎
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対する自己抗体が引き起こす自己免疫反応。
  • 9割が女性に発症、平均年齢27歳。
  • 非特異的な感冒様症状→統合失調症様症状痙攣、意識障害や中枢性低換気。
  • しばしば致死的。
  • 女性症例の半数以上に卵巣奇形腫が合併、男性例でも精巣腫瘍や縦隔奇形腫が合併しており、傍腫瘍症候群と考えられている。
  • 治療は腫瘍切除して、血漿交換、免疫グロブリン、免疫抑制療法。

 

30,
単純ヘルペス脳炎の好発部位はどれか。2 つ選べ。
a 橋
b 島回
c 扁桃体
d 上前頭回
e 中心後回

解答:b,c
単純ヘルペス脳炎の画像所見
  • 側頭葉下内側部、前頭葉眼窩回、島回、帯状回、海馬、扁桃体、被殻にしばしば両側性(多くは左右差がある)。
  • 初感染は大部分が、側頭葉の内側。初期は限局性でも急速に広がり、反対側に進展する。
  • T2WI、FLAIRにて高信号。出血を来す事がある。やや経過すると脳回や髄膜に沿った造影効果。FLAIRの冠状断が有用。
  • DWIでは細胞毒性浮腫により拡散低下(ADC低下)、最も早期から病変を検出する事が可能。
  • 脳回に沿った線状造影効果(亜急性期)。

参考)単純ヘルペス脳炎 HSV-1の画像診断

 

31,
広義間質分布(リンパ路性分布)を示すのはどれか。2 つ選べ。
a 珪肺症
b 粟粒結核
c サルコイドーシス
d 特発性肺線維症
e びまん性肺胞出血

解答:a,c
広義間質分布を示す疾患

参考)広義リンパ路病変の鑑別診断

 

32,
病変が下肺野に優位に分布するのはどれか。2 つ選べ。
a 石綿肺
b 特発性肺線維症
c 慢性過敏性肺炎
d 肺野型サルコイドーシス
e 肺 Langerhans 細胞組織球症

32の解答:a、b

参考)下肺優位・肺門優位の分布の鑑別

 

33,
疾患と画像所見との組み合わせとして正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 悪性リンパ腫 ――CT angiogram sign
b クレブシェラ肺炎 ――meniscus sign
c サルコイドーシス ――CT halo sign
d ニューモシスティス肺炎 ――crazy paving appearance
e 侵襲性アスペルギルス症 ――finger-in-globe sign

解答:a,d
  • b:meniscus signは、crescent signと同じもので、菌球性アスペルギルス症や、血管襲侵性アスペルギルス症のCT halo signからの治癒の過程で見られることがある。
  • c:サルコイドーシスでサインといえば、Galaxy sign。
  • e:finger-in-globe signは中枢側の粘液栓を伴った気管支拡張と、移動あるいは増減を繰り返すconsolidationの存在のこと。上葉に多い。tree in bud appearanceの中枢側版と思えば良い。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA:allergic brocho-pulmonary aspergillosis)で見られる。
CT halo sign 
  • 結節周囲のすりガラス影。周囲のすりガラス影=haloは出血を反映。
  • 血管襲侵性アスペルギルス症、細菌性肺炎、肺癌、CMV肺炎、カンジダ症、リンパ腫、クリプトコッカス、Wegener肉芽腫などで見られる。
  • 血管襲侵性アスペルギルス症に特異的というわけではない点に注意。

参考)

 

34,
正常胸腺の胸部 X 線所見として正しいのはどれか。2 つ選べ。
a sail sign
b wavy sign
c apical cap
d thyrocervical sign
e hilum overlay sign

解答:a,b
sail sign・wave sign
  • 乳幼児の生理的に大きな胸腺がヨットの帆に似ていることから、sail signと呼ばれる。
  • また胸腺はやわらかく、前縦隔に存在し、前方の肋骨に接する部分が軽度陥凹してみえることがある。これをwave signと呼ぶ。
apical cap
  • 肺尖部の胸膜肥厚像のこと。高齢者に多く見られ、病的意義はない。
  • レントゲン上は通常5mm以下。しばしば非対称性。
thyrocervical sign
  • ?。Google検索しても出てきません。
hilum overlay sign
  • 胸部X線正面像で、拡大した縦隔の陰影に重なって肺門の血管の陰影が透見される像。その拡大は心拡大よりも縦隔腫瘍によることが多い。

 

35,
無気肺の原因として考えにくいのはどれか。1 つ選べ。
a カルチノイド
b 気管支異物
c 気管支結核
d 扁平上皮癌
e 気管支閉鎖症

解答:35,e
気管支閉鎖症
  • 発生異常により、葉気管支、区域気管支が閉鎖したもの。
  • 末梢の気管支には粘液貯留(mucoid impaction)を認める。末梢の肺は、側副路を介して、周囲から空気が入る。気腫性変化になる。
  • 多くは無症状。
  • 左上葉に好発する。粘液貯留を反映して、腫瘤〜索状〜棍棒状陰影+その末梢に気腫性変化あり。
無気肺の原因
太い気道の閉塞
  • 腫瘍(LK、カルチノイド、転移、リンパ腫など)
  • 炎症(結核、サルコイドーシスなど)
  • その他(左房拡大、異物、アミロイドーシス、Wegener肉芽腫、気管支の離断)
細気管支閉塞
  • 粘液栓
  • 炎症性
圧迫性無気肺
  • 肺野型肺腫瘍
  • 広範に広がる間質性肺疾患
  • 隣接肺のair trappingによる容積増加
受動性無気肺、癒着性無気肺

 

36,
胸部 CT にて右肺 S8 に最大径 8 cm 大の腫瘤影を認め,原発性肺癌が疑われた。腫瘤影
は胸膜に接していない。その他,明らかな病変は認めない。
肺癌取扱い規約の T 分類として正しいのはどれか。1 つ選べ。
a T1a
b T1b
c T2a
d T2b
e T3

解答:e

LKkiyaku

2018年1月追記

2017年1月の第8版では、

T3:5cm<充実≦7cm、あるいは壁側胸膜、胸壁、横隔神経、心膜浸潤、同一肺葉内結節 (胸膜PL3)

T4:7cm<充実、あるいは横隔膜、縦隔、心臓、大血管、気管、反回神経、食道、椎体、気管分岐部浸潤、同側別肺葉内結節 (胸膜PL3)

となっているので2018年1月時点では、この腫瘤はT4であり、正解はなしということになります。

F先生ご指摘いただきありがとうございます。

 

37,
閉塞性細気管支炎の CT 所見として正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 肺容積低下
b 肺血管の狭細化
c tree-in-bud pattern
d びまん性すりガラス陰影
e 肺野のモザイク状吸収域

