基礎(1-15)

1.
荷電粒子線はどれか。2つ選べ。
a α線
b β線
c γ線
d X線
e 中性子線

解答: a,b

radio

 

2.
高 LET(線エネルギー付与)放射線はどれか。2つ選べ。
a γ線
b 電子線
c 陽子線
d 中性子線
e 炭素イオン線

解答:d,e
  • 高LET線:粒子線、中性子線など
  • 低LET線:γ線、X線、陽子線など

 

3.
MR hydrography に含まれないのはどれか。1つ選べ。
a MR urography
b MR sialography
c MR myelography
d MR tractography
e MR cholangiopancreatography

解答: d
  • d以外は水を見るもの。
MR tractography
  • 神経線維の方向による拡散異方性を利用し脳白質線維群を画像化したもの。

 

4.
MRI におけるケミカルシフトアーチファクトの原因はどれか。1つ選べ。
a 励起磁場の不均一性
b 物質間の磁化率の差
c 受信コイルの感度むら
d 物質間の誘導電流の差
e 物質間の共鳴周波数の差

解答: e
  • chemical shift artifactは2つ物質の共鳴周波数の違いにより発生する。

 

5.
放射線感受性が高い細胞周期はどれか。2つ選べ。
a M期
b G0 期
c S 期の後半
d G1 期の前半
e G1 期からS 期への移行期

解答:a,e
細胞周期と放射線感受性
  • 最も放射線高感受性:G2期後半−M期
  • 次に放射線高感受性:G1後半-S期前半

※これまで抵抗性ばかり出ていたが、感受性が新しく出題。【新傾向!?】

 

 

6.
癌抑制遺伝子 p53 の代表的な機能はどれか。2つ選べ。
a 細胞周期の停止
b 細胞生存の促進
c 細胞増殖の促進
d 細胞のアポトーシス誘導
e 細胞のネクローシス誘導

解答:a,d
  • p53の機能:転写因子、細胞周期の制御、アポトーシス誘導

 

7.
放射線治療に影響する4Rでないのはどれか。1つ選べ。
a Repair
b Repopulation
c Redistribution
d Recombination
e Reoxygenation

解答:d
放射線治療に影響する4R
  • 回復、修復(Recovery or Repair)
  • 再酸素化(Reoxygenation)
  • 再分布、同調(Redistribution)
  • 再生(Regeneration),再増殖(Repopulation)

参考)放射線科専門医過去問頻出問題 基礎【放射線照射後】

 

8.
エックス線の放射線治療における分割照射のメリットとして誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 治療可能比を上昇させる。
b 腫瘍細胞の加速再増殖を抑える。
c 腫瘍組織における再酸素化を促す。
d 正常細胞の亜致死障害からの回復を促す。
e 腫瘍組織における細胞周期の再分布を促す。

解答: b

※よくわかりません。cだと思ったのですが、腫瘍細胞を再酸素化した方が放射線治療はより効果的になるようです。腫瘍細胞では前問の4Rはすべて当てはまる。正常組織の回復・修復もあり、b-eはいずれも○か。

治療の先生にまた聞いておきます。

このサイトを見て頂いたまっくす様よりコメントいただきました。ありがとうございます。

「8番の分割照射ですが、加速再増殖は抑制できません。むしろ、分割照射による治療期間の延長で、加速再増殖が見られます。」

 

9.
放射線診療に関連する IT 用語の組み合わせで関係ないのはどれか。1つ選べ。
a DICOM ―――― 医用画像
b GSDF ――――― 画像表示
c CPI ―――――― コスト効率
d HL7 ―――――― 電子カルテ
e IHE ―――――― 医療機関情報統合

解答: c
  • DICOMとは、Digital Imaging and COmmunication in Medicineの略で、医用画像にまつわる標準規格。
  • GSDF:Grayscale Standard Display Functionの略で、グレースケール標準表示関数のこと。部屋の明るさや、モニタの輝度によらず、同じ画像なら同じように見えるという特徴を持った表示関数。
  • 放射線診療に関連するCPIとはConsistent Presentation of Imagesのことで「画像の一貫性表示」。
  • コスト効率指数をcost perfomance indexというが放射線診療には関係ない。
  • HL7とはhealth level sevenの略。DICOMとともに用いるべき規格として、厚生労働省グランドデザインに記載。電子カルテで推奨されている。
  • IHEは、Integrating the Healthcare Enterpriseの略で、HL7、DICOMなどの標準規格を適用して、医療機関の情報を統合し、統一的に運用しようという運動。

 

10.
電子化放射線部門システムでの患者情報の診療への利用に際し,好ましくないのはどれか。1つ選べ。
a 読影室への入室制限
b レポート端末のスクリーンロック
c 遠隔画像診断時の患者基本情報の削除
d 画像の記録媒体書き出し時の匿名化機能
e 電子カルテとレポーティングシステムの患者同期

解答: c
  • 患者基本情報とははカルテ No.・患者名・生年月日・年齢・性別・最終診療日など。名前はいらないかもしれないが、年齢や性別は必要。「削除」というのが、どこまでなのかは判断が難しいが、他の選択肢からこれが正解と思われます。

 

11.
急性放射線症候群の前駆症状でないのはどれか。1つ選べ。
a 嘔吐
b 下痢
c 発熱
d 掻痒感
e 意識混濁

解答: d?→e?→d
  • 急性放射線症候群の病期は,被ばく後の時間的経過によって前駆期,潜伏期,発症期,回復期に分けられる。
  • 前駆期は,悪心,嘔吐,下痢,発熱,初期紅斑,唾液腺の腫脹などの前駆症状と呼ばれる症状が一過性に発現する被ばく後48時間以内を言う。
  • 前駆期に意識障害はあるようだが、「意識混濁」かは不明。掻痒感はありそうだけど記載ない。
  • 元の論文は読む気にもなれません。

問11ですが、元の論文を読んだところ、prodromal phasa の症候として heat sensation、itching、tenderness が記載されているため、掻痒感は前駆症状に該当すると思います。(φ様ありがとうございます。)

ちゃんと論文を読んだわけではありませんが、論文でΦ先生が参考にされたのはTableⅦと思われ、それはLOCAL RADIATION INJURIESに対する内容のようです。ACUTE RADIATION SYNDROMEについて触れているのはTableⅧで、こちらを参考にするべきなのかと思います。答えはd.掻痒感で良いのではないかと思います。
そもそもheat sensationもtendernessも選択肢にありませんし・・・。

らっちょ先生ありがとうございます!!