解答:b,e
閉塞性細気管支炎のCT画像所見
  • 肺血管の狭小化を伴った透過性亢進
  • モザイクパターン
  • 中枢側気管支拡張
  • 小葉中心性の分岐線状影。

 

38,
肺疾患として喫煙と関連が深いのはどれか。2 つ選べ。
a 肺胞微石症
b リンパ脈管筋腫症
c 急性好酸球性肺炎
d 肺 Langerhans 細胞組織球症
e 多発血管肉芽腫症(Wegener 肉芽腫症)

解答:c,d
喫煙関連肺疾患
  • 喫煙が原因→肺気腫、慢性気管支炎、呼吸細気管支炎関連間質性肺病変(RB-ILD)、剥離性間質性肺炎(DIP)、ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)
  • 喫煙と強い相関→特発性肺線維症、気腫合併肺線維症(CPFE)、肺癌(扁平上皮癌・小細胞癌)
急性好酸球性肺炎
  • 喫煙の開始時期や再開時、風邪薬の服用などが契機となる。
  • 若年者に多く、急性発症の呼吸苦および発熱を伴う事が多い。
  • CTでは典型的な間質性肺水腫像を基本とする。

 

39,
肺感染症として右肺中葉や左肺上葉舌区に好発するのはどれか。1 つ選べ。
a 気道散布結核
b レジオネラ肺炎
c 非結核性抗酸菌症
d マイコプラズマ感染症
e クリプトコッカス感染症

解答:c

参考)非結核性抗酸菌症の画像診断

 

40,
縦隔腫瘤について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 気管支原性囊胞は,後縦隔に好発する。
b 胸郭内甲状腺腫は,石灰化を含むことが多い。
c 奇形腫の穿破では,胸水や心囊水の貯留をきたす。
d 胸腺腫と胸腺癌は,FDG-PET の集積が同程度のことが多い。
e 神経鞘腫で Antoni B 型の部分は,MRI の T2 強調像で低信号を示す。

解答:b,c
  • a: ×:気管支原性囊胞→中縦隔。
    b,c:◯
  • d:×:胸腺腫 、胸腺過形成、胸腺癌でFDG集積の程度に有意な差異が見られ、胸腺癌では強い集積を呈する。(A KUMAR,et al.Ann Nucl Med 23:569-577,2009)
  • e:×:Antoni type AはT1WIやや高信号、T2WI低信号。Antoni type Bは豊富な粘液基質を反映してT1WI低信号、T2WI信号。

参考)胸郭内甲状腺腫のCT画像診断

 

41,
造影 MR angiography が CT angiography よりも適しているのはどれか。1 つ選べ。
a ステント留置術後
b 急性期大動脈解離
c 透析患者の末梢動脈病変
d 高度石灰化病変の内腔評価
e 肺塞栓症の胸部と下肢の同時評価

解答:d
  • 石灰化が強いとCTでの評価は困難。
参考)冠動脈CTの最大の問題点
  • 高度石灰化により評価が困難であり、診断能が低下(冠動脈CTを撮影しても病変を除外できなく、結局CAGによる確認が必要となる)すること。
  • なので、著しい冠動脈石灰化が予想される患者でないこと(透析患者、高齢者など) が患者要件として求められる。
  • 石灰化スコアが400(-600)を超えると、適切な診断ができなくなると考えて良い。

参考)心臓CT(冠動脈CT)の読影方法、画像診断、所見に書くべきことのまとめ

 

42,
通常の右冠動脈優位型の解剖の場合,左冠動脈の分枝はどれか。2 つ選べ。
a 鋭縁枝
b 回旋枝
c 後下行枝
d 前下行枝
e 房室結節枝

解答:b,d
右冠動脈優位型
  • 全体の6割がこれ。左冠動脈優位型が3割。残り1割は左右均衡型。
  • 後下壁がどのような冠動脈によって栄養されているかで、これらは分類される。
  • この分類は虚血領域と病変冠動脈との相関を見たり、冠動脈バイパス術(CABG)や冠動脈インターベンションの適応を決定する上で重要。
  • 右冠動脈優位型は後下行枝(PD)が右冠動脈(RCA)から出ており、後下壁を十分に灌流しているタイプ。
  • 左冠動脈(#5-14)からは、左冠動脈主幹部(#5)、前下行枝とその分枝(#6-10)、回旋枝とその分枝(#11-14)が分枝される。

 

43,
心大血管疾患と好発部との組み合わせとして正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 粘液腫 ――――――――――右室
b 胸部外傷 ―――――――――大動脈峡部
c 高安動脈炎 ――――――――大腿動脈
d 閉塞性血栓血管炎 ―――――上行大動脈
e 心房細動による血栓 ――――左心耳

解答:b,e
粘液腫
  • 原発性心臓腫瘍の5割と最多。
  • 左房75%>右房25%。心室は稀。
  • 典型的には、心房中隔から発生し、茎を要する。
外傷性胸部大動脈損傷、瘤
  • 大動脈峡部(動脈管靭帯部)、上行大動脈に好発。
  • 高所からの転落、自動車事故などで起こる。
  • 仮性動脈瘤を形成し、死亡率は極めて高い。9割は現場で即死。
  • しかし治療できれば救命率は高い。
高安動脈炎(大動脈炎症候群)
  • 大動脈、肺動脈と主要分枝に好発する。
  • 大動脈弓およびその分枝が侵されることが多く、下行大動脈から腹部大動脈にも見られる。
  • 20-30歳代の女性に多い。
  • 活動性が著しい例では、ステロイド、抗凝固薬。
閉塞性血栓血管炎(TAO)
  • 主に膝窩動脈や前腕動脈以下の比較的細い動脈(四肢遠位部の中〜細動脈)に好発する。
  • 20-40歳代の男性の喫煙者に多い。
  • 末梢閉塞のためバイパス術は困難で、薬物療法が中心。

 

44,
肺塞栓症について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 造影 CT では,区域動脈枝の血栓を検出できる。
b 下腿の塞栓源の検出には,造影 CT が第一選択である。
c CT における肺野のモザイクパターンは,急性期で見られる。
d D-ダイマーが陰性でも,造影 CT ではしばしば血栓が検出される。
e 造影 CT で血管壁に偏心性に付着した血栓は,慢性期肺塞栓を示す。

解答: a,e
  • a:MDCTの発達により肺動脈主幹部や主肺動脈、区域枝肺動脈内までの血栓の描出ができるようになった。
  • c:モザイクパターンは、慢性期で見られる。
  • d : D-ダイマーが陰性なら、否定的。D-dimer値が500μg/L以下である場合には、除外できる。
  • e:慢性肺血栓塞栓症では、肺動脈から鈍角に立ち上がり、壁に接する血栓を認める。

 

参考)

 

45,
乳房の画像診断について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 乳房腫瘍の質的診断には dynamic CT が推奨される。
b マンモグラフィ検診は 60 歳以上の女性に推奨される。
c デジタルマンモグラムの読影モニタは 5 M が推奨される。
d MRI は,超音波検査よりも乳癌の広がり診断の精度が高い。
e 超音波検査ではプローブの使用周波数は 5 MHz 前後とする。

解答:c,d
  • a:乳腺疾患の診断において、質的診断にMRやCTが用いられる事は少ない。
  • b:40歳以上。米国では、米国予防医学専門委員会(US Preventive Services Task Force, USPSTF)が2009年に「40歳代の女性に対しては、マンモグラフィを用いた定期的な乳がん検診を行うことを推奨しない」という推奨(グレードC)を発表したが、日本では40歳~50歳代の女性の方が60歳以上よりも乳がん患者が多いことから、このまま40歳以上を推奨している。
  • e:使用周波数は最低でも7.5MHz以上で、10MHz前後が望ましい。

参考)日本乳癌検診学会

 

46,
乳房超音波検査所見として良性腫瘤の可能性が高いのはどれか。2 つ選べ。
a 外側陰影
b 縦横比 0.7 以上
c 境界部高エコー(halo)
d 乳腺前方境界線の断裂
e 腫瘤内部の粗大高エコー

解答:a,e
  • a:側方エコーとも呼ばれ、エコーの減弱。境界明瞭の場合に出るので良性を示唆する。
  • b:縦横比が0.7以下が良性、以上が悪性を示唆。したがって悪性。
  • c:乳癌に特徴的な所見。乳がんが周囲組織に浸潤すると、癌細胞や結合組織が脂肪組織内に入り込み、ここに超音波が当たると後方散乱がおこり、低エコーの腫瘤周囲に高エコー帯が出現する。
  • d:乳癌が脂肪組織へ浸潤して、前方境界線を破壊している所見。したがって悪性。

 

47,
乳腺の浸潤性小葉癌について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 近年,増加傾向にある。
b skip lesion の頻度が高い。
c 通常型浸潤性乳癌の 1 つである。
d 超音波検査では後方エコー増強を示す。
e マンモグラフィでは石灰化で発見される。

解答:a,b
  • b:腺葉や乳管を無視した散在性の広がりを示す。
  • c:特殊型に分類される。
  • d:浸潤性小葉癌や硬癌は線維成分が多いため、後方エコーは減弱する。
  • e:石灰化は10%程度。

 

48,
正常な新生児の腹部単純 X 線写真として正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 出生直後には胃泡を認めない。
b 生後 6 時間以内では小腸にガスは認められない。
c 生後 24 時間以内に腸管ガスは直腸に達する。
d 生後 24 時間以内で腸管の拡張を認める。
e 生後 24 時間以後は小腸と大腸の区別は容易になる。

解答:c
消化管のガス
  • 生後 1 時間→小腸
  • 3~4 時間→盲腸
  • 11 時間→S 状結腸

 

49,
小児の腹部腫瘍について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 腎芽腫は,しばしば対側へ進展する。
b 小児の卵巣腫瘍は,ほとんどが悪性である。
c 肝芽腫では,血清 AFP が上昇することが多い。
d 神経芽腫では,石灰化を認めることは稀である。
e 仙尾部奇形腫では,鎖肛等の奇形をしばしば合併する。

解答:c、e
  • a:× 腎芽腫は、通常正中を越えない。
  • b:× 小児の卵巣腫瘍の2/3は良性の卵巣奇形腫。小児の奇形腫の中では、卵巣由来のものが仙骨奇形腫に次いで多い。悪性腫瘍は1/3を占める。
  • d:× 神経芽腫では8割に石灰化あり。
小児の悪性卵巣腫瘍
  • 胚細胞腫瘍(未分化奇形腫、未分化胚細胞腫)
  • 生殖間質腫瘍(顆粒膜細胞腫、Sertoli-Leydig細胞腫)
  • 上皮性腫瘍(嚢胞腺癌)
奇形腫
  • 仙尾部が好発部位。Hensen結節が起源となる。ついで卵巣。
  • 4:1で女児に多い。
  • より年長ほど悪性成分を含む割合が高くなるため、確定診断後には速やかな治療を要する。
  • 新生児から生後1ヶ月に発見されるものはほとんどが良性。
  • 2ヶ月以上の乳児では9割になんらかの悪性成分あり。
  • 発生部位により4型に分類されている(Altmanの分類)。
  • 鎖肛や仙骨奇形などの合併奇形の頻度が高い(約18%)。

 

参考)

 

50,
被虐待児症候群に特徴的な骨病変はどれか。1 つ選べ。
a 隆起骨折
b 若木骨折
c 成長板損傷
d 骨幹端損傷
e 上腕骨外側顆骨折

解答:d
  • 虐待では、metaphyseal corner fracture(いわゆるbucket handle fracture) =骨幹端損傷が多い。
  • 大腿骨遠位、上腕骨遠位、手関節、足関節に好発。
  • 局所に直達外力が加わった結果起こるものでなく、乳幼児が振り回され、四肢が鞭のようにしなる結果発生する。

参考)放射線科専門医頻出問題 診断【小児科】

 

51,
MRI の T1 強調像で高信号を呈しやすいのはどれか。2 つ選べ。
a 腎癌
b 副腎腺腫
c 前立腺癌
d 高分化型脂肪肉腫
e 卵巣内膜症性囊胞

解答:d,e

 

52,
体外式超音波検査が適していないのはどれか。1 つ選べ。
a 膵癌
b 脂肪肝
c 腎結石
d 胆囊腺筋腫症
e 膵管癒合不全

解答:e

 

53,
結節性硬化症に合併しないのはどれか。1 つ選べ。
a 脳皮質結節
b 心筋横紋筋腫
c 腎血管筋脂肪腫
d 膵漿液性囊胞腺腫
e 肺リンパ脈管筋腫症

解答:d
  • dはvon-Hippel Lindauに合併。
結節性硬化症(Tuberous sclerosis)
  • 全身の過誤腫を特徴とする症候群。
  • 痙攣発作、精神発達遅滞、顔面血管線維腫を3徴とする。
  • 常染色体優性遺伝。
  • 血管筋脂肪腫(AML)、腎嚢胞。
  • 中枢神経系の皮質結節(cortical tuber)、皮質下、上衣下結節(subependymal nodule)。
  • 上衣下巨細胞性星細胞腫(subependymal giant cell astrocytoma):モンロー孔付近に発生し、造影効果あり。増大する。
  • 肺リンパ管筋腫症LAM、心横紋筋腫、骨硬化。