 

12.
放射線診療従事者の管理で,男性と妊娠可能な女性とで異なるのはどれか。1つ選べ。
a 健康診断の項目
b 教育訓練の項目
c 線量集計の間隔
d 一日の作業時間
e 作業環境管理方法

解答:c

診療放射線従事者の安全管理
  • 健康診断:初回と定期(半年毎) 放射線に関する健診は特殊健診 定期健診を受けることが前提
  • 教育訓練:初回と定期的(1年間) 障防法は内容を細かく規定
  • 被ばく測定:個人線量計で測定

※健康診断の中で、放射線診療従事者の実効線量限度について記載あり。妊娠可能な女性は5mSv/3ヶ月と記載あることから、男性とは異なる

 

13.
エックス線の放射線加重係数の値はどれか。1つ選べ。
a 0.01
b 0.05
c 0.1
d 1.0
e 2.0

解答:d
  • 問題文に誤字あり。加重ではなくて「荷重」。
  • 放射線荷重係数は、放射線の種類によって値が異なり、X線、ガンマ線、ベータ線は1、 陽子線は2、 アルファ線は20、 中性子線はエネルギーにより5から20までの値をとる。

参考)放射線科専門医過去問頻出問題 基礎【組織荷重係数、放射線荷重係数】

X線は載ってませんが・・・。

 

14.
放射線被ばくの分類で誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 医師が医療行為で被ばく ―――――――――― 職業被ばく
b 癌患者が放射線治療で被ばく ―――――――― 医療被ばく
c 患者の検査時に介護者が被ばく ――――――― 職業被ばく
d 原子力発電所の職員が業務で被ばく ――――― 職業被ばく
e 妊娠女性が業務で被ばくした場合の胎児の被ばく ― 公衆被ばく

解答: c
  • 介護者が被ばくは医療被ばく。

 

15.
放射線の確定的影響(組織障害反応)の指標である「しきい線量」は,放射線治療患者の場合,何%に障害が出現する線量か。1つ選べ。
a 0.5~1%
b 1~5%
c 5~25%
d 25~50%
e 50%

解答: b
  • 放射線治療では5年以内に1-5%の患者に障害を生ずる線量をしきい値としている。

 

診断(16-70)

16.
乳児の四肢骨に限局性溶骨性病変があり,骨膜反応を伴っている。可能性が高いのはどれか。1つ選べ。
a 骨肉腫
b Ewing 肉腫
c 非骨化性線維腫
d アダマンチノーマ
e Langerhans 細胞組織球症

解答:  e
  • 乳児→LCH、神経芽細胞腫の転移
ユーイング肉腫(Ewing’s sarcoma)
  • 好発年齢:5歳以降20歳まで。なので合わない。
  • 好発部位:長管骨の骨幹。骨幹端にもあり。扁平骨(特に骨盤)にも多い。
  • 画像所見:辺縁不鮮明な骨吸収像。層状や放射状の骨膜反応が強くみられる。骨内の反応性骨形成もあり,しばしば骨肉腫内の腫瘍骨形成との鑑別が困難である。
  • 骨膜反応の強い腫瘍としてバーキット腫瘍・ユーイング肉腫・小児白血病・神経芽細胞腫・骨肉腫が挙げられる。

 

17.
単純 X 線写真で孤在性骨病変が良性であることを示すのはどれか。2つ選べ。
a 硬化縁
b 点状石灰化
c 骨皮質肥厚
d 地図状骨破壊
e 浸透状骨破壊

解答:a,c?

d. 地図状でも境界明瞭なものは良性腫瘍が大部分。また骨髄腫、甲状腺癌、胃癌の骨転移など、境界不鮮明なものは悪性腫瘍が多い。

 

 

18.
骨壊死をきたしやすいのはどれか。2つ選べ。
a 脛骨プラトー骨折
b 舟状骨腰部骨折
c 橈骨遠位端骨折
d 大腿骨頚部骨折
e 外果骨折

解答: b,d
舟状骨骨折の分類
  • 結節部骨折・遠位1/3部骨折 → 関節包外骨折。
  • 腰部・近位1/3部骨折      → 関節包内骨折。
  • 舟状骨骨折の中央~近位の骨折では骨壊死や偽関節・遷延治癒を起こしやすい。なぜならば栄養の主血管が末梢・背側からのみであるから。
大腿骨頸部骨折
  • 高齢者、特に女性で起こりやすい。
  • 関節包内に骨膜性骨新生がないため難治性であることが多く、大腿骨頭の特殊な血流支配のため、骨頭壊死に陥りやすい。

 

19.
外傷の既往がない患者で,感染を示唆するのはどの部位のガス像か。1つ選べ。
a 椎間板
b 筋肉内
c 椎体内
d 仙腸関節
e 恥骨結合

解答: b

 

20.
骨端線骨折で最も頻度が高いのはどれか。1つ選べ。

骨端線骨折
解答:b
骨端線骨折
  • ソルターハリス分類によって、Ⅰ~Ⅴに分類。問題のa-eにそれぞれ対応。
  • 一番多いのはⅡ型。

 

21.
単純 X 線写真で児童虐待と関連が低いのはどれか。1つ選べ。
a 肋骨骨折
b 新旧骨折の混在
c 脛骨骨幹斜状骨折
d 大腿骨遠位骨幹端角の骨折
e 過剰な仮骨を伴う上腕骨骨幹骨折

解答: c
  • 肋骨も背側ならば虐待に特異的。
  • 脛骨骨幹斜状骨折は、よちよち歩きの幼児に生じるよちよち歩き骨折(Toddler‘s fracture)は脛骨遠位部に生じるらせん骨折のことか。脛骨骨幹斜状骨折をGoogleで調べても完全に一致するものは出てこない。
    ※よちよち歩き骨折は2009年に出題あり。

参考)被虐待児症候群(battered child syndrome)

 

22.
頭部拡散強調像で高信号を示すのはどれか。2つ選べ。
a 類上皮腫
b 神経鞘腫
c くも膜囊胞
d 悪性リンパ腫
e 毛様細胞性星細胞腫

解答: a,d

 

23.
後頭葉病変として稀なのはどれか。1つ選べ。
a 血管腫
b 膠芽腫
c 脳梗塞
d PRES(posterior reversible encephalopathy syndrome)
e MELAS(mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, stroke-like episodes)

解答: b
  • MELAS:後頭・頭頂葉の梗塞様病変が見られる。基底核の石灰化が20%にあり。
  • PRESも当然後ろに来る。
  • 脳梗塞も後頭葉に起こる。

とすると??

drark様よりコメントいただきました。

23.後頭葉病変として稀なのは?
b.膠芽腫の好発部位は前頭葉、側頭葉、頭頂葉の順であり、選択肢の中では相対的に稀ということになるのではないでしょうか?たぶんですが。

c-eは×なので、膠芽腫として後頭葉は稀とのことで、答えはbだと思われます。血管腫はどこに来てもいいですしね。

 

24.
T1 強調像で被殻が高信号を呈するのはどれか。1つ選べ。
a Wilson 病
b 肝性脳症
c トルエン中毒
d 多系統萎縮症
e 神経 Beçhet 病

解答: b
淡蒼球を中心とした基底核にT1強調像で高信号を呈する鑑別疾患
  • 肝性脳症 、門脈系-体循環系短路
  • カルシウム・リン代謝異常
  • 慢性後天性肝脳変性症
  • ビタミン欠乏などの栄養障害
  • CO中毒
  • HIV脳症
  • 低血糖脳症
  • 低酸素脳症
  • 長期中心静脈栄養(IVH)に関連した変化 高カロリー輸液
  • 糖尿病によるバリスムを伴う高血糖脳症(被殻中心、時に尾状核) など

 

25.
児童虐待の頭部画像所見として関連が低いのはどれか。1つ選べ。
a 脳挫傷
b 静脈洞血栓
c 頭蓋骨骨折
d 慢性硬膜下血腫
e 急性硬膜下血腫

解答: b

 

26.
Time of flight MR angiography において高信号なのはどれか。1つ選べ。
a 脳実質
b 脈絡叢
c くも膜顆粒
d 下垂体後葉
e 内耳リンパ液

解答: d
  • 下垂体後葉はT1WIで高信号を示す。

関連:下垂体とは?場所や大きさを図で解説!