 

54,
肝病変の位相コントラスト MRI において,同位相像と比較して逆位相像で信号低下を
示さないのはどれか。1つ選べ。
a 肝細胞癌
b 肝細胞腺腫
c 限局性脂肪肝
d 肝血管筋脂肪腫
e 限局性結節性過形成

解答:e
  • 脂肪を含まないものを選べということ。eは過形成。
  • 肝細胞腺腫は出血(52-93%)、脂肪(36-77%)T1WIで病変の一部がしばしば高信号を呈する。
位相コントラストMRI
  • Gradient echo:GRE法は、位相差の影響を直接受けることから、位相コントラスト画像とも呼ばれている。
  • 撮像時間(エコー時間;TE)を水と脂肪の位相が揃うタイミングに設定した場合、水と脂肪の信号が加算されるin-phase像が得られる。

参考)

 

55,
クッパー細胞に取り込まれて造影効果を発揮するのはどれか。1 つ選べ。
a イオパミドール
b フェルカルボトラン
c 塩化マンガン四水和物
d ガドキセト酸ナトリウム
e ガドペンテト酸メグルミン

解答:b
  • 肝特異性造影剤®リゾビスト(SPIO:Superparamagnetic iron oxide)の一般名を答えよという問題。フェルカルボトラン。
  • ガドキセト酸ナトリウムはEOBの一般名。
  • 塩化マンガン四水和物は、MRCPで用いる経口造影剤(ボースデル®)の一般名。

参考)富士フィルムRIファーマ株式会社HP

 

56,
肝腫瘤性病変において,細胞外液性造影剤を用いた際に遅延性濃染パターンを呈しやすいのはどれか。1 つ選べ。
a 肝細胞癌
b 胆管細胞癌
c 海綿状血管腫
d 腎癌からの転移
e 限局性結節性過形成

解答:b
  • a,c,d:早期濃染
  • b:豊富な間質を持つ胆管細胞癌は遅延性濃染を示す。

参考)遅延性濃染を示す肝腫瘤の鑑別診断、画像所見、画像診断

 

57,
自己免疫性膵炎について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a ダイナミックスタディで早期濃染パターンを示すことが多い。
b 膵臓はびまん性に萎縮することが多い。
c 主膵管がびまん性に拡張することが多い。
d FDG-PET で高集積を示すことが多い。
e 総胆管壁が肥厚することが多い。

解答:d,e
  • a:× capsule-like rimは早期は造影不良で、平衡相にかけて緩徐に増強。
  • b:× 腫大する。
  • c:× 狭細化が見られる。
  • d:膵外病変の検出にはGaシンチやFDG PETが有用である。

参考)

 

58,
機能性副腎皮質腺腫の画像所見として可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 対側副腎の腫大
b CT 値が平均 10 HU 未満
c MRI opposed phase 画像にて信号上昇
d 131I-アドステロールシンチグラムでの取り込み低下
e 造影 CT で早期濃染,10 分後程度の遅延相で washout が 70% 以上

解答:b
  • b:単純CT:10HU以下→lipid-rich adenoma
  • c:脂肪を含んでいるので、信号低下する。
  • e:良好なwashoutを示すのが特徴だが、早期濃染しない。

参考)副腎腺腫(副腎皮質腺腫)の画像診断

 

59,
画像所見として尿路結石を示唆するのはどれか。2 つ選べ。
a soft tissue rim sign
b teacup calcification
c Mercedes Benz sign
d string of beads sign
e staghorn appearance

解答:a,e
  • a:尿管結石の周囲の軟部組織の肥厚のこと。結石が尿管に巌頓したことにより生じた尿管壁の浮腫と考えられている。
    ※静脈石と石灰化を生じていない静脈が同じスライスに描出された像をcomet-tail signといい、こちらは、静脈石を示唆する所見。
  • b:乳房の石灰化のサイン(石灰乳石灰化)。小さな嚢胞内に存在する石灰化が沈殿した結果、石灰化の層を作ることにより生じるサイン。
  • c:胆石の混合石のサイン。
  • d:日本語にすると数珠状サイン。調べるといろいろこう呼ばれる。
    ・胆嚢腺筋腫症のRASはMRCPなどT2強調像で数珠状の高信号として描出される所見。
    ・頸動脈の線維筋性異形成(FMD)における血管造影所見。
    ・小腸の閉塞性イレウスを示すサインとしても使われる。拡張した小腸内に液体がたまり、ガスが少ないとガスは伸展した輪状鄒壁内面に斜め・遠心状・階段状に並ぶ様子。他、stepladder appearane、hair pin shapedなどとも表現される。
  • e:日本語にすると珊瑚状。つまり珊瑚状結石で用いられる。腎結石のうち、腎杯腎盂全体にはめこまれたような結石のこと。

参考)

 

60,
先天性胆管拡張症の特徴として正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 男性に多い。
b 成人以降の発見はまれである。
c 胆道悪性腫瘍の発生頻度が高い。
d 膵管癒合不全の合併はまれである。
e 肝内胆管囊状拡張を伴う総胆管囊腫のタイプが最も多い。

解答:c
  • a:女児に多い(1:4)
  • b:稀とは言えない。
  • c:嚢状拡張→胆管癌、紡錘状拡張→胆嚢癌が多い。
  • d:ほとんど 膵胆管癒合不全を伴っている。
  • e:肝外胆管(総胆管・総肝管)拡張が80%。つまり肝内の拡張は伴わないタイプが多い。

参考)先天性胆管拡張症(総胆管嚢腫)の画像診断、原因、症状、治療

 

61,
主膵管拡張をきたす頻度が低いのはどれか。1 つ選べ。
a 膵管癌
b 慢性膵炎
c 膵粘液性囊胞腫瘍
d 十二指腸乳頭部癌
e 膵管内乳頭粘液性腫瘍

解答:c

 

62,
前立腺の MR 検査法において有用性が低いのはどれか。1 つ選べ。
a FLAIR 像
b T2 強調像
c 拡散強調像
d ダイナミック造影像
e MR スペクトロスコピー

解答:a
  • T2WI、ダイナミック、拡散強調像が基本だが、

初回の系統的生検で癌が検出されず、その後もPSAの上昇を認める症例に、2回目の生検時に前立腺MRI(T2WI、ダイナミック、MRスペクトロスコピー) による所見を参考にして標的生検を加えた検討では、 癌検出能の上昇が示されている(Clin Cancer Res March 15, 201016; 1875)。

とあるように、MRスペクトロスコピー(MRS)を組み合わせると診断能は増す。

 

63,
肝細胞癌に対する TAE(肝動脈塞栓術)の適応でないのはどれか。1 つ選べ。
a 肝両葉多発病変
b 単発肺転移を有する症例
c 腫瘍破裂による腹腔内出血
d 血清総ビリルビン値 3.0 mgdl
e 2 次分枝レベルの門脈腫瘍塞栓

解答:b?(d ?)
TAEの適応(大まかな基準)
  • 肝癌により門脈本幹の閉塞がないこと。
  • 黄疸はT.bil 最大5mg/dlまで。通常3mg/dl以下が好ましい。
  • 肝癌の大きさ、個数は問わない。(多数個ある場合はTAEの独壇場)
  • 著明な腫瘍内シャントのみられない例。

※禁忌となるのは、高度黄疸、難治性腹水、門脈本幹閉塞など。

 

64,
IVR の手技と起こりうる合併症との組み合わせとして,考えにくいのはどれか。1 つ選
べ。
a CT ガイド下肺生検――脳梗塞
b BRTO(balloon occluded retrograde transvenous obliteration) ―肺梗塞
c TIPS(transjugular intrahepatic portosystemic shunt)――食道静脈瘤破裂
d PSE(partial splenic embolization)―易感染性
e 喀血に対する BAE(bronchial arterial embolization)――下半身麻痺

解答:c
CTガイド下肺生検
  • 合併症は、気胸、血痰、出血、播種、空気塞栓による脳梗塞・心筋梗塞。
BRTO
  • Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration。バルーン閉塞下逆行性経静脈(門脈)塞栓術。
  • 門脈亢進症に対するIVRの一つで、食道、胃静脈瘤のうち、特に胃のfornixに存在する孤立性胃静脈瘤に対する治療法。
  • 合併症は、溶血性血尿と腎障害、肝障害、肺梗塞、食道静脈瘤の悪化。
  • 肺梗塞は、多量の硬化剤(5%EIO:オルダミン+イオパミロンの混合液)を大循環系に流入したり、術中のバルーン破裂などにより起こる可能性あり。
TIPS
  • transjugular intrahepatic portosystemic shunt。経内頸静脈的肝内門脈大循環短絡術。
  • 門脈亢進症に対するIVRの一つ。経皮的に頸静脈から右肝静脈にカニューレを挿入し、右肝静脈から右門脈枝を穿刺することにより、右肝静脈と右門脈の間にステントを留置し、門脈の血流を右肝静脈へシャントさせることにより、門脈圧の減圧を図る。
  • 合併症は、シャント狭窄・閉塞、肝不全・腎不全、心機能障害、肺機能障害。
PSE
  •  partial splenic embolization。脾動脈塞栓術。
  • 脾機能亢進、門脈圧亢進・食道静脈瘤、脾摘術術前処置、サラセミア、紫斑病に適応あり。
  • 合併症は、脾膿瘍、腹痛、発熱、胃炎、胸腹水など。
BAE
  • bronchial arterial embolization。気管支動脈塞栓術。
  • 喀血の救急処置、繰り返す喀血で内科的治療でコントロールできず、手術適応もない場合に適応あり。
  • 合併症は、脊髄損傷、気管支食道瘻孔、気管支壊死など。

 

65,
Budd-Chiari 症候群の画像所見として頻度が低いのはどれか。1 つ選べ。
a 尾状葉腫大
b 門脈石灰化
c FNH-like nodule
d 肝中枢側の斑状濃染
e 肝内静脈―静脈シャント

解答:b

参考)Budd-Chiari 症候群の画像所見、症状、原因、治療

 

66,
原発性胆汁性肝硬変について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 女性に多い。
b 肝内胆管が不規則に拡張する。
c 抗ミトコンドリア抗体は陰性である。
d 反応性リンパ節腫大が高頻度に認められる。
e MRI T1 強調像で門脈周囲に明瞭な高信号域がみられる。

解答:a,d
  • a:◯ 中年女性に好発。9割女性。
  • c:× 90%以上で血中のIgG型の抗ミトコンドリア抗体が検出される。
  • d:◯ 反応性のリンパ節腫大が8割以上に見られるということ。特に、肝門部や、portacaval領域(門脈と下大静脈の間)に反応性リンパ節腫大が認められる。

参考)原発性胆汁性肝硬変(PBC)の画像診断

 

67,
胃結腸静脈幹(Gastrocolic trunk)を形成する血管はどれか。2 つ選べ。
a 左胃静脈
b 後胃静脈
c 中結腸静脈
d 左結腸静脈
e 右胃大網静脈

解答:eと?→c,e

gastrocolic trunkは右胃大網静脈+前上膵十二指腸静脈+αで
αはいろいろなパターンがありますが、11%の頻度で中結腸静脈が含まるパターンがあります。(がまの油様より)

胃結腸静脈幹(Gastrocolic trunk)
  • 右胃大網静脈、前上膵十二指腸静脈、右上結腸静脈が合流しSMVに注ぎ込むまでの間の静脈。
  • 膵頭部癌膵炎などによるSMV浸潤、狭窄などで拡張したり直接静脈浸潤を受けて描出されなくなったりする。

参考)胃結腸静脈幹(GCT:gastrocolic trunk)とその意義

 

68,
後腹膜腔について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 左右の後腎傍腔に交通はない。
b 下行結腸は腎周囲腔に含まれる。
c 後腎傍腔内に実質臓器は含まれない。
d 腎周囲腔と後腎傍腔は交通していない。
e 前腎傍腔は壁側腹膜と Gerota 筋膜に囲まれる。

解答:(a?)、c、e
  • a:◯? 後腎傍腔は内側は大腰筋に接しており、左右の交通はない。?
  • b:× 下行結腸は前腎傍腔に含まれる。
  • d:× 3つのコンパートメントは互いに連続性がある。
  • e:◯ 壁側腹膜と Gerota 筋膜に囲まれる。

retroperitoneal space

 

69,
CT colonography について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 前処置は不要である。
b 注腸造影より安価である。
c 仰臥位と腹臥位の 2 体位で撮影する。
d 診断能は注腸造影と同等である。
e 大腸の拡張には空気より CO2 ガスが適している。

解答:c,e
CT colonography(CTC)
  • CTを用いた大腸検査。
  • 前処置により残渣を減らす。
  • 前処置にはニフレック内服と内視鏡によるPEG法と低残渣食と塩類下剤(マグコロールなど)によるブラウン変法がある。
  • 炭酸ガスにより大腸を拡張させる。炭酸ガスは体内に速やかに吸収され、検査後の腹部の膨満感が速やかに解消される。自動注入器を用いる。
  • 撮影は仰臥位と腹臥位(もしくは左側臥位)で撮影する。
  • 画像再構成により仮想三次元画像を作ることができる。
  • メリットは、検査手技が比較的簡便であること。患者負担が少ないこと。客観的に評価できること。
  • デメリットは、CTなので被ばくがあること。表面病変の検出には限界があり、読影は必ずしも容易ではないこと。