 

27.
神経線維腫症 II 型に合併するのはどれか。2つ選べ。
a 髄膜腫
b 上衣腫
c 星細胞腫
d 視神経膠腫
e 神経線維腫

解答: a,b

2012年27番とほぼ同じ問題。

 

28.
若年性血管線維腫で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 被膜を有する。
b 女性に好発する。
c 蝶形骨洞に発生する。
d 翼口蓋窩が拡大する。
e 術前に生検が必須である。

解答: d
若年性血管線維腫
  • 翼口蓋窩付近の後鼻腔組織から発生するきわめて血流豊富な腫瘍。
  • ほとんどが10歳台の男性で,鼻出血や鼻閉を主訴とする。
  • 組織的には良性腫瘍であるが局所浸潤性が強いため。生検は危険。画像診断の果たす役割が大きい疾患。

 

29.
耳下腺腫瘍の画像診断において正しいのはどれか。2つ選べ。
a 多形腺腫は被膜を認める。
b 悪性リンパ腫は高い ADC 値を示す。
c 耳下腺内に腫大リンパ節を認めることはない。
d 下顎後静脈は顔面神経の位置の推定に有用である。
e Warthin 腫瘍はダイナミック MRI で漸増性の造影パターンを示す。

解答:a,d
  • e:ワルチンは早期濃染、washoutのパターン。漸増性に造影されるのは多形腺腫。

▶下顎後静脈を動画で理解する。

 

 

30.
T2 強調像で低信号を呈するのはどれか。1つ選べ。
a 上顎癌
b 急性副鼻腔炎
c 副鼻腔真菌症
d 術後性頬部囊胞
e 若年性血管線維腫

解答: c
  • 頻出問題。鉄・マンガンを沈着するため。

 

31.
胸部 X 線写真の所見とリンパ節腫大の組み合わせで誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 前接合線の開大 ――――――― 血管前リンパ節
b 奇静脈陰影の拡大 ―――――― 右気管気管支リンパ節
c 奇静脈食道線の偏位 ――――― 気管分岐下リンパ節
d 右心横隔膜角部腫瘤影 ―――― 右前部横隔膜リンパ節
e 大動脈肺動脈窓腫瘤影 ―――― 大動脈下リンパ節

解答: d

a、血管前リンパ節とは胸膜頂から気管分岐部レベルに存在し,胸骨より後,右側では上大静脈前縁線より前,左側では左総頸動脈より前に位置するリンパ節。○ぽい。

b、◯:気管気管支リンパ節という言葉は最新の肺癌ガイドラインにはない。気管正中部より右側で、奇静脈頂部から右上(葉気管支)幹の起始部の間に存在するリンパ節のこと(10R)。

気管気管支リンパ節は4番→現在の下部気管傍リンパ節とおもいます。奇静脈弓は突出してもいいのではないかとおもいます。#4ならば拡張しても良さそうです。

今のガイドラインでは、#10は 肺門リンパ節(主気管支周囲リンパ節)。他、奇静脈陰影の拡張は右心負荷(心不全、うっ血)で偏位する。

c、○:奇静脈食道線の偏位は、気管分岐下リンパ節腫大、食道癌や食道裂孔ヘルニアなどの中縦隔の腫瘤性病変、左房拡大、奇静脈食道陥凹部に入り込んだ肺病編などで見られる。(局所的な右方への突出として認められる。)

d、×:横隔膜リンパ節は現在の横隔膜上リンパ節(111番)で右の心横隔膜角には出てこない。

e、○:大動脈肺動脈窓(aortopulmonary window:A-P window):大動脈弓下縁と左肺動脈上縁の間で、内側が左主気管支と気管、外側は縦隔胸膜に囲まれた内側に陥凹した領域のこと。左反回神経、動脈管索、Botalloリンパ節(大動脈下リンパ節)、上行大動脈リンパ節がある。

dorogamekun先生ありがとうございました。

 

32.
胸部ポータブル写真について,胸部 X 線写真(立位 PA 像)との比較で,正しいのはどれか。1つ選べ。
a 横隔膜は低位
b 上肺野血管は拡張
c 胸水の評価が良好
d 肺野の評価が良好
e 心胸郭比の上限は 50%

解答: b
ポータブル写真の特徴
  • 条件が悪くなりやすい。画質や条件が保たれない。
  • 短い焦点距離、前後方向の撮影:上縦隔・心陰影は拡大して描出される。
  • 患者の体位や呼吸の深さが不安定なので、解釈や比較が困難。
  • 正常も異常も立位とは異なるので注意。胸水は背側、気胸は腹側へ分布する。

 

33.
病変が上肺野に優位な分布を示すのはどれか。1つ選べ。
a 石綿肺症
b 粟粒結核
c 非特異性間質性肺炎
d びまん性汎細気管支炎
e Langerhans 細胞組織球症

解答: e
分布まとめ
  • 上肺野優位=二次性結核、サルコイドーシス、LCH、珪肺、小葉中心性肺気腫
  • 下肺野優位=UIP、非特異的間質性肺炎、石綿肺、血行性転移
  • 肺門部優位=肺水腫、カリニ、肺胞蛋白症

 

34.
肺癌の臨床病期分類で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 骨転移は M1a である。
b 分岐部リンパ節腫大は N2 である。
c 長径 30 mm 以下の肺癌は T1 である。
d 腹部大動脈周囲リンパ節腫大は N3 である。
e 判定に迷う場合は,より進行した病期に分類する。

解答: b
  • a:× 骨転移を含む他臓器への遠隔転移はM1b。
  • b:○ 同側縦隔かつ/または気管分岐部リンパ節への転移はN2。
  • c:× T1:腫瘍最大径≦3 cm,肺か臓側胸膜に覆われている、葉気管支より中枢への浸潤が気管支鏡上なし(すなわち主気管支に及んでいない) のもの。サイズだけではT1とは言えない。
  • d:× 対側縦隔、対側肺門、同側あるいは対側の前斜角筋,鎖骨上窩リンパ節への転移がN3。
  • e:×より低く取るのが基本。

2018/02/14追記

日本肺癌学会編「臨床・病理 肺癌取扱い規約 2017年1月(第8版)」(金原出版)によると、

T1:充実成分の大きさが3cm以下、かつ肺または臓側胸膜におおわれ、葉気管支より中枢への浸潤が気管支鏡上認められない(すなわち主気管支に及んでいない)

T2:充実成分の大きさが3cmを超え5cm以下
または、充実成分の大きさが3cm以下でも以下のいずれかであるもの

  • 主気管支に及ぶが気管分岐部には及ばない
  • 臓側胸膜に浸潤がある
  • 肺門まで連続する部分的または片側全体の無気肺か閉塞性肺炎がある

であるので、3cm以下の場合は、T1もしくはT2の可能性があります。

 

35.
胸部 CT で肺内病変の分布が肺野外層に少ないのはどれか。1つ選べ。
a 感染性肺塞栓
b 特発性肺線維症
c 慢性好酸球性肺炎
d 亜急性過敏性肺炎
e アレルギー性気管支肺真菌症