 

70,
画像所見と疾患との組み合わせとして間違っているのはどれか。1つ選べ。
a shading ――――――――――――内膜症性囊胞
b scalloping effect ――――――――腹膜偽粘液腫
c egg-shell calcification ――――――卵巣成熟奇形腫
d bridging vascular sign ―――――漿膜下子宮筋腫
e stained glass appearance ――――卵巣粘液性囊胞腺腫

解答:c
  • egg-shell calcificationは珪肺による縦隔や肺門の石灰化を伴ったリンパ節。

 

核医学(71-85)

71,
ある放射性医薬品の物理的半減期は 8 日で,生物的半減期は 2 日であった。
この薬剤の有効半減期はどれか。1 つ選べ。
a 0.625 日
b 1.6 日
c 2日
d 8日
e 10 日

解答:b
  • 1/実効半減期=1/物理的半減期+1/生物的半減期
    →1/x=1/8 +1/2
    ⇄x=1.6

 

72,
放射性核種として PET 検査に用いられるのはどれか。2つ選べ。
a 13N
b 15O
c 89Sr
d 99mTc
e 123I

解答:a,b
PET核種
  • 11C 半減期20分
  • 13N 半減期10分
  • 15O 半減期2分
  • 18F 半減期110分

参考・類似問題)2010年放射線科専門医試験問題&解答解説【71-75】核医学

 

73,
シンチレーションカメラと関連がないのはどれか。1 つ選べ。
a グリッド
b コリメータ
c シンチレータ
d 光電子増倍管
e 位置検出回路

解答:a
  • グリッドはX線の散乱線を除去するもの。

参考)グリッドをわかりやすく説明したサイト

 

74,
PET 検査と関連がないのはどれか。1 つ選べ。
a SUV 値
b 呼吸同期
c 吸収補正
d 同時計数回路
e 二核種同時収集

解答:e
  • 二核種同時収集するのは、dual 心筋シンチ(201TlClと99mTc-ピロリン酸、201TlClと123I-BMIPP、201TlClと123I-MIBGなどの組み合わせ。)。

参考・類似問題)2012年放射線科専門医過去問核医学71−75

 

75,
FDG-PET/CT 検査にて,FDG 投与前に行うと PET 画像に悪影響を及ぼす可能性があ
るのはどれか。2つ選べ。
a 会話
b 飲水
c インスリン皮下注
d 生理用食塩水の点滴静注
e バルーンカテーテルの留置

解答:a,c?
  • a:FDG注射後は、運動はもちろん、会話や咀嚼も避ける。注射後とは記載あるが…。参考)日本核医学学会
  • b:水やお茶はFDGの排泄促進のために推奨されている。
  • c:直前にインスリンを投与すると筋肉への集積が増大してしまい、腫瘍への集積が落ちる。

 

76,
骨シンチグラフィにおいて空間分解能の向上に最も有用なのはどれか。1つ選べ。
a 撮像直前の排尿
b ガンマカメラの患者への近接
c 放射性医薬品の投与量の増量
d 中エネルギー用コリメータの使用
e 放射性医薬品投与後の待ち時間の延長

解答:a→b
  • 尿に集積するため。→空間分解能を上げるためには、b。

がまの油様ご指摘ありがとうございます。

 

77,
核医学検査において検査前絶食が望ましいのはどれか。1 つ選べ。
a 67Ga シンチグラフィ
b 201Tl 心筋シンチグラフィ
c 99mTc-MDP 骨シンチグラフィ
d 123I-NaI 甲状腺シンチグラフィ
e 123I-IMP 脳血流シンチグラフィ

解答:d→b

がまの油様ご指摘ありがとうございます。

絶食が必要なシンチ
  • まずは腹腔内を調べる検査。例えば肝臓のアシアロや胆道シンチなど。
  • また心筋シンチでTc以外は絶食。Tcは胆嚢排出するので、積極的に食事して余分なTcをガンマカメラの視野外に出してあげる必要あり。

 

78,
放射性医薬品として脳血流 SPECT に用いられるのはどれか。2つ選べ。
a 99mTc-MDP
b 99mTc-ECD
c 99mTc-GSA
d 99mTc-MIBI
e 99mTc-HMPAO

解答:b,e
  • 99mTc-MDPは骨シンチ。
  • 99mTc-MIBIは心筋血流シンチグラフィ。他、心筋血流シンチグラフィには99mTc-tetrofosmin、201TlClも使用される。
  • 99mTc-GSAは肝受容体シンチ=アシアロシンチ。
脳血流シンチは3種類
  • 123I-IMP
  • 99mTc-HMPAO
  • 99mTc-ECD

参考・類似問題)2009年放射線科専門医試験問題&解答解説【91-95】核医学

 

79,
ドーパミントランスポーター製剤はどれか。1つ選べ。
a 99mTc-DTPA
b 99mTc-O4-
c 123I-IMP
d 123I-ioflupane
e 123I-iomazenil

解答:d

参考)ドパミントランスポーターシンチの画像診断(I123-loflupane,イオフルパン,ダットスキャン)

 

80,
脳血流 SPECT を用いた統計画像解析について誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 高集積部も認識できる。
b 認知症の鑑別に有用である。
c 解剖学的標準化により個人差を低減している。
d 広範な脳梗塞症例でも正しい解析が可能である。
e 脳表に Z スコアを投影した解析画像がよく用いられる。

解答:d

 

81,
脳血流シンチグラフィにおいて楔前部や後部帯状回の集積が低下するのはどれか。
2つ選べ。
a Alzheimer 病
b 進行性核上性麻痺
c 前頭側頭型認知症
d 皮質基底核変性症
e Lewy 小体型認知症

解答:a,e
  • e:Lewy 小体型認知症ではSPECTやPETによる血流、代謝の低下パターンはADと似るが、全体的低下と後頭葉の低下が鑑別に有用。

参考)

 

82,
疾患と放射性医薬品との組み合わせとして適切なのはどれか。2 つ選べ。
a 褐色細胞腫 ――131I-adosterol
b 転移性骨腫瘍 ――99mTc-O4-
c Hodgkin リンパ腫――90Y-iburitumomab tiuxetan
d 先天性胆道閉鎖症 ――99mTc-PMT
e 副甲状腺機能亢進症 ――99mTc-MIBI