解答: e
アレルギー性アスペルギルス症の画像所見
  • 中枢性気管支拡張
  • 粘液栓
  • 気管支壁肥厚
  • 無気肺
  • すりガラス影、浸潤影
  • 小葉中心性陰影

 

36.
肺結核の所見として,再感染よりも初感染で頻度が高いのどれか。1つ選べ。
a 空洞
b 斑状影
c 結核腫
d リンパ節腫大
e tree in bud appearance

解答: d
  • 一次結核では、中下肺野に浸潤影が見られたり、リンパ節腫大、胸水を認める。肺病変もリンパ節腫大ともに右肺に多い。

参考記事)一次結核の画像診断

 

37.
特発性肺線維症の CT 所見として特徴的なのはどれか。2つ選べ。
a 蜂巣肺
b 小葉中心性粒状影
c 牽引性気管支拡張
d 気管支血管周囲に優位な分布
e 下葉の広範なすりガラス状陰影

解答:a,c
UIP pattern
  • 胸膜直下・肺底部優位。
  • 網状影。
  • 蜂巣肺、時に牽引性気管支拡張像を伴う。
  • Inconsistent with UIP patternに挙げられている所見がない。

参考記事)通常型間質性肺炎(UIP/IPF)のCT画像診断

 

38.
マイコプラズマ肺炎の CT 所見として頻度が高いのはどれか。1つ選べ。
a 空洞
b 小葉間隔壁の肥厚
c 小葉中心性粒状影
d 中葉,舌区優位の分布
e crazy-paving appearance

解答: c
  • 小葉中心性結節影(しばしばtree-in-bud appearance)・(中枢まで目立つ)気管支肺動脈束の肥厚・(気管支肺炎様の)小葉大のすりガラス・均等影・浸潤影。

参考記事)マイコプラズマ肺炎の画像診断

 

39.
胸膜中皮腫について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 縦隔側胸膜の肥厚は認めない。
b 低濃度の石綿暴露では生じない。
c 肉腫型は上皮型より予後不良である。
d 石綿暴露から 10 年程度の発症が多い。
e 胸水のみが所見であることはまれである。

解答: c
  • 縦隔側の胸膜肥厚が特徴的。
  • 20〜40年の潜伏期を経て発症。
  • 低濃度曝露でも発症する。
  • 胸水の合併が9割と多い。

参考記事)胸膜中皮腫の画像診断

 

40.
肺腫瘤の CT 所見として正しいのはどれか。2つ選べ。
a カルチノイドは空洞を生じることが多い。
b 粘液腺癌は気管支散布性転移を生じる。
c 造影効果の乏しい肺野結節は悪性の可能性が高い。
d 肺末梢型小細胞癌では血管収束像が見られることが多い。
e 高分化型肺腺癌は辺縁にすりガラス影を有することが多い。

解答: b.e
  • カルチノイドは石灰化はあるが空洞は多くはない。
  • 粘液腺癌は気管支散布性転移を生じて、肺炎様の画像所見を呈する。以前BACとも言われていた。
  • 末梢型の肺腺癌が血管収束像が見られることが多い。
  • 高分化肺腺癌は辺縁にスリガラス影を認めることが多く、そのためPETで偽陰性になりやすい。

 

41.
縦隔腫瘍で石灰化を来たしやすいのはどれか。2つ選べ。
a 胸腺腫
b 神経鞘腫
c 精上皮腫
d 成熟奇形腫
e 悪性リンパ腫

解答: a,d

 

42.
胸部 X 線写真で肺血管陰影が増強するのはどれか。2つ選べ。
a 動脈管開存
b Ebstein 奇形
c Fallot 四徴症
d 心房中隔欠損
e 修正大血管転位

解答: a,d

  • 肺血管陰影が増強するものを選ぶ問題。頻出問題で、より古い過去問にシェーマ付きで解説していますので、そちらを参照してください。

 

43.
大動脈解離について誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 真腔は拡大した偽腔で圧排される。
b 剥離内膜の同定は診断上特異性が高い。
c 血栓閉塞型の偽腔は単純 CT で高吸収を示す。
d DeBakey II 型では下行大動脈にエントリーがある。
e 大動脈基部の評価に心電図同期 CT が有用である。

解答: d

  • 真腔は、偽腔に圧排される。剥離内膜が同定できれば、当然特異性が高い。
  • 血栓閉鎖型の偽腔は単純CTで高吸収を示すので、単純の撮影が重要。
  • 大動脈基部は解離を疑うようなアーチファクトがでやすいので、心電図同期させるとよい。

参考)偽腔閉鎖型大動脈解離の画像診断

 

44.
心電図同期冠動脈 CT について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 冠動脈奇形の診断は困難である。
b ステント内狭窄の評価が容易である。
c 高心拍数の患者ではアーチファクトが少ない。
d 不整脈患者では階段状のアーチファクトが見られる。
e 石灰化病変による冠動脈狭窄の評価が容易である。

解答: d

  • b:ステント内狭窄が可能みたいですが、容易かと言われれば×か。
  • a,c,eは×。心拍数はとにかく落とさないとダメ。石灰化病変が多ければ(石灰化スコアが高値)そもそも冠動脈CTの適応ではない。

aaaさんからのコメント

44ですが、SCCTガイドラインによると脈の不整で階段状artifactが出ると記載あります。ステントや石灰化は過大評価しやすいともあります。

ですので、dが正解ですね。aaaさんありがとうございます。

 

45.
乳癌の疫学について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 日本の乳癌罹患率は 70 歳代がピークである。
b 日本の乳癌年齢調整死亡率は減少傾向にある。
c 閉経後女性では肥満が乳癌発症リスクを増加させる。
d 初産年齢が低い女性ほど乳癌発症リスクは減少する。
e 授乳経験のある女性は,ない女性よりも乳癌発症リスクが高い。

解答:c,d
  • a. ×  40歳代後半から50歳代にピーク。
  • b. × 死亡率に関してはまだ上昇傾向が継続している。欧米は減っている。
  • c. ◯ BMI が 20.0 の女性のリスクを1とすると BMI が 25.1以上の女性のリスクは 1.9となる。

45ですが、現在の乳癌診療ガイドラインでは、『閉経後の肥満は「確実」なリスク要因であるが,閉経前は「ほぼ確実」な予防要因である。』となっている。

ハリー先生ありがとうござます。

  • d.○ 22 歳以下で出産を経験した女性のリスクを1とすると 28 歳以上で出産を経験した場合は 2.5(閉経前)、1.2(閉経後)となる。
  • e. × 授乳経験が乳がん予防に効果がある、とする研究論文が 2002 年 7月 20日発行の医学誌ランセットで発表された (Collaborative Group on Hormonal Factors in Breast Cancer (2002). The Lancet, vol.360, pp.187-195)。

 

46.
マンモグラムにおける腫瘤のカテゴリー分類について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 粗大石灰化を有する腫瘤はカテゴリー 2である。
b 脂肪を含む腫瘤はカテゴリー 3である。
c 境界明瞭平滑な腫瘤はカテゴリー 3である。
d スピキュラを伴う腫瘤はカテゴリー 4である。
e 境界不明瞭な腫瘤はカテゴリー 5である。

解答:a,c

  • b. 脂肪を含む腫瘤はカテゴリー2。
  • d.スピキュラを伴う腫瘤はカテゴリー5。
  • e.境界不明瞭な腫瘤はカテゴリー4。

と思われます。

 