解答:d,e
  • iburitumomab tiuxetan(イブリツモマブ チウキセタン)はモノクローナル抗体を使った放射免疫治療薬。商標名ゼバリン(Zevalin)。
  • 111In-Zevalinでシンチグラフィをして、その7日後に90Y-ZevalinでCD20を認識し、非ホジキンリンパ腫の放射線免疫療法を行う(リツキサンと同時投与する)。
  • 111In-Zevalinでシンチグラフィをする目的は、骨髄浸潤などがないことをチェックするため。
不適格だと判断される体内分布
  • 著明な骨髄へのびまん性集積。
  • 肝臓、脾臓、骨髄への強い局在集積。
  • 肝臓よりも肺へのびまん性集積が強いとき。
  • 後面像で、肝臓より腎への集積が強いとき。
  • 肝臓よりも腸管への集積が強いとき。

 

83,
アデノシンの使用が禁忌でないのはどれか。1つ選べ。
a 気管支喘息
b 胸部大動脈瘤
c III 度房室ブロック
d ジピリダモールの併用
e カフェインを含む飲食物

解答:b

a:気管支喘息は禁忌。

アデノシン、アデノシン三リン酸(ATP)、ジピリダモール負荷法の禁忌
  • 薬物治療によっても安定化していない不安定狭心症(急性冠症候群)
  • ペースメーカ治療の行われていないⅡ度以上の房室ブロックや洞不全症候群
  • 洞性徐脈(HR<40/min、相対禁忌)
  • QT 延長症候群
  • 低血圧(収縮期血圧< 90mmHg)
  • 代償不全状態の心不全
  • アデノシン、ATP、ジビリダモールに対する過敏症の既往症例
  • 喘息等の気管支痙攣性肺疾患ないしその既往のある患者あるいはその疑いのある患者

 

  • 併用禁忌:ジピリダモール・アミノフィリ ン製剤、カフェインを含んだ食品(日本茶、紅茶、 中国茶、コーヒー、チョコレート、コーラ、栄養ド リンク剤等)―検査の 12 時間前には休止しておか なければならない。
    負荷心筋シンチグラフィに関する安全指針より引用

参考・類似問題)2010年放射線科専門医試験問題&解答解説【76-80】核医学

 

84,
99mTc-MAA による肺血流シンチグラムにて脳が描出された。可能性が最も高いのはどれか。1つ選べ。
a 肝硬変
b 髄膜腫
c 脳出血
d 肺気腫
e 肺血栓塞栓症

解答:a
  • 肺血流を見るのに脳が描出→肺を通過せず左心への短絡がある(右左シャント)。
  • 脳や甲状腺、腎臓、消化管などへの肺以外への集積は右左シャントを示唆する。
  • 右左シャントをきたす先天性心疾患、肺動静脈瘻、肺動静脈奇形、肝硬変に伴う肝肺症候群などでこの現象が見られる。

 

85,
123I-MIBG によるシンチグラフィが適応でないのはどれか。1つ選べ。
a 心不全
b 神経芽腫
c パーキンソン病
d クッシング症候群
e Lewy 小体型認知症

解答:d
MIBG
  • MIBGは、norepinephrineの類似物質。
  • Amine precursor uptake and decarboxylation(APUD)系腫瘍はカテコラミンを産生する性質があるため、MIBGを取り込む。
  • APUD系腫瘍:褐色細胞腫、神経芽腫、甲状腺髄様癌、カルチノイド
  • 心筋シンチでは、糖尿病、心不全、虚血性心疾患、不整脈疾患、びまん性レビー小体病(パーキンソン病、レビー小体型認知症)、家族性アミロイドーシス、MSAでH/M比の低下を認める。

参考・類似問題)

 

治療(86-105)

86,
放射線治療での標的体積の設定として正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 触診上の腫瘍範囲を肉眼的腫瘍体積(GTV)に設定した。
b PET/CT の腫瘍集積範囲を臨床標的体積(CTV)に設定した。
c 術後予防照射では臨床標的体積(CTV)から照射野を設定した。
d 腫瘍臓器の蠕動による移動範囲を臨床標的体積(CTV)に含めた。
e 腫瘍の呼吸性移動範囲を計画標的体積(PTV)の外側に追加した。

解答:a,c
  • GTV<CTV<ITV<PTV<TV

 

87,
全身状態および各臓器機能に問題がない患者において放射線単独治療の適応となるの
はどれか。2つ選べ。
a 上咽頭癌 II 期
b 中咽頭扁桃癌 I 期
c 小細胞肺癌 IB 期
d 非小細胞肺癌 IIIB 期
e 子宮頸癌 IB 1 期

解答:(a),b,e

がまの油様ありがとうございました。

  • 上咽頭癌で放射線単独治療が行われるのはⅠ期で、Ⅱ期は同時併用化学放射線療法と思われます。
  • 子宮頚癌ⅠB1期は扁平上皮癌であれば放射線治療単独あるいは広汎子宮全摘となると思われます。

 

88,
局所進行癌における術前化学放射線療法が局所制御に有効なのはどれか。2つ選べ。
a 膵癌
b 直腸癌
c 子宮頸癌
d 肛門管癌
e Pancoast 型肺癌

解答:b,e

 

89,
疾患と放射線治療の照射法との組み合わせとして誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 上咽頭癌 ――――――――――強度変調放射線治療
b 口腔癌 ―――――――――――モールド小線源治療
c 乳 癌 ―――――――――――接線照射
d 前立腺癌 ――――――――――高線量率組織内照射
e 皮膚 T 細胞リンパ腫 ――――全身照射(TBI)

解答:e

 

90,
治療法と適応疾患との組み合わせとして誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 炭素線治療 ――――――骨肉腫
b 予防的全脳照射 ――――非小細胞肺癌
c 89Sr 治療 ――――――――骨転移
d 131I 内用療法 ――――――甲状腺乳頭癌
e 192Ir 腔内照射 ――――――子宮頸癌

解答:b
  • 予防的全脳照射をするのは小細胞肺癌。

 

91,
原発巣に対して体幹部定位放射線治療が適応となるのはどれか。2つ選べ。
a 乳癌
b 声門癌
c 直腸癌
d 肝細胞癌
e 非小細胞肺癌

解答:d,e

 

92,
密封小線源治療の永久挿入療法に用いられるのはどれか。2つ選べ。
a 89Sr
b 125I
c 137Cs
d 192Ir
e 198Au

解答:b,e
  • b:前立腺癌
  • e:頭頸部腫瘍(表在病変)に198-Auによる永久刺入療法。

 