47.
マンモグラムの所見で悪性が疑われるのはどれか。2つ選べ。
a 構築の乱れ
b 石灰乳石灰化
c 中心透亮性石灰化
d 不均一高濃度乳腺
e 微細線状分枝状石灰化

解答:a,e

 

48.
新生児期の胸部疾患で外科手術の適応となるのはどれか。2つ選べ。
a 気管食道瘻
b 気管支肺異形成
c 胎便吸引症候群
d 呼吸促迫症候群
e 先天性横隔膜ヘルニア

解答: a,e

 

49.
小児疾患と画像所見の組み合わせで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 腸重積―――――――― target sign
b 虫垂炎―――――――― whirlpool sign
c 先天性巨大結腸症――――― corkscrew sign
d 肥厚性幽門狭窄症――――― 幽門管短縮
e 気管食道痩 Gross A 型 ――― 胃泡拡大

解答:a

 

50.
肝芽腫について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 新生児期に多い。 b 肺転移は稀である。
c 腫瘍内の出血や壊死が多い。
d 小児悪性腫瘍で最も頻度が高い。
e 全体の 50% で血清 AFP の上昇を認める。

解答: c

  • a. × 2歳以下。(ピークは1歳代)
  • b. ×
  • c. ○ 上皮性成分の多い場合には内部は不均一だが、間葉成分が多い場合には出血、壊死、石灰化のため内部は複雑になる。
  • d. × 白血病>脳腫瘍>悪性リンパ腫>神経芽腫>胚細胞腫瘍>軟部腫瘍>骨腫瘍>網膜芽腫>腎芽腫>上皮性腫瘍>肝芽腫>その他
  • e. 90%以上でAFPの増加を認める。

 

51.
進行性大腸癌を疑う CT 所見はどれか。2つ選べ。
a beak sign
b whirl sign
c overhanging edge
d eccentric stenosis
e cobblestone appearance

解答:c,d

2014/8/15 某大学病院O先生より指摘あり修正。

c. ×→○ 痛風で見られる。…。Overhanging edgeは腫瘍境界部に癌腫が周囲粘膜を圧排挙上するように発育するため認められる注腸の像。(痛風における境界明瞭な骨びらんを意味するレントゲン所見にも動揺のフレーズが使われる)

d.×→○ eccentric stenosisで検索すると血管ばかり出て来ますが…。

参考)ESRのEPOS

e.× これはクローン病。

 

52.
Gd-EOB-DTPA 造影 MRI の肝細胞相において,周囲肝実質と同程度に EOB を取り込む可能性が最も低いのはどれか。1つ選べ。
a 肝細胞癌
b 肝細胞腺腫
c 大腸癌肝転移
d 限局性脂肪沈着
e 限局性結節性過形成

解答: c

  • green hapatomaではHCCでも肝細胞相で取り込むので。肝細胞に取り込まれるため肝細胞由来でないものは、取り込まれない。c以外は肝細胞がbaseにあるため取り込まれる可能性がある。

 

53.
大腸壁のび漫性肥厚をきたしにくいのはどれか。1つ選べ。
a 大腸憩室炎
b 偽膜性腸炎
c 好酸球性腸炎
d 過敏性大腸炎
e カンピロバクター腸炎

解答:a→d

  • 憩室炎の場合、局所的にびまん性の壁肥厚を来しうるが結腸炎にくらべてその範囲、長さが小さい。

参考記事)憩室炎の画像診断

シン先生ありがとうございました!

54.
ガドリニウム造影剤使用のリスクが最も低いのはどれか。1つ選べ。
a 透析患者
b 気管支喘息患者
c 妊娠第 16 週の妊婦
d 慢性腎臓病 stage 4,5 患者
e メトホルミン投与中の糖尿病患者

解答:e

  • メトホルミン投与で注意するのはヨード造影剤。腎不全患者や気管支喘息患者には禁忌。

参考記事)ヨード造影剤を投与にあたり注意すべき薬剤は?

55.
IgG4 高値と関連が最も低いのはどれか。1つ選べ。
a 間質性腎炎
b 仙腸関節炎
c 後腹膜線維症
d 慢性甲状腺炎
e 自己免疫性膵炎

解答: b

  • 他は関連あり。

参考記事)IgG4関連疾患

56.
子宮頸癌の臨床進行期分類(FIGO)として誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 病巣が 5 cm で頸部に限局する場合は,IB2 期である。
b 傍子宮結合組織浸潤があった場合は,IIB 期である。
c 腟壁浸潤が下1/3に達する場合は,IIIA 期である。
d 水腎症があれば,IIIB 期である。
e IVB 期の診断には,膀胱鏡検査が必要である。

解答:e

  • a. ○ Ⅰ期は子宮頚部に限局。Ⅰbは4cmを超える。なので○。
  • b. ○ 定義通り。
  • c. △ 膣壁下1/3に達するが骨盤壁へは達していないのがⅢA期。骨盤壁の記載は問題文にはないが…。
  • d. ○ 骨盤壁に達する、または明らかな水腎症/無機能腎を認めるのがⅢB。
  • e. × ⅣB期とは小骨盤腔を超えて広がる。膀胱への浸潤がⅣA期なので、膀胱鏡では足りないのでしょう。

参考記事)子宮頸がんの画像診断

57.
膵内分泌腫瘍と膵漿液性囊胞腺腫の鑑別診断法として最も有用なのはどれか。1つ選べ。
a 超音波検査
b ダイナミック CT
c MRCP
d ERCP
e 血管造影

解答: c

  • 漿液性は水なので、MRCPにて水の高信号を呈する。内分泌腫瘍がいくら嚢胞を伴っても水の高信号ではない。

 

58.
MRI の T2*強調像が診断に有用なのはどれか。1つ選べ。
a 脂肪肝
b 慢性肝炎
c Wilson 病
d 肝ヘモジデローシス
e 肝サルコイドーシス

解答: d

  • 過去問通り。

 

59.
膵囊胞性腫瘍について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 漿液性囊胞腺腫の石灰化は中心部に多い。
b 粘液性囊胞腫瘍は若年女性に好発する。
c 粘液性囊胞腫瘍は主膵管と交通することが多い。
d 膵管内乳頭粘液性腫瘍の分枝型は主膵管型より悪性度が高い。
e 膵管内乳頭粘液性腫瘍のある膵臓には通常型膵癌が合併しやすい。

解答: a,e

  • 過去問通り。

 

60.
骨盤腹膜炎について誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 不妊の原因になる。
b 卵巣の腫大を伴うことが多い。
c 慢性期には下痢や便秘がみられる。
d 膣からの上行感染によることが多い。
e 子宮内避妊器具の長期装着症例では大腸菌感染が多い。

解答:  e

  • 子宮内避妊器具の長期装着症例では放線菌感染が多い。
  • 骨盤腹膜炎では、卵管炎(卵管は骨盤内臓器で最も炎症が起こりやすい。)から卵巣炎に至ると、卵巣は腫大し、造影効果の増強を認めるようになる。

参考記事)骨盤腹膜炎の画像診断

61.
左精巣癌 pT1 の経過観察 CT で,最も注意して観察すべきリンパ節が含まれる断面はどのレベルか。 1つ選べ。
a 鎖骨上窩
b 肺門部
c 腎門部
d 骨盤入口部
e 鼠径部