93,
疾患と放射線治療の照射法との組み合わせとして誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 髄膜腫 ―――局所照射
b 膠芽腫―――拡大局所照射
c 聴神経腫瘍 ―――定位放射線照射
d 頭蓋内胚細胞腫 ―――全脳室照射
e 中枢神経原発悪性リンパ腫―――全中枢神経系照射

解答:e

 

94,
放射線感受性が比較的高いのはどれか。2つ選べ。
a 甲状腺未分化癌
b 網膜悪性黒色腫
c 上顎洞腺様囊胞癌
d 上咽頭リンパ上皮腫
e 中咽頭低分化扁平上皮癌

解答:d,e
腫瘍の放射線感受性
  • 放射線感受性の高い腫瘍:横紋筋肉腫を除く小児悪性腫瘍(神経芽細胞腫、網膜芽細胞腫、Wilms腫瘍、Ewing肉腫)、精上皮腫・未分化胚細胞腫、リンパ上皮腫、ホジキン病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、など
  • 放射線感受性の中等度の腫瘍:(低分化)扁平上皮癌(上咽頭癌など)、髄芽腫、乳癌
  • 放射線感受性の低い腫瘍:奇形腫、神経膠腫、線維肉腫、骨肉腫★悪性黒色腫腺癌、腎細胞癌、甲状腺癌など

参考)放射線科専門医過去問頻出問題 治療【総論】

 

95,
上顎洞癌の前方・側方からの 4 MV X 線直交 2門照射の線量分布を示す。
線量分布を是正する方法として有用なのはどれか。1つ選べ。
a 10 MV X 線の使用
b 線量評価点の変更
c ビーム間ウェイトの調整
d ウェッジフィルターの使用
e 5~10 mm の皮膚ボーラスの使用

解答:d

 

96,
限局型小細胞肺癌に対する放射線治療法として推奨されるのはどれか。1 つ選べ。
a 寡分割照射
b 導入化学療法
c 体幹部定位放射線治療
d 30 Gy/10 回/2 週の予防的全脳照射
e CDDP+VP-16 療法との早期同時併用

解答:e

 

97,
非小細胞肺癌に対する根治的放射線治療について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a T3N1M0 では縦隔リンパ節を CTV に含める。
b 腺癌より扁平上皮癌の方が治療成績が良い。
c 分子標的療法を併用すると治療成績が向上する。
d 末梢型 T1N0M0 では肺門リンパ節を CTV に含める。
e 同時併用化学放射線療法は順次併用療法よりも有害事象が多い。

解答:b,e→a,e

非小細胞肺がんのN1症例に対する縦隔照射の意義は不明ですので、97のaは間違いだと思います。(放射線治療計画ガイドライン2012, p123参照)
化学療法と同時に併用することによって食道炎などの副作用は増えるので、eは正解だと思います。beが正解だと思います。

ドンタコス様ありがとうございました。

97は、a,eで合っていていると思います。
「中枢型やIII期症例では、CTVとして同側肺門、気管分岐部、および原則として上縦隔リンパ節まで含める。」(放射線治療計画ガイドライン2012 p.123)
と書いてあります。
T3N1M0はIIIA期です。
aは正解です。
ちなみに放射線治療計画ガイドラインも肺癌診療ガイドラインも非小細胞肺癌を扁平上皮癌と腺癌にわけて治療成績に言及している部分はどこにもありません。bは不正解です。

くまもん様ありがとうございました。

その放射線治療計画ガイドライン2012 p.123はこちら(クリックするとダウンロードされるので注意ください)→04 胸部

 

98,
pN0 乳癌乳房温存術後の放射線治療について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 化学療法を同時併用する。
b 非浸潤性乳管癌は照射の適応である。
c 同側傍胸骨リンパ節領域にも照射する。
d 同側鎖骨上窩リンパ節領域にも照射する。
e 10 MV 以上の高エネルギー X 線で照射する。

解答:b

 

99,
50歳代の男性。切除不能胸部食道癌(T4N1M0 扁平上皮癌)に対して根治的化学放射
線療法を行った。
標準的な 5年全生存率に最も近いのはどれか。1 つ選べ。
a 1%
b 5%
c 10%
d 20%
e 40%

解答:c→d

ガマの油様ありがとうございました。

  • stageⅣaにあたる。

50 Gy 以上照射された症例の治療成績は施設毎に差はあるものの,5年生存率の中央値と範囲は、(中略)切除不能のT4 またはM1 lymph で19%(0〜31%)
放射線治療計画ガイドライン2012より

 

100,
肛門浸潤のない cT3N1M0 下部直腸癌に対する術前照射で,照射野に通常含めないリ
ンパ節領域はどれか。1つ選べ。
a 閉鎖リンパ節
b 内腸骨リンパ節
c 外腸骨リンパ節
d 仙骨前リンパ節
e 傍直腸リンパ節

解答:c

 

101,
60 歳代の男性。前立腺癌(T3bN0M0,Gleason スコア=4+5,初診時 PSA 18.2 ng/
ml)の治療法として正しいのはどれか。2つ選べ。
a 陽子線治療
b 内分泌単独療法
c 前立腺全摘出術
d 強度変調放射線治療
e 125I 永久挿入療法単独治療

解答:a,d
  • 高リスク群の治療を選ぶ。

 

102,
子宮頸癌の放射線治療に関する組み合わせとして正しいのはどれか。2つ選べ。
a 子宮腔内に留置 ――――――――――――――オボイド
b 腔内照射との併用 ―――――――――――――中央遮蔽照射
c 腔内照射単独治療 ―――――――――――――IB 期症例
d 骨盤浸潤に対する線量指標 ―――――――――A 点
e リモートアフタローディングシステム ――――192Ir

解答:b,e

 

103,
ピロリ除菌療法抵抗性の胃 MALT リンパ腫 IEA 期に対する放射線治療の線量分割と
して標準的なのはどれか。1つ選べ。
a 4 Gy/2 回/0.5 週
b 10 Gy/2 回/0.5 週
c 20 Gy/10 回/2 週
d 30.6 Gy/17 回/3.5 週
e 39.6 Gy/22 回/4.5 週

解答:d

参考)胃MALTリンパ腫の治療

 

104,
小児がんの放射線治療について誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 総線量を少なくする。
b 分割回数を少なくする。
c 陽子線治療が有効である。
d 骨成長を勘案して治療計画を立てる。
e 晩期合併症について長期経過観察が必要である。

解答:b

 

105,
脊髄圧迫症状を伴う骨転移について誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 緊急照射の適応である。
b 前駆症状として疼痛が多い。
c 責任病巣としては腰椎が多い。
d 30 Gy/10 回の照射は有効である。
e 放射線治療にステロイド薬投与を併用する。

解答:c