解答: c

  • Ⅰ期精巣腫瘍では、高位精巣摘除術後に、傍大動脈領域に放射線治療を行なう。左精巣腫瘍では、精巣静脈に左腎静脈が流入するため、左腎門部が十分含まれるようにする。

 

62.
肝限局性結節性過形成の画像所見として正しいのはどれか。2つ選べ。
a 被膜を認めることが多い。
b ダイナミック CT の動脈相で強く濃染する。
c 腫瘤内に脂肪成分を認めることが多い。
d 中心瘢痕は MRI の T2 強調像で低信号を示す。
e 車輻状血管像(spoke-wheel appearance)が特徴的である。

解答:b.e

  • 被膜を認めるのはHCCなど。FNHは過形成。
  • ダイナミックにて動脈相で強く造影され、抜けないのが特徴。
  • 脂肪を認めるのは、HCCやAMLなど。
  • 中心瘢痕はT2WIで高信号になる。

FNHの画像所見

  • 画像上境界明瞭な腫瘤、通常被膜を持たない
  • 単純CT:低~等吸収
  • MRI:T1、T2強調像ともに均一で肝と同程度の信号強度
  • CT 、 MRI ともに早期相より均一な強い造影効果
  • 腫瘤内にクッパー細胞が存在(15.4%で減少or欠損)

T2WI with superpara magnetic iron oxide(SPIO)造影で低信号
Gd-EOB-DTPA 造影で取り込まれ高信号となることが多い
99mTc コロイドシンチグラフィにて集積あり(約60%)

  • 中心性瘢痕:CTで<3cmの35%、>3cmの65%、MRIで78%にみられる

遅延相にて造影効果(+)、MRI T2WIで高信号

  • 血管造影:栄養動脈が中心瘢痕から入り、分岐しながら放射状に末梢に分布(spoke-like appearance)、その後肝静脈へ還流

参考記事)FNHの画像診断

 

63.
MRI の経口造影剤として使用されるのはどれか。2つ選べ。
a ガドテリドール
b フェルカルボトラン
c 塩化マンガン四水和物
d ガドキセト酸ナトリウム
e クエン酸鉄アンモニウム

解答:c,e

  • フェルカルボトランはSPIOの一般名。
  • ガドキセト酸ナトリウムはEOBの一般名。
  • 塩化マンガン四水和物(ボースデル®):MRI用経口消化管造影剤→MRCPで用いられる。T1WI、T2WIのコントラストが増強される。
  • クエン酸鉄アンモニウム(フェリセルツ®):消化管(胃、十二指腸、空腸)造影 ・胆道膵管撮影時の消化管陰性造影に用いられる。MRCPで用いられる。T1WI、T2WIのコントラストが増強される。

 

64.
MRI において脂肪抑制法として用いられるのはどれか。2つ選べ。
a EPI 法
b GRE 法
c STIR 法
d FLAIR 法
e CHESS 法

解答:c.e

  • EPI法はDWI。
  • 脂肪抑制は、STIR、CHESS法。
  • GRE法はGradient echo法。

 

65.
右大腿動脈からのイントロデューサ挿入を試みるとき,傷つける可能性が低いのはどれか。1つ選べ。
a 腰動脈
b 浅腹壁動脈
c 正中仙骨動脈
d 右深大腿動脈
e 右内腸骨動脈

解答:c

  • 腹部大動脈から下方に分岐。過去問にあり。

 

66.
IVR 施行中に徐脈と血圧低下が認められた。静注する薬剤として適切なのはどれか。1つ選べ。
a ステロイド
b テオフィリン
c アドレナリン
d 塩酸リドカイン
e 硫酸アトロピン

解答: e

これも過去問(2011)にあり。今回の問題の方が素直。迷走神経反射。

67.
MRI のアーチファクトでないのはどれか。1つ選べ。
a リングアーチファクト
b 折り返しアーチファクト
c ジッパーアーチファクト
d クロストークアーチファクト
e トランケーションアーチファクト

解答:a

  • リングアーチファクトはCTのアーチファクト。

CTのアーチファクト

  • モーションアーチファクト
  • 金属アーチファクト
  • リングアーチファクト:装置の特性や故障に起因するアーチファクト
  • partial volume effectによるアーチファクト
  • X線の線質であるビームハードニングやファン角、コーン角に起因するアーチファクト
  • ヘリカルアーチファクト:ヘリカル軌道の補間再構成で生じる。

このほか、画像の形状から名前が付けられるものには、階段状アーチファクト、風車状アーチファクトがある。

 

68.
上腹部の解剖で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 腹側膵は背側膵より大きい。
b Santorini 管は Vater 乳頭に開口する。
c Winslow 孔は門脈の背側に位置する。
d 総胆管は膵頭部内の背側を走行する。
e 胆囊は肝左葉外側区と方形葉の境界に位置する。

解答:c,d

  • a. 背側膵が大きい。
  • b. Santorini管は副膵管に開管。

divism1

  • c.  Winslow孔は、肝尾状葉直下で、門脈と下大静脈の間にある。
  • d. 総胆管は膵頭部内の背側を走行する。左側にはuncusあり。
CBD
  • e. 胆嚢は方形葉と右葉の間に位置する。方形葉はS4(内側上下区域)のこと。
GB1GB2

69.
副腎腺腫と肺癌副腎転移の鑑別のための検査情報として有用性が低いのはどれか。1つ選べ。
a FDG-PET の SUV
b 単純 CT での CT 値
c 造影ダイナミック CT の washout ratio
d MRI の拡散強調像の ADC 値
e MRI の in-phase 像と out-of-phase 像の信号差

解答: d

参考記事)副腎腺腫の画像診断

70.
造影検査と造影剤の組み合わせで適切でないのはどれか。1つ選べ。
a 注腸造影 ―――――― 硫酸バリウム
b 嚥下造影 ―――――― 経口用水溶性ヨード系造影剤
c 脊髄腔造影 ――――― 等浸透圧非イオン性ヨード造影剤
d 子宮卵管造影 ―――― 油性ヨード造影剤
e CT コロノグラフィ ―― 二酸化炭素

解答: b

  • 嚥下造影には、通常は,消化管造影検査用の硫酸バリウムを用いる。
  • 経口用水溶性ヨード系造影剤はガストログラフィンのこと。
  • 消化管穿孔が疑われる場合、硫酸バリウムは禁忌で、ガストログラフィンを用いる必要がある。
  • しかし、誤嚥の可能性がある場合は、ガストログラフィンは浸透圧が高く、肺水腫の危険があり、使わない。

 

核医学(71-85)

71.
次の放射性同位元素の中でβ線を放出するのはどれか。2つ選べ。
a 67Ga
b 90Y
c 99mTc
d 111In
e 131I

解答: b,e

内照射療法で覚えるべきは3種類
  • β線核出核種を用いて、標的組織を破壊する治療法。
  1. 甲状腺癌 131I
  2. 有痛性骨転移(除痛療法) 89SrCl2153mSm
  3. 悪性リンパ腫 90Y-Zevalin131I-Bexxar
  • 褐色細胞腫 131I-MIBG

 

72.
放射線管理区域内で禁止されていないのはどれか。1つ選べ。
a 排尿
b 化粧
c 喫煙
d 昼食摂取
e 缶コーヒー摂取

解答: a

 

73.
ガンマカメラの構成要素のうち,検査に応じて交換するのはどれか。1つ選べ。
a コリメータ
b 波高分析器
c シンチレータ
d 位置計算回路
e 光電子増倍管

解答: a
  • 目的に応じて交換する。
coli1coli2

74.
脳血流 SPECT について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 脳出血では病変部が高集積となる。
b 脳腫瘍周囲の浮腫領域では血流が低下する。
c 変性性認知症では脳萎縮と脳血流低下が一致する。
d 部分てんかんの非発作時には焦点の血流が増加する。
e 広範囲の大脳半球梗塞では同側小脳半球の血流が低下する。

解答: b

  • 脳血流SPECTは、脳腫瘍自体の血流より周辺部の血流変化を見る目的で行うことが多い。腫瘍自体にはRIは集積せず、欠損像として描出され、腫瘍周辺部の浮腫は血流低下像として描出される。
  • d:てんかん非発作時には、血流減少する。
  • e:反対側の小脳半球の血流が低下する。

remote effect

脳血流が増加

  • 脳梗塞亜急性期(贅沢)
  • 脳塞栓の再開通時
  • 発作中のてんかん(発作後もしばらくは高集積が遅延することがある。)
  • 脳炎

脳血流が減少

  • 脳梗塞(ただし亜急性期以外)
  • 脳出血
  • 左(右)被殻出血時の右(左)小脳
  • 発作間欠時のてんかん

 

75.
後頭葉の血流低下がみられるのはどれか。2つ選べ。
a Alzheimer 病
b Parkinson 病
c 進行性核上性麻痺
d 皮質基底核変性症
e Lewy 小体型認知症

解答: a,e

アルツハイマー病とDLBの血流低下部位は類似しているが、DLBではアルツハイマー病の血流低下部位に加えて、後頭葉の血流低下が特徴的(わかりやすい核医学P45)。

とあるが、選択肢的には、a,eか。中心溝周囲、後頭葉、基底核、小脳、橋の血流は相対的に保たれる。(わかりやすい核医学P45)

ラム先生ありがとうございます!!!

変性疾患による脳血流低下部位

  • Alzheimer 病―後部帯状回・楔前部の血流低下、さらには頭頂葉、側頭葉連合野の血流低下が認められる。進行すると内側側頭葉や前頭葉連合野にも血流低下が及ぶ。中心溝周囲、後頭葉、基底核、小脳、橋の血流は相対的に保たれる。(わかりやすい核医学P45)
  • 進行性核上性麻痺―両側前頭葉の血流低下
  • びまん性 Lewy 小体病 ―後頭葉の血流低下
  • 大脳皮質基底核変性症―非対称性の前頭葉・側頭葉の血流低下

 

76.
1 回の投与で心筋の負荷時一過性虚血を診断するのはどれか。1つ選べ。
a 13NH3 アンモニア
b 82Rb 塩化ルビジウム
c 99mTc-MIBI
d 99mTc-tetrofosmin
e 201Tl 塩化タリウム

解答:e

  • 心筋血流シンチc,d,e。Tlのみ1回注射。

 

77.
腎動態シンチグラフィによる分腎機能測定に通常用いられるのはどれか。2つ選べ。
a 体重
b 動態像の排泄相
c 腎臓の深さの実測値
d 動脈血中放射能濃度
e 投与前後のシリンジの画像

解答: a,e

 

78.
正常者で投与後に胆囊が描出されることが多いのはどれか。2つ選べ。
a 99mTcO4-
b 99mTc-MIBI
c 99mTc-PMT
d 99mTc-HSA-D
e 99mTc-スズコロイド

解答:  b,c
  • a. ×
  • b. ○ 肝から排泄されて胆嚢に貯留し、その後,消化管に排泄される。胆嚢に高集積が残存する場合は左室下壁との分離が困難になる。
  • c. ○ 肝胆道シンチなので。
  • d. × Tc-HSA-Dは心プールシンチ。
  • e.健常者では,静注された本剤の約85%が肝に集積して,残りは主として脾と骨髄に分布する。

 

79.
副甲状腺シンチグラフィについて正しいのはどれか。1つ選べ。
a 99mTc-HSA-D を用いる。
b 標準的な投与量は約 37 MBq である。
c 副甲状腺腺腫では洗い出しが遅延する。
d 副甲状腺機能亢進症の有無の診断に用いる。
e 放射性医薬品静注 6 時間後と 24 時間後に撮像する。

解答: c

  • a. × 99mTc-MIBIを用いる。
  • d.× 腺腫の描出に用いる。
  • e. ×静注後、20分後と、2-4時間後に撮影。
症例 50代男性 副甲状腺機能亢進症

parathyroid1

MIBIシンチ

parathyroid2

 

 

80.
副腎皮質シンチグラフィで最も明瞭な高集積がみられるのはどれか。1つ選べ。
a 副腎癌
b 褐色細胞腫
c 肺癌の副腎転移
d 副腎腺腫によるクッシング症候群
e 副腎過形成による原発性アルドステロン症

解答: d

▶︎皮質シンチはコルチゾールとACTHのフィードバック機構を反映。

  • 腫瘍側のみに集積、反対側が描出なし。→コルチゾールを自律的に過剰分泌している腺腫もしくは、非過剰分泌性の腺腫。
  • 腫瘍側が反対側より濃く描出→アルドステロンやアンドロゲンなどコルチゾール以外のホルモンを過剰分泌している腺腫もしくは、非機能性腺腫。
  • 腫瘍側が欠損あるいは集積低下し、反対側が描出→転移もしくは副腎原発のコルチゾール以外のステロイドホルモン過剰分泌癌、非機能亢進皮質癌、髄質腫瘍。

 

81.
骨シンチグラフィの検査方法について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 撮像前に排尿する。
b 検査前は絶飲食とする。
c SPECT を追加すると放射線被ばくが増加する。
d 放射性医薬品を投与して約 30分後に撮像する。
e 使用する放射性核種の半減期は約3時間である。

解答: a
  • 「できるだけ水分をたくさん取ってください。お茶でも水でもコーヒーでも結構です。撮影前におしっこしてください。検査うちのところだけやったら、食べてもいいですよ。」
  • d:3-4時間後に撮影。9時に注射して、1時頃撮影する。
  • e:6時間。

 

82.
骨シンチグラフィで偽陰性になることが多いのはどれか。1つ選べ。
a 骨肉腫
b 類骨骨腫
c 多発性骨髄腫
d 乳癌の骨転移
e 前立腺癌の骨転移

解答: c

  • 骨シンチが強いのは造骨性。偽陰性になりやすいのは溶骨性の転移性骨腫瘍。
  • 異常高集積を示しにくい原発巣=溶骨性転移=多発性骨髄腫、腎癌、甲状腺癌、肝癌。(た・じ・(ま)・ようこ(溶骨)こ・か)

参考)放射線科専門医過去問頻出問題 核医学【総論+α】

 

 

83.
FDG-PET について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 保険適用は腫瘍診断に限られる。
b SUV 値には画像再構成条件が影響する。
c 18F-FDG の有効半減期は約 6 時間である。
d 18F-FDG は脱リン酸化されて細胞内に蓄積する。
e インスリン投与による低血糖状態では腫瘍集積が増加する。

解答:  b

  • a. × 悪性リンパ腫では再発にも用いられる。あとは、心サルコイドーシス。心筋バイアビリティ。
  • c. × 110分。
  • d. × 脱リン酸化されると抜ける。なので脱リン酸化酵素を持つ高分化型肝細胞癌や腎癌では集積しにくい。
  • e. × 食後など高インスリン状態では筋肉などの生理的集積が亢進する。腫瘍は見えにくくなる。

 

84.
骨転移の疼痛緩和に用いられる放射性核種はどれか。1つ選べ。
a 89Sr
b 90Y
c 99mTc
d 111In
e 131I

解答: a

  • 過去問通り。

 

85.
核医学検査と負荷に用いる薬剤との組合せで誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 脳血流 SPECT ――――――――― アセタゾラミド
b 心筋血流 SPECT ―――――――― カプトプリル
c 腎動態シンチグラフィ ――――― フロセミド
d 唾液腺シンチグラフィ ――――― ビタミン C
e 副腎皮質シンチグラフィ ―――― デキサメサゾン

解答: b

  • カプトプリルは腎動態シンチで用いられる。過去問通り。

 

治療(85-100)

86.
HPV(Human Papillomavirus)がその発症と関連する腫瘍はどれか。2つ選べ。
a 上咽頭癌
b 中咽頭癌
c 肝細胞癌
d 子宮頸癌
e Burkitt リンパ腫

解答: b,d

  • 過去問通り。
  • 上咽頭癌と、Burkittリンパ腫はEBウイルス。

 

87.
放射線治療の施行において直列臓器として考えるのはどれか。2つ選べ。
a 肺
b 肝臓
c 小腸
d 腎臓
e 脊髄

解答: c,e
  • 直列臓器 serial organ:わずかな範囲でも耐用線量を超えると障害が発生。脊髄、消化管、気管、冠動脈など。
  • 並列臓器 parallel organ:小さな範囲なら大きな線量が照射されても安全。末梢肺、肝、腎(肝門、腎門以外)、唾液腺など。

 

88.
過分割照射法が適応となるのはどれか。1つ選べ。
a 膠芽腫
b 上咽頭癌
c 前立腺癌
d 小細胞肺癌
e 胃悪性リンパ腫

解答: d

参考)放射線科専門医過去問頻出問題 治療【肺癌】

 

 

89.
定位放射線照射の適応に最もなりにくいのはどれか。1つ選べ。
a 膠芽腫
b 肝細胞癌
c 転移性肺癌
d 転移性脳腫瘍
e 非小細胞肺癌

解答:a

  • 膠芽腫は、手術後、chemo+RT(60Gy/30回まで) 6-10MV。RTは、三次元的照射技術を用いた通常分割照射。

 

90.
臨床病期 III 期の放射線治療成績が最も不良なのはどれか。1つ選べ。
a 膵癌
b 下咽頭癌
c 子宮頸癌
d 小細胞肺癌
e 非小細胞肺癌

解答:a

 

91.
放射線単独で根治的治療を行う場合に総線量が最も少ないのはどれか。1つ選べ。
a 喉頭癌
b 肺腺癌
c 前立腺癌
d 子宮頸癌
e 松果体胚細胞腫

解答: e

  • a. 67Gy
  • b. 48Gy
  • c. 76Gy
  • d. 60Gy
  • e. 40Gy

参考)放射線科専門医過去問頻出問題 治療【脳腫瘍】

 

92.
疾患とその治療に用いる線源の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ。
a 舌 癌 ―――――― 89Sr
b 甲状腺癌 ―――― 123I
c 前立腺癌 ―――― 125I
d 骨転移 ――――― 137Cs
e 子宮頸癌 ―――― 192Ir

解答:c,e

  • 舌癌は、192Ir。
  • 甲状腺癌は、131I。
  • 骨転移は89Sr。

 

93.
広範な頸部リンパ節転移を有する上咽頭癌患者に白金製剤併用の化学放射線療法で治療した。半年後,洗顔時に背中から両腕へ電撃痛が出現した。最も考えられるのはどれか。1つ選べ。
a Kernig 徴候
b Horner 徴候
c Lhermitte 徴候
d Garcin 症候群
e Pancoast 症候群

解答: c

  • c:Lhermitte徴候とは頸を受動的に前屈させると放電様の疼痛が背中中央を上から下に走る事をいう。多発性硬化症や、頚髄腫瘍、頸椎結核、変形性脊椎症、くも膜炎、放射線脊髄症などでも観察される事がある。
  • d:片側性多発脳神経麻痺。小細胞癌。

 

94.
成人の星細胞腫(WHO Grade 2)の術後照射で一般に用いられるのはどれか。1つ選べ。
a 30Gy/10回/2週
b 40Gy/20回/4週
c 50Gy/25回/5週
d 60Gy/30回/6週
e 70Gy/35回/7週

解答: c

  • 低悪性星細胞腫の標準的線量は45-54Gy/25-30fr/5-6w。

 

95.
上咽頭癌 T3N1M0 で臨床標的体積(CTV)に含む必要がないのはどれか。1つ選べ。
a 斜台
b 前頭洞
c 翼口蓋窩
d 副神経リンパ節領域
e 鎖骨上窩リンパ節領域

解答: e→b

 

96.
食道癌に対する化学放射線療法で誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 心臓の晩期有害事象が問題となる。
b 食道ステント留置後は穿孔リスクが高い。
c I 期症例では手術と同等の治療成績が期待できる。
d 手術補助療法として術後に用いるのが標準である。
e 併用化学療法剤はシスプラチン,5 FU の組み合わせが標準である。

解答:d

  • d:確立していない。

 

97.
小細胞肺癌の予防的全脳照射として推奨されるのはどれか。1つ選べ。
a 20Gy/5回/1週
b 25Gy/10回/2週
c 30Gy/10回/2週
d 37.5Gy/15回/3週
e 40Gy/20回/4週

解答: b

 

98.
乳癌 cT1cN0M0 で乳房温存術を施行したところ,腋窩リンパ節転移を 4 個認めた。術後照射における臨床標的体積(CTV)として適切なのはどれか。1つ選べ。
a 乳房のみ
b 乳房,同側腋窩リンパ節
c 乳房,同側胸骨傍リンパ節
d 乳房,同側鎖骨上窩リンパ節
e 乳房,同側鎖骨上窩リンパ節,同側腋窩リンパ節

解答: d

2012年の過去問通り。

 

99.
子宮頸癌 IIB 期(FIGO)の放射線治療で適切でないのはどれか。1つ選べ。
a 腔内照射を併用する。
b 晩期有害事象として膀胱出血がある。
c 広汎子宮全摘術後に術後照射を行う。
d 放射線治療前に導入化学療法を行う。
e 化学放射線療法と手術の治療成績はほぼ同等である。

解答:d

  • d:同時に行なう。

 

100.
前立腺癌T2N0M0に対する放射線治療として適切でないのはどれか。1つ選べ。
a 三次元原体照射
b 強度変調放射線治療
c 高線量率組織内照射
d 体幹部定位放射線照射
e 密封小線源永久挿入療法

解答:d→なし

 

2013年放射線科専門医試験No100の解答ですが、2016年より前立腺癌に対する定位照射も保険適応になっております。正解はなしとなると思います。

やまだたろう先生ありがとうございます!!!